Interview

“神”をコンセプトに、大森靖子が最新アルバムに描き込んだ“2017年ポップの定義”

“神”をコンセプトに、大森靖子が最新アルバムに描き込んだ“2017年ポップの定義”

大森靖子がメジャー3rdフルアルバム「kitixxxgaia」を完成させた。シングル「ピンクメトセラ」「勹″ッと<るSUMMER」「POSITIVE STRESS」「非国民ヒーロー」「オリオン座」に加え、インストバンドfox capture planをフィーチャーした「ドグマ・マグマ feat.fox capture plan」、女性ラップシンガーDAOKOを招いた「地球最後のふたり feat.DAOKO」など13曲を収録。「すべての人が自分の好きな人(モノ)たちを神と崇める現状を肯定しつつ、“個を尊重しながら共存する”ための音楽を提示する」というテーマを掲げた本作には、2017年におけるポップの定義がもっとも濃密に描き込まれていると思う。

取材・文 / 森朋之


前まではひとりのカリスマに傾倒する人が多かったと思うんですけど、いまはひとりの人が10個くらい神を持ってますからね

シングル「POSTIVE STRESS」のインタビューのときは「次のアルバムがどうなるか、まだわからない」って言っていて。アルバムのコンセプト、全体像が見えてきたのはいつ頃ですか?

(前作)「TOKYO BLACK HOLE」のツアーが終わってからですね。ライブをやることで曲の解釈が変わることもあるし、「この曲はこういう伝わり方をしてるんだな」ということもわかってきて。もともと私はライブアーティストというか、音源を出してない時期もけっこうあったから、ライブをやらないと次の作品に取り掛かれないんですよ。「いまの大森靖子はこういう感じ」というのを理解してから、それを破壊して、次の作品を構築するというか。そうやってバランスを取ろうとしているところもありますね。実際、ツアーが終わってからは、やりたいことがバーッと出て来たので。コンセプトはザックリ言うと“神”ですね。

神?

いまって、みんな簡単に「マジ神」とかって言うじゃないですか。それは最近の宗教観でもあるけど、“八百万の神”みたいに土着的に昔からある考え方でもあって。ちょっと前まではひとりのカリスマに傾倒する人が多かったと思うんですけど、いまはひとりの人が10個くらい神を持ってますからね。ディズニーランドの池に小銭を投げ込んだり(笑)。

確かに(笑)。神が何人いてもいいし、自分で選んでもいいっていう。

そうやって自分を作ってると思うんですよね。私もそうですけど、自分のDNAよりも、好きな音楽とか好きな人、好きな場所なんかで形成されているので。そういう状態が好きだし、それを肯定したいなって。そういうテーマのアルバムにしようって決めてから作ったのが「ドグマ・マグマ」なんです。自分のドグマ(教義)のマグマを余すことなく入れたかったし、「ドグマ」という映画も好きなので。あと、ここぞってときはAV関連の言葉を入れたいんですよね。「マジックミラー」もそうだし、「ミッドナイト清純異性交遊」もそうなんですけど、今回はAVメーカーの「ドグマ」ですね(笑)。

「いいな」と思う人を承認して回りたいというか。そっちのほうが強いですね

ツアーの前に制作されたシングルも、アルバムのコンセプトにしっかり沿ってますよね。

ストーリー性もありますからね。いままでは人の意見を聞きながら曲順を決めてたんですけど、今回はひとりだけで考えたんですよ。だから自然とコンセプトや歌詞の内容がつながったんじゃないかなって。まあ、そうしないと1枚のアルバムにはまとまらなかったんですけど(笑)。歌詞に寄せ過ぎるのも良くないという気持ちもあるんですけどね。もっと音楽寄りにしたいというか。

言葉の意味が前面に出るのは好きじゃない、と。

音楽を使って自分の意見を言ってるつもりはなくて、音楽自体になりたいんですよ。歌詞でビックリする感覚も好きなんだけど、歌っちゃえば歌詞も音じゃないですか。そこが重要だし、作っていて一番楽しいところなんですよね。発語して気持ちいい言葉も好きだし。“きゃりーぱみゅぱみゅ”とか。

自己顕示欲みたいなものが薄いのかもしれないですね。

そうですね。社会を良くしたいというのはあるけど、「私はこういう人間です」って言いたいわけではないから。承認欲求という言葉もよく聞けど、私にはよくわからないんですよ。それよりも「いいな」と思う人を承認して回りたいというか。そっちのほうが強いですね。

今回のアルバムにも小室哲哉さん、の子さんを筆頭にいろいろなジャンルのアーティストが参加していて。「ドグマ・マグマ」にはジャズとロックを融合させたインストバンド“fox capture plan”が参加。大森さんとジャズロックの組み合わせも斬新でした。

曲に合えば何でもやりたいと思ってるんですよね。fox capture planは「ロック・イン・ディズニー」というアルバムに収録されている「不思議の国のアリス」で一緒にやっていて。「女性のボーカルに歌ってほしい」ということで声をかけてもらったんですけど、けっこうシックリ来たんですよね。で、今回は自分のプロジェクトに参加してもらったという流れです。まず自分で「ここはヘビィメタル」「ここはクラシックのこういう感じで」と細かく決めて、それを説明して作ってもらって。

TwitterのDMを開放しているから、若い子たちからもいっぱいメッセ―ジが送られてくるんですよ

サウンドのイメージも明確なんですね。「地球最後のふたり feat.DAOKO」はどんなイメージから始まったんですか?

ロマンティックなのがいいかなって思って、「私とDAOKOちゃんだけが生身で、他の人は機械の体」という設定を思い付いて。その日、たまたま金曜ロードショーで「千と千尋の神隠し」をやってたから、その影響もあるかも(笑)。DAOKOちゃんとはずっと前から「やってみたいな」って思ってたんですよ。DAOKOちゃんも私の曲を聴いてくれてたみたいだし、女性としても大好きなので。最近のラッパーがどういう感じなのかわからないですけど(笑)、DAOKOちゃんはいいなって思います。声もかわいいし、息の使い方もすごく良くて。

「JI・MO・TOの顔かわいいトモダチ」は大森さんの実体験がもとになってるんですか?

これはそうですね。地元の友達と「こういうヤツいたよね」とか「顔がかわいいヤツって、平気でエグイこと言うけど、何も返せないよね」みたいなやり取りをしていて、これを歌詞にしちゃおうと思って。使えるものはぜんぶ使おうと思ってるんですよ。

そこにはまったく抵抗がない?

ぜんぜんないですね。歌にする目的で何かを観に行ったりするし、あるものはすべて使って歌にしたいので。自分のことだけではぜんぜん足りないから——ライブやって、CD出してっていうルーティンだから——知り合いの人を想定して「この人がこんなこと言ったらおもしろい」という感じで書くこともありますね。あと、TwitterのDMを開放しているから、若い子たちからもいっぱいメッセ―ジが送られてくるんですよ。「こんなことが辛いんだな」って思うこともあるし、「そういえば10代のときはこんな感じだったのかも」って思い出したり。

「コミュニケイション・バリア」の主人公も10代の女の子ですね。

17才くらいですね。確かにDMを開放してなかったら作ってなかったかも。この曲はもともと「コピバン祭」(大森靖子がボーカルを取る“コピーバンド”だけによるイベント)がきっかけなんですよ。ふぇのたすのヤマモトショウくん、相対性理論に在籍していたの西浦謙介くん、Shiggy Jr.の森夏彦くんと一緒に相対性理論のコピーをやったんですけど、そのときにショウくんが「せっかくだから新曲も作ろう」って言ってくれて。その曲を聴いたときに「どんなシャンプー使っても ああ あの娘になれない」という歌詞が浮かんで、そこから書くしかなくなって。「地球最後のふたり」もそうだったんですけどね。「ふたりの歴史 いざ縦スクロール すすめ」が出てきてので。

曲が古く聴こえてもいいから、ちゃんと残しておきたいんですよね、私は

実存するアイドルの“自己紹介”を並べた「アイドルソング」も印象的でした。

「アイドルが自分で考えた自己紹介をする」というカルチャーがもうすぐなくなりそうな気がするんですよ。私はアイドルの自己紹介がすごく好きだから、あのエネルギーを歌にしたいなって思って。あと、最近のアイドルのニュースって、悲しいことや辛いことが多いじゃないですか。私はそれが気に入らないんですよね。あれほどロマンティックでドラマティックで楽しいことをやってる人たちはいないから、そのパワーも曲にして伝えたかった。自分じゃなくてもいいんですけど、他にやる人もいないみたいなので…。いろんなやり方があると思うんだけど、私がやるとしたら曲にするしかないですからね。ちゃんと残しておかないと、時系列がわからなくなっちゃうと思うし。

好きなカルチャーを何かの形で残しておきたい、と。

そうですね。「勹″ッと<るSUMMER」もそういう気持ちで作ったんです。ガラケーに付けていたデッカいぬいぐるみとか、みんな持っていたコロンとか。あんなに大事にしてたのに忘れてるじゃないですか。命かけて(ガラケーで)ブログ書いてたこととか。そういうことを歌詞に書くと(時間が経ったときに)古びて聴こえるって言われるけど、思ってもみないものが古びていきますからね。90年代にはラブソングに電話のベルの数がよく出てきてけど——宇多田さんも浜崎さんも——いまの子は恋愛するときに電話なんか使わないですから。曲が古く聴こえてもいいから、ちゃんと残しておきたいんですよね、私は。

ひとつのモノを共有すればぶつからないし、それぞれがおもしろい形で存在したまま共存できるんじゃないかって

たくさんの人がかつて“神”として扱っていたモノも残しておきたいんでしょうね。大森さん自身もファンのみなさんにとっては“神”だと思いますが、そのことについてはどう捉えてますか?

ファンの人たちと一緒になって、下から「あ、大森靖子だ」って見ている感じですね。大森靖子という存在は歌、ブルースだと思っているんですけど、それを介して、いろんな人と“ひとり対ひとり”で対話しているというか。そのことを歌っているのが、アルバムの最後に入っている「アナログシンコペーション」なんです。1曲目の「ドグマ・マグマ」は「バラバラで存在しているのがおもしろいし、美しいよね」という歌なんですけど、「アナログシンコペーション」は「共存するためにはどうしたらいいだろう?」がテーマになっていて。私のことで言えば、ステージという基地で音を鳴らすということですよね。そうやってひとつのモノを共有すればぶつからないし、それぞれがおもしろい形で存在したまま共存できるんじゃないかって。

ホントに社会のことを考えてますよね。

そうですね(笑)。「こうすればもっと仲良く出来るのにな」とか「やっぱり多数決はダメだな」とか思うので。

6月から7月にかけて全国ツアー「2017 LIVE TOUR kitixxxgaia」が開催されます。このアルバムが提示しているものがどう受け止められるか、非常に楽しみです。

どうなるでしょうね? その前にちゃんとライブでやれるかどうか…。まあ、がんばるのはバンドのメンバーですけど(笑)。

制作中、ライブの再現性については考えない?

レコーディングしていて「これ、ライブでやれるのかな?」って、ふと思うことはありますよ。でも、「まあ、何とかなるか」って。ライブと録音されたものは別ですからね。前作くらいから、レコーディングで音を積み重ねたり、音源でしか出来ないボーカルのアプローチの楽しさもわかってきて。それも良かったなって思います。

大森靖子 2017 LIVE TOUR “kitixxxgaia”

6.02 (金) 仙台 Rensa
6.23 (金) 福岡 BEAT STATION
7.7 (金) 札幌 PENNY LANE24
7.13 (木) 大阪 BIG CAT
7.14 (金) 名古屋 CLUB QUATTRO
7.20 (木) 東京 ZEPP Diver City

大森靖子

新少女世代言葉の魔術師。超歌手。弾切れも気にせず畳み掛けるように言葉を撃ちまくるジェットコースターみたいな弾き語りや、ときにギターすら持たないアカペラによる夜のパレードのような空間制圧型ライブの評判が広がりメジャーデビュー直後2014年11月26日、道重さゆみさんモーニング娘。卒業、現在道重再生待ち。
斬新と不思議と諦念とワガママと創造と焦燥に生きるかわいい女の子とおっさんLOVEクソだけど頑張るクソです。
弾き語りを基本スタイルに活動する、新少女世代言葉の魔術師。’14夏はTokyo Idol Fes、フジロック、ロックインジャパンに出演、音楽の中ならどこへだって行ける通行切符を唯一持つ、無双モードのただのハロヲタ。あとブログ。
オフィシャルサイトhttp://oomoriseiko.info/

編集部のおすすめ