Report

神木隆之介&染谷将太、互いに“愛おしい人“だとデレデレ。有村架純「立ち位置変わる?」と気遣う

神木隆之介&染谷将太、互いに“愛おしい人“だとデレデレ。有村架純「立ち位置変わる?」と気遣う

羽海野チカの大ベストセラーコミックを、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が2部作で実写映画化した『3月のライオン』。3月18日に【前編】が公開され、TOHOシネマズ六本木ヒルズで初日舞台挨拶が実施された。イベントには、主演の神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、大友啓史監督の総勢12名が出席。それぞれに本作での“愛おしい人”を語って撮影現場を述懐しながら、公開初日を迎えた心境を語った。


主人公の高校生プロ棋士〈桐山零〉を演じた神木隆之介は、公開初日を迎え、「楽しみな気持ちもありながら、不安な気持ちもありました。無事にこの日が迎えられて本当に幸せです」と安堵の表情をみせながら挨拶した。

本作のメガホンをとった大友啓史監督は「テレビから映画に移って8作目になるんですけど、映画はクランクインしてクランクアップして。そしてスタッフ間の初号試写があって、完成披露試写があって、今日を迎えて。それぞれの機会にみなさんが『おめでとうございます』って言ってくださるんです。これはテレビではないこと。映画をやっていてすごく良かったなと思える瞬間です」と笑顔で語った。

そして、本作のテーマのひとつである“愛”にちなんで、司会者から“愛おしい人”を聞かれた登壇陣。

神木は「染谷将太が愛らしいと思います! 愛おしいです」と即答。良きライバルであり“心友”の〈二階堂晴信〉を演じた染谷に対して、「いつもは僕が『染ちゃん、染ちゃん』っていくほうなんですけど、映画の中では逆で、『桐山、桐山~!』って」と、ニヤケ顔。染谷に「台本に書いてあるからね」とツッコまれるも、「がっつり肩とか組んでくれて、すごい嬉しかったですし、本当に明るくて、良い意味の暑苦しさがある。〈二階堂〉という人間性がすごく素敵だなと思っていて。人の気持ちに寄り添える人なんです。〈桐山〉のために泣いてくれたり、喜んでくれたり。それをやってる染谷がもう、愛おしいです!」と再びラブコールを送った。それを受けて染谷は、恥ずかしそうな表情を浮かべながら「照れます……」とコメントしていた。

そんな染谷も、“愛おしい人”は「もちろん神木くんです。相思相愛じゃないか」と神木と見つめ合いながら即答。さらに、「現場に着くといつも笑顔で迎えてくれて。リラックスするんですよね。心落ち着くし」としみじみと語ると、神木も「良かったよぉ~、相思相愛で~」と大喜び。トーク中に神木と染谷の間に立っていた有村が「(立ち位置を)変わる?」と提案する場面もあった。

〈零〉の義姉〈幸田香子〉を演じた有村架純は「(〈川本家〉の三女)〈モモ〉ちゃん(新津ちせ)です」と回答。原作と同様に、ちせちゃんからは“魔女”と呼ばれていることを明かし、「さっきも『魔女~』って言いながら、抱きついてきてくれて。一気にそこでホワっと、気持ちが柔らかくなりました。本当に天使です」と顔をほころばせた。

続いて、〈零〉と出会い、〈零〉のことを気に掛ける〈川本家〉の長女〈あかり〉を演じた倉科カナは「〈零〉くんなのか、神木くんなのかわからないんですが、神木くんが川本家のこたつでポカポカしながら寝てる姿は愛らしいなと思いました。どこでも寝てるんですけど(笑)」と語ると、神木は「それは神木くんですね」とすかさずコメント。さらに倉科が「ポカポカオーラをすごく出していらっしゃって、可愛らしかったです」と続けると、神木は「寝てて良かったです(笑)」と照れ笑いを浮かべていた。

〈川本家〉の次女〈ひなた〉役の清原果耶は「ひな祭りのイベントで、倉科さんとちせちゃんとお寿司を作ったんです。そのときの倉科さんの包容力、温かさがすごくて。こんな女性になれたらいいなと思いました」と、倉科への憧れの想いを語った。

プロの棋士〈島田開〉に扮した佐々木蔵之介は、「(天才棋士の)〈宗谷〉と島田が対局するシーンが最初の撮影だったんですけど、待機場所で、(〈宗谷〉を演じた)加瀬(亮)さんと、神木くんといて。〈宗谷〉名人は無口なんですけど、結構しゃべってはって。そして加瀬さんがハンドクリームを持ってたんですが、『それいい匂い! どこのですか? 写メ撮っていいですか?』とか言いながら、二人がハンドクリームを匂ったり撮ったりしてる姿が、愛おしいなと思いました。『〈宗谷〉と〈零〉がこんなやりとりをしてる!』って思いました」と撮影現場での意外なエピソードを披露し、会場を沸かせた。

〈零〉の先輩プロ棋士〈三角〉役の中村倫也は、「僕も神木隆之介の愛おしい裏話を」と前置きしつつ、「神木くんと、〈松本〉役の尾上(寛之)くんと3人で空き時間を過ごしているときに、漫画の話になったんです。急に神木くんが『漫画クイズやろうよ~!』ってキラキラした顔で言い出して。やってみたんですけど、10~15分くらいで終わるゲームかなと思ってたら、神木くんは、何分経っても『次の問題! 次の問題!』って。遊園地に来た子供みたいな眼差しが、とっても愛おしかったですね」と笑顔で振り返った。

そして、〈零〉を引き取るプロ棋士〈幸田柾近〉を演じた豊川悦司は「〈川本家〉は本当に楽しそうでしたが、〈幸田家〉は全然楽しくなかった。辛い毎日で……。俺も〈川本家〉が良かった」と冗談っぽく語り、場内の笑いを誘った。そして「神木くんが小学生の頃、映画『妖怪大戦争』で戦ったことがあるんです。当時は“天才子役”と呼ばれていましたが、いまや“子役”が取れて、“天才ペラペラ役者”になった。素晴らしい座長感を持って、現場でもスタッフとキャストみんなに笑顔を向けていた」と神木を絶賛。さらに「神木くんは『誕生日なのに、一人ぼっちでコンビニでチョコレートを買って食べた』と話していて、こいつはすごい役者になるんだろうなって思いました」と語った。

さらに、本作で描かれる“闘い”にかけ、〈零〉・〈川本家〉チームと、プロ棋士・〈幸田家〉・監督に分かれて、“チーム対抗 玉入れ合戦”が行われた。白熱した玉入れ合戦は、見事に〈零〉・〈川本家〉チームが勝利。神木は「中学生以来でしたけど、楽しかったです」とニッコリ。

最後に神木は「みなさんに素敵な作品だと思っていただけたらいいなと思ってます。2部作で一つの作品ですので、後編も楽しみにしていてください」と笑顔で観客に向かって語り、イベントを締めくくった。

映画『3月のライオン【前編】』

2017年3月18日 ※【後編】は4月22日公開

中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューした17歳の棋士〈桐山零〉は、東京の下町に一人で暮らしている。幼い頃に両親と妹を交通事故で亡くし、父の友人である棋士の〈幸田〉に引き取られたが、ある事情から家を出るしかなかったからだ。孤独を抱え、すがりつくように将棋を指し続けていたある日、零は同じ下町に住む三姉妹〈川本あかり〉〈ひなた〉〈モモ〉と出会う。それは、将棋盤以外の“自分の居場所”との出会いでもあった。激しい才能と激情がうごめく棋士たちの生きる将棋の世界と、陽だまりのような〈川本〉家の食卓。数々の対局と暖かな人々との交流を通じ、〈零〉は棋士として、人として、ある覚悟を決めていく。

【監督】大友啓史
【原作】羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
【脚本】岩下悠子 渡部亮平 大友啓史

【出演】神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 / 佐々木蔵之介 加瀬亮 伊勢谷友介
前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏 / 伊藤英明 / 豊川悦司

【主題歌(前編)】ぼくのりりっくのぼうよみ「Be Noble」(コネクトーン)
【主題歌(後編)】藤原さくら「春の歌」(スピードスターレコーズ)

【配給】東宝=アスミック・エース

オフィシャルサイト3lion-movie.com

©2017 映画「3月のライオン」製作委員会

主題歌

【前編】

「Be Noble」
ぼくのりりっくのぼうよみ

2017年3月8日発売
レーベル:CONNECTONE


【後編】

「春の歌」
藤原さくら

2017年2月22日発売
レーベル:Speedstar

原作本 『3月のライオン』

著者:羽海野チカ
出版社:白泉社

フォトギャラリー