Interview

ニッポンの洋楽の立役者たち 音楽評論家・湯川れい子インタビュー①

ニッポンの洋楽の立役者たち 音楽評論家・湯川れい子インタビュー①

伝説となった1966年のビートルズ来日で本格的に始まったとも言われる“洋楽”シーン。洋楽黄金期と言われる70〜90年代を紐解く中で見えてきた特異なジャンル。世代共有の回想、そして後世に伝えるための特集、“洋楽” in ニッポン。

ポピュラー音楽の評論家としては日本の草分けである湯川れい子さんの作詞家デビュー作「涙の太陽」は最初、英語詞で書かれ、日本人を外国人シンガーに仕立てて洋楽扱いでリリースされた。後にそれが「日本のチームによる邦楽曲」とバレて話題をさらに呼んだ。その後もシャネルズの「ランナウェイ」やアン・ルイスの「六本木心中」など数々のヒット曲を放っているが、60年代から今に至るまで日本で求められる洋楽が生まれた背景や作詞家から見た日本の洋楽について、元アシスタントの和田靜香が話を聞いた。


洋楽、邦楽を問わず、また戦前、戦中、戦後を問わず、
日本でヒットした曲はまず歌詞だったと思うの

60年代、日本では湯川先生がニューヨークで取材したジョニー・ティロットソンが「涙くんさよなら」を歌ったり、ペギー・マーチが「愛して愛して愛しちゃったのよ」、コニー・フランシスが「大人になりたい」と、日本語曲をたくさん歌っていますね。当時、外国人ポップス・シンガーによる日本語曲はどう受け止められていて、また湯川先生ご自身、どう聴かれていたんでしょうか?

最初に結論から言えば、洋楽、邦楽を問わず、また戦前、戦中、戦後を問わず、日本でヒットした曲はまず歌詞だったと思うの。

例えば戦争が終わってすぐ、昭和21年に大ヒットした並木路子の歌で、佐藤ハチロー先生が作詞した「リンゴの唄」があるでしょう。あれもなんでヒットしたかというと「歌詞」だと思う。

並木路子の歌声の明るさも言われるけど、要はその時の生活感の中で共鳴できるかどうかが重要だった、と。

戦前もディック・ミネの「ダイナ」なんて曲が昭和9年にヒットしてる。これはハリー・アクストという人が作曲したミュージカルの曲で、たくさんのジャズ・シンガーがアメリカでも歌ってきて、ディック・ミネも後半は英語で歌ったりしていて西洋の匂いがプンプンするんだけど、それよりもやっぱりそこに日本語詞がちゃんとあって、その歌詞に共感できたのがヒットの理由じゃないかしら。

テイチクレコードの最初のヒット曲よね。私は「歌詞に共感できる」ということが、一番の流行歌の存在理由だと思ってる。それで戦後すぐの50年代から日劇ウエスタン・カーニバルが始まって、やがて60年代初頭に日本にも「著作権」という概念がアメリカから入ってきて、実際に契約上の問題が浮上してくるんだけど、みなさんよくご存知のように、漣健児さん(本名:草野昌一)が坂本九の「すてきなタイミング」とか飯田久彦の「ルイジアナ・ママ」、中尾ミエの「可愛いいベビー」など、アメリカのヒット曲を訳詞して大ヒットさせましたよね。日本語によるカヴァー・ポップスの黄金時代を築いた。

中尾ミエ
『可愛いいベビー』
’62年発表

草野さんは戦前から楽譜を扱っていた新興音楽出版社の息子さんで、日本でヒットしそうなアメリカの曲を見付けると、それに勝手に日本語詞を書いてたなんて話していらっしゃったけど、だんだん時代が変わって、草野さんご自身アメリカに呼び出されるようにして何度も行かれ、著作権のことを学んで来る。それで’65年にはマイク眞木の「バラが咲いた」を自らの会社で原盤権を持って作り、大ヒットさせた。

その前、’61年には渡辺音楽出版が「スーダラ節」の原盤権を持って発表し、大ヒットさせているんだけど、これが日本で最初にレコード会社じゃなく、プロダクション(音楽出版社)が原盤権を持って作ったレコードだったんですね。

そうだったんですね。

同時に東京オリンピックがあり、ドルが自由化され、私たち普通の人も外国に渡航できるようになって、その辺りから外貨も使えるようになった。外国から人をたくさん招けるようになったし、外国映画が次々ヒットしてその音楽もポピュラーになる……。

その頃からコニー・フランシスやジョニー・ティロットソンなどが日本に来るようになるのよ。普通に外国人タレントが日本でコンサートをやるようになって、今度は弘田三枝子とかに外国のヒット曲を日本語で歌わせるんじゃなくて、外国人タレントに日本語で歌わせようと考え始めたわけ。だってその方が日本側に入る著作権収入はずっと大きいでしょう?

この辺りからそういうビジネスがどんどん育ってくるの。ジョニー・ティロットソンの「涙くんさよなら」は、ニッポン放送のディレクターだった高崎一郎さんが仕掛けて、レコード会社というより音楽出版社主導よね。

時代は「これからは不動産業じゃなくて出版権ビジネスだよ」とささやかれたものでしたね。

湯川先生がエミー・ジャクソンに英語で「涙の太陽」を書いたのもその頃ですね?

そう、’65年。当時、作詞家や作曲家はみんなレコード会社の専属制で、みんな演歌、歌謡曲の世界だった。

エミー・ジャクソンとスマッシュメン
『涙の太陽』
’65年発表

そんな時、ジャズ・シンガーの沢村美司子さんのお兄さんで、アメリカのカレッジで学んだ中島安敏さんという人が府中の米軍払下げの家に住んでいてね。当時私がDJをしていたラジオ関東の『ゴールデン・ヒット・パレード』のプロデューサーだった大谷亘さんから「今度の日曜日に中島さんの家に来てくれ」と言われて行ったの。

そこでいきなり「中島さんが書いたこの曲に英語で詞を書いてくれないかな?」と頼まれて、その場ですぐに書いたのよ。時間もないから苦し紛れに外国人の女の子の名前をデーッと並べて。

書き上げるとお礼は2千円(笑)。『ゴールデン・ヒット・パレード』で私のアシスタントDJをしていた深津エミが「歌がうまいから、彼女に歌わせよう」と大谷さんが仕掛けたの。

そんなだからレコード会社の専属作家に書かせられないし、第一それじゃ面白くないからって、大谷さんは私に頼んだんだって。

しかもそのレコードはコロムビアのディレクターが日本コロムビアとしてではなく、青いレーベルのCBSコロムビアから洋楽扱いで出したの。もちろん日本の曲だから日本が原盤で。これは70万枚を売り上げて、それを次に日本語で歌いたいから、とまた頼まれて、日本語詞も書いたの。

専属制を逆手に取ったんですね。

歌詞やポップス詞は、専属制の偉い作家には頼めませんよね。それで例えば当時キングレコードでは「音羽たかし」って人がたくさん訳詞や日本語詞を書いてたけど、実は何人ものディレクターがその名前で作っていたのよ。

インタヴュー・文/和田靜香

湯川れい子(ゆかわ・れいこ)

東京都生まれ。昭和35年にジャズ専門誌の『スウィング・ジャーナル』へ投稿して評論活動を始める。ラジオDJとしても活躍する一方で、作詞家としてアン・ルイス「六本木心中」などのヒット曲を送り出す。近年はボランティア活動にも力を入れ、積極的に社会貢献を行なっている。