Interview

いよいよ大詰め! 山下&松江両監督に訊く「山田孝之のカンヌ映画祭」はどこまでリアル?(後編)

いよいよ大詰め! 山下&松江両監督に訊く「山田孝之のカンヌ映画祭」はどこまでリアル?(後編)

普段テレビをあまり見ない人でも、2015年1月から3月にかけてテレビ東京「金曜25時枠」で放映され、大反響を巻き起こした『山田孝之の東京都北区赤羽』に続く、俳優・山田孝之×監督・山下敦弘×監督・松江哲明のタッグ作『山田孝之のカンヌ映画祭』が、なんだかスゴイことになってる――という話は、おそらくSNSなどで目にしているのではないだろうか?
2016年の夏、山田孝之に呼びつけられた山下は「カンヌ映画祭で賞を取りたい」という話を持ちかけられる――という導入に始まり、二人がカンヌを取れる映画を作るため、様々な人物と会い、様々な人物を巻き込みながら、企画立ち上げから資金集め、キャスティングまで奮闘する姿を、メイキング映像という名目で撮影された同作は、知られざる映画製作の裏側を映したドキュメンタリーであると同時に、いまや日本映画界を代表する俳優・山田孝之の内なる迷走と覚醒に肉迫した人間ドラマでもあり、その虚実の皮膜を突き破るようなシュールで予測不可能な展開は、毎週放送のたび、もはや放送事故にも近い「事件」として人々をざわつかせている。

驚愕の展開が待ち受けていた第11話「芦田愛菜 決断する」。あとは最終話を残すのみ。先に公開した前編から続く後編をお届けします。この壮大なドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』のクライマックスを楽しんでほしい。

取材・文 / 井口啓子 撮影 / 相馬ミナ


「ドキュメンタリードラマ」という新しいドラマの在り方

だから『赤羽~』にしても『カンヌ』にしても、松江さんがこれまで撮ってこられたドキュメンタリーの流れで見ると、すごく納得いくし、また違ったおもしろさが見えてきますよね。

山下敦弘 だから、これは「ドキュメンタリードラマ」ってジャンルなんですよ。

松江哲明 「ドキュメンタリードラマ」って、赤羽が出来たときに、なんか見たことがないものが出来たけど、どういうふうに紹介しよう?ってテレ東さんと相談してるときに出てきた言葉で。視聴者のなかには「フェイクドキュメンタリー」という人もいたんだけど、僕その言葉には違和感があって。あれは「フェイク」ではなく「ドキュメンタリー」だと思っていて、しかし『情熱大陸』のような番組と同じかというと、また違う。じゃあ「ドキュメンタリードラマ」はどう?って。

山下 だから『赤羽~』は試行錯誤しながらやってて、結果ああなった感じだったけど、今回は最初から「ドキュメンタリードラマを作ろう」という意図はあったよね。

山田孝之のカンヌ映画祭

『カンヌ~』では監督としてお二人の名前がクレジットされているわけですが、それぞれ役割分担みたいなのはあるんでしょうか? 山下さんは『赤羽~』に引き続き、監督として作中にずっと登場されていて、それを神の視点で見つめる松江さんがいて…という一種独特の構造があるわけですが。

松江 僕は単純に映像に映ってる山下くんが好きなんですよ。カメラを持ってても演じちゃう人っておもしろくなくて。カメラを持ってる体でも、出過ぎちゃってうるさい人とか、逆に、あ、この人本気で喋ってないなってことが結構あるんだけど、山下くんはすごく自然なんだよね。

山下 まあでも、カメラの前に出る監督は誰でもどっか演じちゃうけどね。

松江 いや、山下くんも現場では自分が出すぎてるとか、演じちゃってるとか思うこともあるだろうけど、撮れた映像を見たら全然いいんですよ。

山下 僕としても映像に出るというのは、やっぱり自分が信頼できるというか、映ってる自分を客観的に見てくれてる人がいないと出れないわけで。今回も松江くんだから出れてるところはありますよね。やっぱりデビューからの知り合いで、お互い劇映画とドキュメンタリーというそれぞれの場でやってきて、すごく影響を受けてるし。よく映画祭とか上映イベントで一緒になったりはしてたけど、『赤羽~』『カンヌ~』と松江くんと一緒にやってきて、その作業を間近で見れることは自分にとってすごく大きいですね。やっぱり画という文脈では一緒なんだけど、使ってる脳が違うんですよ。世代が一緒で観てきたものも近いと思うんだけど、あ、ここをこう編集するんだ!とか、切り取るものが違うんで、自分に持って帰れるところもすごくデカイ。

山田孝之のカンヌ映画祭 山下敦弘

松江 僕からすると、全然違うところを見てるなって。山下くんはテロップとか全然興味ないんですよ。僕はやっぱり編集しててテロップの黒みとかリズムとか、ものすごく細かいんですけど。

山下 僕は最後まで見て、なんか途中眠かったなーとか、今回は寝なかったぞとか(笑)。

松江 すごく感覚的なんだよね。そこが劇映画の人だなって。僕は見ていて違和感を感じたら、これ○フレにしてとか、顔カットしてとか具体的に言うですけど、山下くんはそれをモヤッと言うんですよ。だからスタッフ全員が考えるわけで、そっか、もっとモヤッと言えばいいんだなーって思うんだけど、僕はやっぱり細かい編集が気になっちゃう(笑)。

山下 それはたぶん、劇映画は大人数で作るからで、逆にドキュメンタリーは少人数のものだし、その経験値から来る違いだよね。具体的にいうと、数人だけの関係になっちゃうけど、モヤッと言うと結構みんな考えてくれるから、いろんな答が返ってくる場合が多い。

松江 僕はいっつも少人数でやってるし、特に編集作業なんか僕ともうひとりの今井さんって人と二人の世界になっちゃうんだけど、山下くんは周りの人を使うのがものすごくうまい。

山下 劇映画でも編集が好きな監督もいるけど、僕はそこまでじゃないし。松江くんはやっぱり少人数でドキュメンタリーを作ってきた人ならではのおもしろさを感じますね。

山田孝之のカンヌ映画祭

劇映画監督とドキュメンタリー監督の相乗効果がもたらしたもの

なるほど、『カンヌ~』の虚実皮膜の際どさは、そういう二人の異なる個性が混じったからこそ生まれたものという気がしますね。 

山下 そうですね。相乗効果は絶対あると思うし、純粋にやってて楽しいですね。同世代で共有できる感覚が多いんだけど、劇映画とドキュメンタリーで畑が違うからバチバチはならないっていう…。

松江 僕、見てておもしろいなーって思うのが、山下くんが「カット」とか「よーいスタート」っていうところで。僕はああいうのは照れちゃうし、言わない空気が好きだからカメラもモヤッと廻しといて、カットのタイミングもはっきりとは言わずに引っ張るんだけど。

山下 逆に劇映画をやってる人間は、監督でもスタッフでも役者でも、よーいスタートがないと何もできないんですよ。だから「スタート!」のシーンは、ようやくゴーできるって嬉しさがあったのかも(笑)。

松江 そこは明確に違うし、『カンヌ~』でも、僕が撮ってる映像と山下くんが撮ってる映像とでは質感も違うよね。山下くんを見てると、やっぱり映画監督って声を掛けるのが仕事というか、どの空気の時にカメラを廻すかを判断する仕事だなって思いますね。

山田孝之のカンヌ映画祭 松江哲明

山下 でも、山田孝之はまた両方できるのがすごいんだよね。

松江 そうそう、見てないのに、いまカメラ廻ってましたねーってわかってるし、もうちょっと引っ張りたいという場面では、自分で動いてカメラを引っ張ったりするんですよ。劇映画ではなくドキュメンタリーでそれを自然にやってる。

山下 カメラが廻ってるって現実には不自然なことだからね。だから今回、僕なんかは心の中で「よーいスタート」って言ってやってたんだけど、芦田さんなんか最初はたぶんキツかったと思う。カメラまわってるのに「よーいスタート!」がないっていうのは、そういうのも含めて緊張感がありましたね。

『カンヌ映画祭』では山田くんも気付いてない伏線がけっこう残されてる(松江)

本当に、私も毎週ドキドキしながら見てます。深夜テレビって、まだまだ偶発的に見ちゃう人も多いということも含めて、すごくスリリングで実験的だなって。これテレビでやっていいの!? と思う一方で、これはテレビで放映してるからこその痛快さだなって。

松江 確かに、いわゆるドキュメンタリーを多くの視聴者の方はたぶん見たことがないと思うので、どう見ていいかわかんないとか、なんかモヤモヤするとかっていうのは、そういうこともあるんだろうなって思いますね。同じドキュメンタリーでも、映画の場合は二時間半とかをイッキに見せるわけですが、テレビだと30分枠に分割して見せなきゃいけないわけで、『赤羽~』の時はまだ、4時間半に編集したものを分割して放送した感じがあったけど、今回は最初から「30分を12回連続して見てゆくとどうなるか?」っていうところを明確に意識して編集したので、すごく密度が濃くなってると思う。それはテレビ放映だからこそ生まれたものだし、録画だけして後でイッキに見ますとか言ってる人がいるんだけど、『カンヌ~』はイッキ見するとたぶん発狂します(笑)。

山下 『赤羽~』は山田くんの個人的な自分探しみたいなエッセイ感があったんだけど、今回はもうちょっと開けた、ロードムービーぽいよね。いろんな人に会いに行って、いろんな人を巻き込みながら進んでいくので、また違うものになるだろうなって予感は撮る前からあったし。

山田孝之のカンヌ映画祭 松江哲明 山下敦弘

松江 旅してる感はあるよね。ただ、気付いてない伏線もいっぱいあるので、後でまた見直したらおもしろいと思う。なんで山田孝之がエド・ケンパーって言ってたのか、後半みるとわかるんですよ。ドキュメンタリーってそうなんですけど、言ってるときは気付いてないんですよ。こんなこと言ってたっていうのが、劇映画だと最初から台詞で伏線として書かれてるんだけど、現実に僕らが言ったことって、わかんないじゃないですか。後になってみて、うわ、あのとき私こんな予言っぽいこと言ってたんだってことは現実にも多々あって、実は『カンヌ~』では山田くんも気付いてない伏線がけっこう残されてるんですよ。

山下 エド・ケンパーもネタっぽく見えたかもしれないけど、実は全然ネタではない。だから最終回まで見て、もういっかい見直すといろいろリンクしてきておもしろいと思う。それこそ『闇金ウシジマくん』とか『クローズZERO』しか見たことがないような山田くんのファンが見たら、また見え方が違うだろうし、逆に『赤羽~』しか見てない人もまたちょっと違う見え方がするだろうし。だからすごく豊かな感じがします。見る人によっていろんな切り口があるだろうなって。

松江 そうね。それこそ、映画をよく知ってる人が見たらまた全然違うだろうし。『カンヌ~』みた後に『赤羽~』見たらまた違うだろうし。

山下 いや、『赤羽~』よくできたよね…。

松江 そうだよ! だって俺、山田くんがアイス喰ってるとこずっと撮ってて、大丈夫かな?って。なんにもない回もあったし。

山下 ほとんど、動物バラエティみたいな。

松江 そうそう。『赤羽~』は意味じゃないってことを徹底してた気がするけど、『カンヌ~』はもうちょっと伏線もあるし、多重的に楽しんでもらえると思いますね。

じゃあ、録画も残しておかないといけませんね。

松江 いや、そこはDVDが出ますんで(笑)。放映されてない特典映像もいっぱい付いてくるんで、それを見たらまた見え方が変わってくるだろうし。現時点で僕はまだ絶賛編集作業中なんですけど、本当にヤバイ。最後にきて、最初の方のエピソードのえ!? って思うようなことが繋がってきたり、まだまだこれから信じられない展開が待っているので。録画は消して(笑)、ぜひリアルタイムで最後まで追いかけて欲しいですね。

「山田孝之のカンヌ映画祭」

放送日時:毎週金曜 深夜0時52分〜
出演:山田孝之、芦田愛菜、ほか
放送局:テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
監督:山下敦弘、松江哲明
構成:竹村武司
オープニングテーマ:カンヌの休日 feat. 山田孝之/フジファブリック
エンディングテーマ:ランプトン/スカート
©「山田孝之のカンヌ映画祭」製作委員会

「山田孝之のカンヌ映画祭」Blu-ray&DVD BOXが好評予約受付中!

販売元:東宝
山田孝之が発案・監修した映画「穢の森」Tシャツ付も!
詳しくは番組HPでご確認ください。
オフィシャルサイトhttp://www.tv-tokyo.co.jp/yamada_cannes/

山下敦弘(Nobuhiro Yamashita)

映画監督。代表作に『リンダ リンダ リンダ』、『苦役列車』、『もらとりあむタマ子』など多数の作品を監督。
2007年に公開した『天然コケッコー』では第32回報知映画賞監督賞、第62回毎日映画コンクール日本映画優秀賞をはじめ数々の賞に輝いた。その後も中短編ドラマ等を監督、熱狂的ファンも数多く、演出のオファーが絶えない。
2016年は『オーバーフェンス』、『ぼくのおじさん』などの長編作が公開された。

松江哲明(Tetsuaki Matsue)

ドキュメンタリー監督。99年、日本映画学校卒業制作として監督した『あんにょんキムチ』が文化庁優秀映画賞などを受賞。その後『童貞。をプロデュース』、『ライブテープ』、『フラッシュバックメモリーズ3D』、『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』と数々の作品を手がけ、高い評価を受けている。

オープニングテーマ

カンヌの休日 feat. 山田孝之

フジファブリック

2017年2月15日発売
全4曲

編集部のおすすめ