Report

良知真次と平野良がゴッホ兄弟演じるミュージカル『さよならソルシエ』が再演。ゲネプロよりキャストコメントが到着

良知真次と平野良がゴッホ兄弟演じるミュージカル『さよならソルシエ』が再演。ゲネプロよりキャストコメントが到着

2017年3月17日(金)よりシアター1010にて上演されるミュージカル「さよならソルシエ」再演に先立ち、前日の16日(木)に公開ゲネプロが行われた。
原作は「このマンガがすごい!」2014年オンナ編1位を獲得した穂積によるゴッホ兄弟の絆・確執・宿命を描く驚愕と感動の物語。舞台化に際してオリジナルキャラクターも登場し、屈指の歌唱力を持つキャスト達が集結した。舞台上で奏でられるピアノの生演奏とキャストらによるエネルギッシュな歌声が堪能できる本作、迫力のゲネプロとキャストコメントをお届けする。

【左から】上田堪大、輝馬、良知真次、平野良、反橋宗一郎、Kimeru

【左から】上田堪大、輝馬、良知真次、平野良、反橋宗一郎、Kimeru

キャストコメントが到着!

良知真次 / テオドルス・ファン・ゴッホ役

初演からちょうど一年越しで再演ができる機会はなかなかないことなので大変うれしく思っております。
また34歳の誕生日を迎えて最初の主演舞台なので、とにかく気合いを入れて、責任を持って挑んでいきたいです。教会でのゴッホ兄弟のシーンは、原作でも重点的に描かれていますし、音楽や照明も緊張感を帯びており、みどころです。ピアノのテンポやそれに対する役者の心情など、この作品は生だからこそ表現できる部分が多いので、ぜひ劇場で観ていただきたいです。

平野良 / フィンセント・ファン・ゴッホ役

昨年の初演からちょうど一年間が経過し、時間を置いたことで、セリフひとつひとつに深みが増し、改めて「こういう作品だったんだな」と気づかされる場面もありました。
原作の漫画では描かれていない部分、特に若手画家4人が明日に向かって歌う「モンマルトルの丘」は、とても明るい気分になれる本作の見どころですので、ぜひご注目ください。

反橋宗一郎 / アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック役

初演をただなぞるだけではなく、新たにミュージカル「さよならソルシエ」という作品を作っていくという気持ちで日々緊張しつつ、しかしとても楽しく稽古できました。僕たち新キャストが入ったことで新しい風を吹かせられるように頑張ります。音楽もお芝居も、観に来てくださったお客様全員が釘付けになる作品だと思いますので、ぜひ劇場へお越しください。

輝馬 / エミール・ベルナール役

この素敵な作品の魅力を、役者としても作品を大好きなファンとしても伝えていきたいですし、その自信があるので、ぜひご覧いただきたいと思います。本作はあまり聴く機会のないプロのピアノの生の音を聴くことができますし、繊細かつ大胆で、ち密に計算されていますので、ぜひ全ての曲を好きになってほしいです。
稽古場からずっと観ていて飽きないですし、どのシーンのどのキャラクターを観ていても「生きているんだな」と感じられる作品となっています。僕自身も大好きな作品を是非劇場まで見に来ていただきたいです。

上田堪大 / ポール・シニャック役

今回新メンバーとして入らせていただき、日々刺激を受けて楽しく稽古させていただきました。
カンパニー全員で作り上げてきたミュージカル「さよならソルシエ」の世界をお届けできるのがとても楽しみです。
兄弟の絆が素敵に描かれている今作ですが、その二人に僕達、若手画家が舞台上でどう絡んで、どういうふうに生きていくのか注目していただきたいです。

Kimeru / ポール・ゴーギャン役

初演も素敵なハーモニーだったのですが、今回新キャストが加わり、ハーモニーも変わり、そして舞台上で絵を描いているときの空気も変わって、今回の方が力強いイメージになっているので、そこを感じ取っていただければと思います。
絵画という芸術を音楽で表現しているところや、原作には登場していない若手画家三人がどうストーリーに絡むかは舞台ならではなので、今作の見どころだと思います。
ずっと再演してほしいと思っていたのが叶い、キャストみんなやる気十分で挑んでいます。今作は2.5次元ミュージカル作品ですが、予備知識がなくてもどなたでも楽しめる作品となっていますので、ぜひ劇場でご覧ください。

© 穂積/小学館フラワーコミックスα © ミュージカル「さよならソルシエ」プロジェクト

© 穂積/小学館フラワーコミックスα
© ミュージカル「さよならソルシエ」プロジェクト

© 穂積/小学館フラワーコミックスα © ミュージカル「さよならソルシエ」プロジェクト

© 穂積/小学館フラワーコミックスα
© ミュージカル「さよならソルシエ」プロジェクト

© 穂積/小学館フラワーコミックスα © ミュージカル「さよならソルシエ」プロジェクト

[credit]© 穂積/小学館フラワーコミックスα
© ミュージカル「さよならソルシエ」プロジェクト[/credit]

兄の絵を世に出す〝弟″ゴッホ
絵を描く宿命を背負った〝兄″ゴッホ
交錯する・・・・宿命

「このマンガがすごい!」201年オンナ編で堂々の1位を獲得した「さよならソルシエ」(作/穂積)。19世紀パリを舞台にしたこの魅力的な作品を、演出脚本・西田大輔が本格的ミュージカルとして舞台化。
その設定やストーリー展開、史実をもとにした「ノンフィクション」と「フィクション」とが同時に存在する混沌さに誰もが衝撃を受けた「さよならソルシエ」。魔法使い(ソルシエ)のように、その人が今求めている絵を見極めることができ、画壇界を席巻する天才画商のテオドルス・ファン・ゴッホに良知真次。現在では「炎の画家」として有名だが、生前は1枚しか絵が売れなかったという若かりし頃のフィンセント・ファン・ゴッホに平野良が挑む。
新たな芸術の風を送りこもうとするテオを目の敵とする、フランス学士院お抱えの美術評論家ボドリアールに窪寺昭。フランス学士院に属する芸術アカデミー派の権威ある画家ジャン・ジェロームに泉見洋平「炎の画家」と言われるようになったテオの策略に手を貸すことになる戯曲家に合田雅吏。アカデミー保守派に対立し、新たな芸術を巻き起こそうとする若手画家に反橋宗一郎、輝馬、上田堪大、Kimeru。また作曲家・かみむら周平の楽曲が「さよならソルシエ」の世界観に彩りを添える。今回は舞台上で奏でられる生ピアノの演奏にも期待できる。
初演は2016年3月に上演され、原作の再現性や実力派キャストらによる熱演で会場を感動の渦に包み込んだ。ゴッホ兄弟の絆・確執・宿命を描く驚愕と感動の物語、舞台化に際してオリジナルキャラクターも登場し、屈指の歌唱力を持つキャスト達が集結。舞台上で奏でられるピアノの生演奏とキャストらによるエネルギッシュな歌声で、「絵画」という芸術を「音楽」で楽しめる作品となっている。

ミュージカル『さよならソルシエ』再演

舞台は19世紀末のパリ。
兄と弟、二人のゴッホの確執と宿命、そして絆を描いた奇跡と感動の物語。
生前、1枚しか売れなかったゴッホが、なぜ現代では炎の画家として世界的に有名になったのか…。その陰には実の弟・テオの奇抜な策略と野望があった!

【原作】穂積「さよならソルシエ」(小学館「フラワーコミックス」)
【脚本・演出】西田大輔 
【音楽】かみむら周平
【振付】エムジェイ

【出演】
テオドルス・ファン・ゴッホ役:良知真次
フィンセント・ファン・ゴッホ役:平野良
アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック役:反橋宗一郎
エミール・ベルナール役:輝馬
ポール・シニャック役:上田堪大
ポール・ゴーギャン役:Kimeru
ムッシュ・ボドリアール役:窪寺昭 ジャン・サントロ役:合田雅吏
ジャン・ジェローム役:泉見洋平
アンサンブル:下道純一
青木一馬 荒木栄人 前田大翔 岩田笙汰 甲斐祐次 小島和幸 島田連矢

【公演情報】
シアター1010(東京都足立区千住3-92)
2017年3月17日(金)~20(月・祝)
チケット料金 指定席:7,500円 (税込) ※毎公演当日券販売あり

【映像配信】2017年3月25日(土)よりGYAO!「ニゴステ」にて配信決定!

オフィシャルサイトhttps://www.marv.jp/special/m-sorcier
ブログhttp://ameblo.jp/m-sorcier/
Twitter@m_sorcie

原作本『さよならソルシエ』

さよならソルシエ(1)

穂積 (著)
小学館

編集部のおすすめ