Report

細貝圭、鳥越裕貴らが歌・ダンス・殺陣を熱演。舞台版『TRICKSTER the STAGE』の公開稽古&キャストコメント

細貝圭、鳥越裕貴らが歌・ダンス・殺陣を熱演。舞台版『TRICKSTER the STAGE』の公開稽古&キャストコメント

『TRICKSTER―江戸川乱歩「少年探偵団」より―』は、2016年10月よりTOKYO MX、読売テレビなどの『あにめのめ』枠にて放送されたテレビアニメ。江戸川乱歩の推理小説『少年探偵団』を下敷きにし、Jordan森杉の手により時代を2030年の近未来に置き換えた。

舞台版『TRICKSTER』は、アニメでは語られなかった怪人二十面相と明智小五郎の戦いが描かれるオリジナルストーリー。歌、ダンス、アクション、さらにプロジェクションマッピングを取り入れたエンターテインメント作品として4月12日~16日まで全9回、Zepp ブルーシアター六本木にて上演される。


ストーリーは、誘拐された戦場カメラマン、次々に殺される容姿端麗な男たち、一方、「私は人殺しを好まない」と言いつつ平然と暗殺者に人殺しをさせる怪人二十面相、彼を追う明智小五郎、さらに、そこに現れた地獄の道化師・ヘルクラウンによって、怪人二十面相と明智小五郎の過去が次々と明らかになっていく……。
2人の因縁が徐々に暴かれながら、事件に立ち向かう少年探偵団が最後に見たものとは?

出演には、主人公の死ねない体を持つ少年・小林芳雄役に、舞台『弱虫ペダル』で話題になり、劇団鹿殺し『名なしの侍』、『ミュージカル「刀剣乱舞」〜幕末天狼傳〜』などに出演、2・5次元から注目の劇団の舞台まで出演する演技派の鳥越裕貴

主人公の友達、少年探偵団のリーダー・花崎健介役には、『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』芥川慈郎役、その後『Messiah メサイア』『ライチ☆光クラブ』『美男高校地球防衛部LOVE!活劇!』と立て続けに話題作に出演して注目を集める赤澤燈

少年探偵団の元リーダーの井上了役には、『おそ松さんon STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』に出演、『龍よ、狼と踊れ〜Dragon,Dance with Wolves〜』では主演を務めた、演劇界きっての若手のホープ・赤澤遼太郎

花崎健介の同級生の大友久役には、舞台『FAIRY TAIL』でミッドナイト役を、『新釈・ロクモンセン―真田十勇士伝説―』では根津甚八役を務め、若手ながら定評のある演技力を見せる古谷大和

花崎健介の後輩の山根たすく役には、2012年カバーダンスコンテストで世界2位を獲得し、今作が初舞台となる今川碧海

井上了の幼馴染役の勝田雅治役には、元劇団四季所属で卓抜な歌を聞かせる斎藤准一郎

明智小五郎に今回の事件の調査依頼をする警察官、宮西琢巳役に『戦国BASARA』で伊達政宗役、『真・三國無双』では孫策役を務めた、圧倒的な存在感のある演技が魅力の山口大地

そして、今回のストーリーのキーになる明智小五郎役には、2005年の舞台『ミュージカル・テニスの王子様』で海堂薫役を演じ、今年1月には自ら演劇ユニット「トンダカラ」を旗揚げ。日本舞踏の母をもち、2004年には国立劇場で女形を演じたこともあるという演劇界のサラブレット・鯨井康介

そして今回のオリジナルキャラクター、少年ルイト役を演じるのは、『魔劇今日からマ王!』『私のホストちゃん』シリーズなどに出演、5月には『遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド』への出演が決まっている、注目作で活躍する輝山立

最後に、このカンパニーのリーダーであり、怪人二十面相役を演じるのは、『ミュージカル・テニスの王子様』の日吉若役でデビュー、以後『戦国BASARA』の真田幸村役、つかこうへいダブルス2014『新・幕末純情伝』『「デルフィニア戦記」第一章』まで、歌、ダンス、演技と多彩な表現力で魅せる天才・細貝圭

表題曲はGACKTが歌う「キミだけのボクでいるから」。この曲は、自身も怪人二十面相の声優として出演しているテレビアニメ『TRICKSTER―江戸川乱歩「少年探偵団」』のエンディング曲になっている。

今作は、フレッシュな座組と、GACKTとの豪華なコラボ、そして厳しいオーディションを勝ち抜いたアンサンブルとの共演が実現。歌にダンスに殺陣に演技、さらにプロジェクションマッピングも使用した絢爛な舞台装置で、今までに見たことのない舞台になること間違いなしだろう。今回は、細貝圭、輝山立、鳥越裕貴、赤澤遼太郎、古谷大和、斎藤准一郎、山口大地、鯨井康介らが出演する2シーンと、アンサンブルたちとのダンスシーン、計3シーンの稽古風景と囲み取材に立ち会うことができた。


スタジオでは演者たちがスタッフとの打ち合わせや、談笑、あるいはセリフ合わせが行われていたけれど、演出家の松多壱岱のかけ声とともに、張り詰めた緊張感のある面持ちに。そしてリーダーの細貝圭を中心にアンサンブルを含めカンパニー一同が集まり、公開稽古がスタートした。

最初のシーンの舞台は、とある湾岸倉庫。そこでは、怪人二十面相の細貝圭が、彼に囚われた戦場カメラマンから何かしらの情報を引き出そうと、拳銃を使い脅している。そして山口大地演じる宮西琢巳刑事と鯨井康介の明智小五郎が湾岸倉庫に踏み込むというシーンだ。

ここでは細貝圭と鯨井康介、つまり怪人二十面相と明智小五郎のセリフの丁々発止のスピーディーでハードなやりとり、そして明らかになる明智小五郎の過去に焦点が当てられている。明智の秘密を握っている怪人二十面相、そしてそれをつまびらかにした時の明智演じる鯨井の苦悶に満ちた表情と、狂気に満ちた細貝のミステリアスでダーティーな表情が、絶妙なコントラストをスタジオに生んでいて、スタジオの緊張感はどんどん膨らんでいく。周りの演者も、息を飲むように見守って、2人の先輩役者の演技に目を見張っていた。

続いてのシーンは、少年探偵団の事務所が舞台。オリジナルキャラクターの孤高の少年ルイト役の輝山立は、調子の良い花崎健介のおかげで少年探偵団の仲間入りを果たし、それを記念してサーカスを見にいくことになり、ルイトは小林芳雄役の鳥越裕貴を誘うのだが、小林はそれを断り事務所を出て行ってしまう。そしてルイトが、小林の住んでいる壊れた観覧車まで出向き、さらに話をするも無下に扱われてしまう。

同時に、井上了は、幼馴染の勝田雅治役の斎藤准一郎をサーカスに誘いに行くのだが、井上がどうして杖をついて歩くことになるのか、どうして足に重度の怪我を負ってしまったのか、その過去が語られる。

ここではフレッシュなメンバーの新鮮な演技が見られる。輝山立はどこか謎めいているし、不死である小林にどこか疑念を持って接している。そしてそれを不審に思う小林役の鳥越裕貴の抜き差しならない表情のやりとりはフレッシュな役者なのに、セリフの端々で、2人の疑念が本当の火花を散らしているようで圧巻だった。表向きは、笑顔を交えて話しているだけなのに、その隙間から、その言葉の端々から、こぼれ落ちていく不信感を体験できてうすら寒いぐらいに怖かった。

井上了役の赤澤遼太郎と勝田雅治役の斎藤准一郎のやり取りは、勝田演じる齋藤が、勝田のせいで井上が怪我をしてしまったという罪悪感を上手にすくい取って、凄まじい演技力で表現していた。その想いを感じ、自責の念にかられる井上役の赤澤も、勝田の想いに十全に答えられない気持ちをセリフに表情をつけて闊達に表現していた。非常にナイーブなシーンだったけれど、フレッシュな若手が、まるで劇中の少年たちそのままに、10代の子供達が抱えている不安や焦りを素直に吐露すれば、とてもリアルに見えてしまう。これは若手ならではの演技ではないだろうか。

最後のシーンはアンサンブルを含めての殺陣、およびダンスシーンだった。そこでは、『TRICKSTER the STAGE』のテーマ曲が流れるのだが、インダストリアルロックな曲調のダンサンブルなかっこいいナンバーで、オーディションを勝ち抜いたダンサーたちのブレイクダンスは筆舌にしがたかったし、演者たちの殺陣もダンスも統制が取れていて素晴らしかった。

最後にGACKTが歌う「キミだけのボクでいるから」が流れ、メンバー紹介が行われるのだが、演者たちの表情にはまだまだ稽古中盤といった期待と不安とやる気が入り乱れていて、これからもっと素晴らしいカンパニーにしようとする気概がフレッシュな役者の身体中から溢れていた。そこには、細貝圭を中心とする若い力で原作以上のものを作ろうとする気合の溢れるカンパニー魂を見たような気がして、初日が待ち遠しい素晴らしい舞台になる予感がした。

キャストコメント

舞台稽古の合間を縫って、細貝圭、輝山立、鳥越裕貴、赤澤遼太郎、古谷大和、斎藤准一郎、山口大地、鯨井康介の囲み取材を行うことができた。

上段:左から輝山立、古谷大和、斉藤准一郎、山口大地。下段:左から細貝圭、鳥越裕貴、赤澤遼太郎、鯨井康介

細貝圭(怪人二十面相役)

『TRICKSTER the STAGE』はアニメから始まり、その舞台化になります。この作品は、怪人二十面相と明智小五郎の関係性にフォーカスしているオリジナルストーリーで、アニメにはない展開をしていきます。稽古も中盤に差し掛かり、若さ溢れるフレッシュな座組だと思います。その中で、僕たちにできる最大限をみなさんにお披露目できたらいいですね。初めて観るお客さんにもアニメを観ているお客さんにも楽しんでもらえる舞台です。ぜひご来場ください。

鳥越裕貴(小林芳雄役)

この役のお話をいただいた時に、アニメを観ました。死にたいと言っている小林の心がどう変わっていくのかが気になって、仕事を受けさせていただきました。小林の生き様をご覧ください。どうして小林が死にたいと言っているのか、花崎との関係はどうなっていくのか、わたくし鳥越裕貴は堂々と演じきれるのか、ご期待ください。素晴らしいカンパニーで千秋楽までぶち抜いていきます。

赤澤遼太郎(井上了役)

アニメの井上くんは車椅子を使用していますが、舞台では、車椅子ではなく、杖という形で、また新たな一面を見せられるのではないかと思っています。アニメのファンに添えるような素敵な舞台になればいいですね。

古谷大和(大友久役)

ここは本当に仲の良い稽古場です。舞台は、歌、ダンス、殺陣と盛りだくさんで、しかもオリジナルストーリーですから、楽しめる舞台になっています。これからは、アニメのキャラクターを考えながら歌や踊りを上手にこなすのが、本番までの課題ですね。もっともっとみんなと仲良くなって、怪我なく終われたらいいと思います。

斎藤准一郎(勝田雅治役)

オリジナルストーリーが見所ですが、殺陣とダンスと歌も入っているので、迫力満点の舞台になること間違いなし! アンサンブルが、アクションアンサンブルとスーパーダンサーズに分かれていて、みんなの得意分野が結集した舞台です。素敵な舞台を目指して精進します。

山口大地(宮西琢巳役)

ここにはいない山根たすく役の今川碧海くんは、18歳で、しかも初舞台ですが、劇中で腰をギューンとしてお尻をプリーンとさせるシーンがあるんです。えーと、ここからどうしたらいいの?(一同笑)。つまり、仲の良いカンパニーです。良い作品は良い座組からしか生まれないと思っています。まだ稽古の時間があるので、良い作品にするように頑張ります。

鯨井康介(明智小五郎役)

メンバーそれぞれ模索しながら役作りをしています。ここにはいませんが、花崎役の赤澤くんもキャラクターにぴったりで、ムードメーカー的な彼も魅力的だし、みんなのキャラクターと役のギャップがどう作用するのか観てください。僕は燈役が気になりますね。准一郎くんとは同い年ですが、少年役をやっているので、「子供おじさん」と呼ばれています(笑)。稽古も突き進んでおりまして、アニメファンの方にも、この作品に初めて触れる方にも喜んでいただけるように精進していきます。

輝山立(少年ルイト役)

オリジナルキャラクターとして出演させていただきますが、原作のみなさんとどう絡んでいくのか期待してください。そして、この不思議なキャラクターで、良い意味で作品を盛り上げられたらと思います。

取材・文・撮影 / 竹下力

舞台「TRICKSTER~the STAGE~」

2017年4月12日~16日 東京 Zeppブルーシアター六本木

【原作】Jordan 森杉『TRICKSTER-江戸川乱歩「少年探偵団」より-』
【脚本・演出】松多壱岱
【振付】石岡貢二郎(K-DanceNexus) 

【出演】怪人二十面相 役/細貝圭 少年ルイト 役/輝山立 小林芳雄 役/鳥越裕貴 井上了役/赤澤遼太郎 大友久 役/古谷大和 勝田雅治 役/斎藤准一郎 宮西琢巳 役/山口大地 明智小五郎 役/鯨井康介 花崎健介 役/赤澤燈 山根たすく 役/今川碧海 他

©Jordan 森杉/「TRICKSTER~the STAGE~」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://trickster-project.com/stage/

劇中歌

『TRICKSTER(トリックスター)―江戸川乱歩「少年探偵団」より―』のオープニングテーマ

キミだけのボクでいるから
GACKT

レーベル:ARUTEMATE

原作コミック TRICKSTER

TRICKSTER 1巻

原作 : Jordan森杉
キャラクターデザイン : PEACH-PIT
漫画:マントヒヒ・ビンタ
脚本:吉田恵理香
出版社 : 講談社

編集部のおすすめ