Interview

祝、結成20周年! “孤高のバンド”POLYSICSが提示してきた「イビツな音楽」の楽しみ方

祝、結成20周年! “孤高のバンド”POLYSICSが提示してきた「イビツな音楽」の楽しみ方

今年でポリシックスは結成20周年。食パンを投げていたインディーズ時代から知る者としては、彼らの活動が20年もの歳月を重ねたことはとても感慨深い。とびきり面白く刺激的な音楽をやっていたが、長続きはしないだろうと思われていた結成初期。しかし彼らは着実に前進を続け、その本質を1ミリも変えることなく、今や高い演奏技術と音楽性をもつ日本でも屈指のロック・バンドに成長した。そんな彼らの現在形を提示したのが結成20周年記念アルバム『Replay!』である。彼らのライヴの定番曲を現在のメンバーでリテイクした11曲と、新曲1曲。ポリのバンド力の高さと勢いをまざまざと知らしめる圧巻の内容である。新境地を開拓した新曲も聴き応え十分だ。これさえ聴けばポリがわかる!

取材・文 / 小野島 大 撮影 / 板橋淳一


3回見たら飽きると言われて20年。常に目の前しか見てなかった。

結成20周年おめでとうございます!

ハヤシフミヤノ ありがトイス!

20年も続けられると思ってました?

ハヤシ 思ってませんでした……思ってるわけないじゃん!(笑)。

フミ ははははは!

ハヤシ ねえ。昔は3回見たら飽きると言われ、色モノと言われ……長く続かないものと皆思ってました(苦笑)。

そう言われつつ20年はすごい。

ハヤシ ねえ。この偏った音楽性で。メンバー・チェンジもあったし、そのつど音も変わってくるでしょ。出したい音も、出せる音も。新しいポリシックスを試行錯誤して、レコーディングして、ツアーして、という繰り返しで、常に目の前しか見てなかったから。20年続けよう、続けられるかも、なんて考える余裕はなかったですね。先行きの具体的な方向性みたいなものも……考えたいと思いながら、結局考えられない。そのつど頑張るけど、その先まで考えてやってないですねえ。バンドの活動の仕方とか、自分が将来どうなってたいとか……ポリシックスが続けられれば、ぐらいしか考えてないですねえ。

ポリシックスじゃなくても各々音楽は続けられるだろうけど、でもポリシックスとして続けたい。

ハヤシ そうですね。

ポリシックスでしかできないことって何ですか。

ハヤシ うーん……いきなりすごい質問きたな(笑)。

フミ あはははは! インタビュー開始5分で!

ハヤシ これは答えになるかどうかわからないけど……このバンドでしか出せないバランスがあって、それは全然整ってるバランスじゃなくて、めちゃくちゃイビツなバランスなんですけど、それがたくさんの人を楽しませると思うんですよ。新しい音楽の聴き方、楽しみ方みたいなものを提示したい。よりたくさんの人の音楽の感性の軸みたいなものをずらしたい、と思ってるんです。ポリシックスらしいイビツな音楽性で、聴く人の感性、センスを変えていきたい。そういう人たちをどんどん増やしたい。それはポリシックスにしかできないことだと思いますね。

リテイク・ベスト『Replay!』の新境地、アフロ・ビートを取り入れた新曲「Tune Up!」

ハヤシ

フミ

ヤノ

そんなポリの最新の姿を捉えたのが『Replay!』です。これはリメイク・ベストと考えていいんですか。

フミ リメイクというよりリテイクだね。

ハヤシ 3人態勢になってアレンジが変わったライヴの定番曲を1枚に収めたという。ポリシックスもアルバムの数が多いし、フェスとかで見て気になった子が、どれから聴けばいいんだろうって迷った時に、これを聴けば大丈夫だよ、バッチリライヴで盛り上がれるよ、という初心者向けのアルバムでもある。

フミ ライヴでやってるものをそのままスタジオでやったということですね。あとはスタジオ盤でヤノが叩いていないものを、ヤノのドラムでやってみたという。

ハヤシ なのでレコーディングも一切の苦労なく、3日でほぼ録り終えました。

ヤノ 全曲1〜2テイクで終わりました。

唯一の新曲が「Tune Up!」という曲です。

ハヤシ これは前作のツアー終わり頃に作った曲です。今回新曲を一曲は入れたいと思って、自分たちがやったことのない部分をトライしたいというのがあって。で、試行錯誤しながらいろんなタイプの曲を作っていくうちに、アフロ・ビートをここまで大きく取り入れた曲ってやったことないと気づいたんです。

なぜアフロ・ビート?

ハヤシ 今ってわりとダンス・ロックみたいなのがロックの主流になりつつあるじゃないですか。でも自分たちがダンス・ロックを作るなら、ちょっと違うアプローチで攻めたい。自分たちも今までブラック・ミュージックの横ノリな部分をそこまで打ち出したことはなくて。やっぱりディーヴォな人だから(笑)。そこでちょっと興味が湧いたんですよね。トーキング・ヘッズは好きだったけど、<トーキング・ヘッズが影響を受けたもの>をちゃんと聴いてないと思って。そこでいろいろ聴きましたね。フェラ・クティ(ナイジェリア出身のアフロ・ビートの創始者)とか。

おおお〜〜ハヤシ君がついにフェラ・クティを!

ハヤシ そうそう(笑)。詳しい人にいろいろ聴いてね。アイアート・モレイラ(ブラジル出身のパーカッション奏者)とか。

フミ ええ〜〜〜!

ハヤシ それを取り入れたロックとかね。ローリング・ストーンズの「悪魔を憐れむ歌」とかさ。ストーンズ聴いたことなかったけど(笑)。あとシカゴ(アメリカのブラス・ロック・バンド)とか。

フミ へえ〜〜〜!!

ハヤシ 「I’m A Man」とかね。そういうのをいろいろ聴いてて、ポリのロックとこういうビートを融合させるのも面白いかも、と思って。もともとああいうドンドコドンドコいってるエモーショナルなリズムって血が騒ぐものがあってさ。それを自分のすきなテクノ・ポップやニュー・ウエイヴと合わせて、新しいものが作れないかなと思ったんだよね。それでベース・ラインができて、あのビートが出来た時、これはいいかも!と思って。ポリってめちゃテンポの速い曲が多いんだけど、そうじゃない部分でホットなものを作りたいと思ったんですよね。

フミちゃんにとっては、やりがいがあるんじゃないですか。ベースが大活躍する曲だし。

フミ うん、楽しいですよこれ。フレーズも珍しく全部ハヤシが考えたんですけど。

ハヤシ 結構これは決め込んだね。

フミ うん。弾いてて楽しい。

かっこいいですよね。これまでのポリにはない感じの曲調、リズムで、フミちゃんのベースがぐいぐい引っ張っていくグルーヴがすごく新鮮でかっこいい。ポリシックスのバンドとしての身体能力の高さがよく出ていると思います。

フミ おー嬉しい。

ハヤシ ありがトイス!

この路線でアルバム1枚作ってもいいんじゃないですか。

ハヤシ ね! そうそう。それはオレもちょっと興味ある。面白そうだよね。オレは早いテンポのタテ乗りに慣れてるから、こういうビートでグルーヴ感を出すのは楽しいし新鮮。自分の弱い部分がわかって練習したりね。

「Let’s ダバダバ」の価値観をメンバー、観客と共有できる至福

2曲目以降はポリ得意の王道パターンが続きます。

ハヤシ これはもう勢いに任せて2〜3テイクで。ソロも一発勝負。かぶせとかするとライヴ感がなくなるから。ほとんどスタジオ・ライヴみたいなものですね。エフェクターの切り替えもその場で、足でやってるし(笑)。20年やってきて、バンド感がばっちり出るもんだなと思いましたね。『1st P』の頃から比べるとね(笑)。

どんどんバンド・サウンドが強靭になってるんだけど、デビュー当時から基本的な方向性は変わってなくて、着実にビルドアップしてるというのがよくわかります。

フミ でもそういう目ではあまり見られなそうな気はする。ビルドアップしてるとかバンド感とかじゃなく、「相変わらずハヤシはバカなことやってるな」的な、勢いだけでやってるような、そこだけで語られるような、そんなイメージがある。それが不本意かというと、そんなこともないんだけど。

エキセントリックなアイディアだけのバンドだったら絶対20年も続かない。足腰鍛えてないと、あんなにライヴ一杯できないし。それがよく表れてるCDだと思います。

ハヤシ うんうん、そうだよね。

「Let’s ダバダバ」のライヴテイクとか最高ですね(笑)。客の歌、というか絶叫が入ってる。

ハヤシ これオレが客席をクラウドサーフしてる時にマイク向けて録ったんですよ。男ばっかの声で(笑)。

しかも「Let’s ダバダバ」ってどういう意味だよっていう(笑)。

フミ そうそう。「ダバダバ」って何?って突っ込みが入ったら、シュッと帰るしかない(笑)。

大げさにいうと、そういう価値観を確立したのがポリの20年間と言えなくもない。

ハヤシ あ〜〜それはありかもなあ。そういう価値観をメンバースタッフで共有できてる。「ダバダバって意味わかんないよ」って言われたらどうしようもないけど「ダバダバいいじゃん、やってみようよ」ってノってくれて。

それをお客さんも何の疑問も持たず共有してくれる。幸せですね。

ハヤシ そうですね〜。そうだよ。特にこれ、3人態勢になって初めてできた曲なのが大きかったかも。お客さんをたくさん呼んで公開レコーディングしたり、スタッフで関わってくれた人にポリの衣装着てもらってジャケに登場してもらったり、ポリが新体制になっていろんな人と共同でモノが作れたのは、すごく大きかったと思いますね。孤高の存在だったけど、いろんな人とやれてるんだなって改めて確認できたし。

このままだと色モノで終わっちゃうという危機感。音楽自体が飛び道具じゃなきゃいけないと気がついた。

孤高の存在って自覚があるんですか?

ハヤシ ありますよ〜。もともとディーヴォとかP-モデルの初期が好きでバンド結成して、ライヴハウスに行けばそういうバンドが一杯いると思ってたんですよ(笑)。そうしたら誰もいなかったっていう。え、自分のやってることってこんなにマイナーだったの?って、その時思ったんです。ブッキングの人に「懐かしくて目からウロコが落ちる感じ」とか言われて、オレがやってることってそんなに懐かしいことだったのかって(笑)。

でもそれはほかのバンドにはないポリだけの個性ってことですよね。

ハヤシ いや〜〜その時はそう思えなくて、(仲間が)いないんだって失望感が大きくて。その後似たようなバンドが集まってはきたんだけど、それだけだったという(笑)。

寂しかった?

ハヤシ 当時はありましたよ! 対バン組めるようなバンドもいなかったしね。でもそれを面白がってくれたUKプロジェクト(現所属事務所)の人がいたのが大きかったと思います。ポリをミッシェルやスカパラやギターウルフやギョガンレンズみたいなかっこいいロックンロール・バンドと共演させてくれて。ポリのニュー・ウエイヴ、テクノ・ポップ的だけじゃないところに面白さを見いだしてくれて、いろんなブッキングしてくれた。

本人も自覚していなかったポリの良さを見いだしてくれたということですか。

ハヤシ もともとテクノ好き、ニュー・ウエイヴ好きだけが楽しめるようなバンドにするのはイヤだなと思ってたんです。ギター・ロックとかパンクが好きな子が面白がってくれればいいと思ってたんです。

そこに着目して面白がってくれる理解者がいたと。

ハヤシ そう思います。

じゃあそうやっていろんなバンドと対バンすることで、孤独感みたいなものは癒やされていったんですか。

ハヤシ いや、そうなるとまた違うんだよなあ

フミ 逆に孤独であることを実感するっていう(笑)。

ハヤシ オレらみたいなのはいないなあと。でも同志がいない孤独感みたいなものより、そういう対バンで自分たちのバンド体力のなさみたいなものに気づかされたのは大きかったかな。このままじゃヤバいぞオレら、みたいな(笑)。それまでは「今日は何をしてライヴハウスで遊ぼうか」というバンドだったから。ピコピコハンマーで客席突っ込んだら面白いぞ、とかパン投げたらウケるぞ、みたいな(笑)。それで……未だに覚えてるんだけど、新宿リキッドルームのライヴで対バンがシーガル(・スクリーミング・キス・ハー・キス・ハー)で、(日暮)愛葉ちゃんに「ポリシックス面白いよね!でも3回見たら飽きるよね!」って思いっきしステージで言われたのがすげえショックだった(笑)。 

フミ (笑)。覚えてる覚えてる。

ハヤシ ちょうどCD(『1st P』)を出した頃だったんで、焦りましたね。このままじゃダメだ!って(笑)。

それでどうしようと思ったの?

ハヤシ 楽しませたい、という気持ちは変わらずあるんですけど、音がまったく伝わってなかったのかなと。自分が思ってる以上に食パン(を投げるパフォーマンス)のインパクトが大きかったんだなと。このままだとほんと色モノで終わっちゃうと初めて気づいたんですよ。バンドとしての飛び道具はパンじゃなく、バンド自体、音楽自体が飛び道具じゃなきゃいけない、と。だからもっと音楽を、演奏を頑張らなきゃな、と思ったんですよ。

じゃあ日暮愛葉さんに感謝ですね。彼女がはっきり言ってくれたおかげで。

フミ ねえ!

ハヤシ 感謝だよねえ(笑)。彼女の一言がなかったら、もう(ポリは)終わってたかもしれない。

フミ CD1枚2枚出して終了してたかも。やっぱり3回で飽きたね、って(笑)。

じゃあ今日の結論は、日暮愛葉さんありがとう、ってことで。

ハヤシ ありがとう愛葉ちゃん! 今度お酒おごります(笑)。

これを出したことで次は見えてきましたか。

ハヤシ いい意味でポリシックスって、一個形ができると、それを崩していく、その繰り返しなんですよ。それは必然なのかなと。解体して再構築して、また新しいポリシックスを見せ続けてきたし、その都度やりたいことが生まれてて、それを形にして、でもそれに満足せず、またゼロにして、と繰り返してきたから。だから「ポリシックスはこうだ」って決めつけちゃわないで、臨機応変に形を変えて、ルーティン化しないようなバンドであり続けたい。いい意味でお客さんを裏切っていきたいですね。

「Tune Up!」という1曲が作れたことで、次はより面白いことができそうな予感がします。

ハヤシ そうですね。いろいろやりたいことがあるんで、次も頑張ります!

POLYSICS 『Tune Up!』

ライブ情報

20周年 OR DIE!!! All Time POLYSICS!!!
2017年3月4日(土)  豊洲PIT
開場16:00 / 開演 17:00
※20thメモリアルグッズ付

POLYSICS

1997年、アメリカのバンド“DEVO”に憧れたハヤシが高校生の時に結成。バンド名の由来は、KORGのシンセ“POLYSIX”から。全員揃いのツナギにバイザーという奇抜な恰好と特異なパフォーマンス、爆音ギターとシンセとコンピューターミュージックを融合させた唯一無二のサウンドで一躍注目を浴びる。1999年にアルバム『1st P』でインディーデビュー。2000年にはマキシ・シングル『XTC』でメジャーデビュー。2003年にはアメリカで『NEU』をリリースし、海外ライヴのトータル本数は250本以上に及ぶ。国内外合わせて年間100本以上のライヴを行い、2010年3月、日本武道館にて初ライヴを開催。このライブをもってカヨが卒業。2010年8月以降は、ハヤシ・フミ・ヤノの3人体制のPOLYSICSとして活動を続けている。2015年には、「ウルトラチャレンジ OR DIE!!! ~燃えろ!クアトロ地獄!2日で100曲カブリ無し!!!~」を決行。2017年は結成20周年を迎える。

オフィシャルサイトhttp://www.polysics.com/

POLYSICSの楽曲はこちら