Interview

飯豊まりえ『暗黒女子』で多面性演じる努力の裏側で情緒不安定に…「人生一番の暗黒期でした」

飯豊まりえ『暗黒女子』で多面性演じる努力の裏側で情緒不安定に…「人生一番の暗黒期でした」

秋吉理香子の同名ミステリー小説を実写映画化した『暗黒女子』。聖母マリア女子高等学院で、経営者の娘であり全校生徒の憧れの存在である〈白石いつみ〉が、校舎の屋上から謎の転落死を遂げることから始まる本作は、劇中でさまざまな顔を見せる〈いつみ〉を演じた飯豊まりえにとって、女優として確実にステップアップしたであろう作品だ。高校生という多感な時期の感情の機微を見事に演じきった飯豊まりえに、「今までにないほどキツかった」という撮影時のエピソードや、「私を育ててくれている」と語る耶雲哉治監督との話、さらに演技をするにあたってのポリシーまで、たっぷりと聞いた。

取材・文 / 吉田可奈 撮影 / 三橋優美子


映画『暗黒女子』での飯豊さんは、今までの役とは全く違う表情をしていて驚きました。

ありがとうございます。実は、撮影に入る前に自主トレーニングをしていたんです。でも、そのときから耶雲監督にずっと怒られていたんですよ(笑)。

飯豊まりえ

どんなことに対して怒られていたんですか?

まずは、猫背を直せと言われました。その後は、何度も「自信を持て」と言われましたね。

普段から自信を持てないタイプなのですか?

そうなんです。でも、何かあるごとにしゅんとしてしまうのは、私が演じる〈いつみ〉にはふさわしくないこと。とはいえ、基本的な性格なので、なかなか直すのは難しかったです。あとは、私の話し方は息を吐く量が多いらしく、弱々しく聞こえてしまうんですよね。その発声から直して、撮影に挑みました。ここまで役作りに関して明確に言われることはあまりなかったので、その理想像に食らいつくのがすごく大変でした。改めて振り返ってみても、今までにないほどキツい現場でしたね。

新しいことに挑戦するときは、不安になるタイプですか?

そうですね。今回も、作品が出来上がるまで、どんな仕上がりになるのかわからなかったのですごく不安でした。監督も一度も褒めてくれなかったんです(笑)。なので正解がわからず、すごく戸惑ってしまいました。

飯豊まりえ

でも完成した映画を観ると、その成果があってか、飯豊さんの“演じ分け”には本当に驚かされました。

そう言っていただけると嬉しいです! 今回は、作品の繋がりに関係なく、他のキャラクターそれぞれに対しての人物を演じ分けしなくてはならなかったので、すごく大変でした。この子の前では太陽のように、この子の前ではセクシーに、この子の前では意地悪に……と、シーンごとに人格を変えていかなくちゃいけないので、自分の情緒がどんどん不安定になっていったんです。人生の中で一番の暗黒期でした(笑)。

演じていないときも不安定だったんですか?

はい。役を離れているときも、他人と目を合わせて話すことができないくらいでした。ここまで気持ちが落ちることは経験がなかったので、いっそのこと、落ちるところまで落ちようと決意したんです。

役を貫き通したんですね。

でも、あまりにもいつもと様子が違ったらしく、マネージャーさんも母も驚いていて。撮影中は母がマネージャーさんに「うちに怪獣がいます!」って相談していたらしいんですよ(笑)。

飯豊まりえ

それくらい大変な撮影だったんですね。きっと、女優としてターニングポイントになった作品だったのもしれないですね。

そう思います。耶雲監督は、私のことをすごく育ててくださっているという感覚があるので嬉しいんですが、撮影中は鬼のようでした(笑)。

本作では女子特有の“暗黒”な部分にフィーチャーしていますが、飯豊さんが女子のそういった部分に触れたときの対処法を教えて下さい。

私はこの映画の登場人物のように、自分に都合の良いように人を騙したり、嘘を付いたりはせず、自分の気持ちをしっかり伝えるようにしています。そのほうがスムーズに伝わるし、生きやすいと思うんですよ。だからこそ、この映画に出てくる女の子たちとは「絶対に友達になりたくない!」って思いました(笑)。あと、基本的に“この人は面倒くさいタイプだな”というのがなんとなくわかるんです。なので、高校生活は平和に過ごせたような気がします。

空気が読むのが上手なんですね。

空気を読むというよりも、妄想するんです。“この人はこういうタイプだから、こういう風に言いそうだな”という感じで。そこを勝手に考えながら人間関係を繋いでいくので、ある意味、私も“暗黒女子”なのかもしれません(笑)。

飯豊まりえ

今回はかなりインパクトの強い役でしたが、そういった役を演じる楽しさは感じましたか?

実は、映画『MARS~ただ、君を愛してる~』で耶雲監督とご一緒したときに、「次は女子だけのドロドロのミステリー映画を撮るよ」とおっしゃっていたので、「どんな役でもいいからやりたいです!」と言ったんです。でも、実際にオファーをいただいて、演じてみたときに、「こんなにやりたかった役なのに、なんでこんなに演じられないんだろう」ってすごく悩んだんです。自分の中に“演じられる”という根拠のない自信があったんですが、こんなにも自分と真逆の役を演じるのは難しいんだなと実感しました。

それほど、ご自身の中にない役柄だったんですね。

はい。演じていると、どうしても自分の延長線上の性格や人格が入ってくるんです。でも、この役はそれをやってしまったら絶対にダメだったので、ゼロから人を作らなくてはいけなかったんですよね。でも、それが難しすぎて、他の役を「あの役はいいなぁ」と思うこともありました。でも、「みんなも私が演じている〈いつみ〉を演じたいと思うかもしれないから、ちゃんとやらなくちゃダメだ」って自分を奮い立たせながら演じきりました。「もう軽い気持ちで『○○の役をやりたい!』なんて絶対に言わない!」って思いました(笑)。

この役を演じたことで、これまでの印象とはまた違うイメージを表現できたと思うんです。

そう思います。これを頑張れば、もっといろんな人に違う顔を見てもらえる、と思ながら頑張りました。でも本当に大変でしたね。

飯豊まりえ

高所から飛び降りるシーンもありましたよね。

最初にこのシーンがあると聞いたときに、「スタントさんは大変だなぁ」って思っていたんですよ。でも、よくよく聞いてみたら実際に自分がやるということに気づいて、「えーっ!」って驚きました(笑)。しかも撮影時は雨と風がすごく強くて、あまりにも過酷な状況だったんです。でも、その逆境が私の中のスイッチを押してくれて、飛び降りることが出来たんです。

そこで「出来ません」とは言わなかったんですか?

「出来ない」と言える勇気がないんですよ。もし、「出来ません」と言ったらそこで私の成長が止まってしまう気がするんです。「出来ない」と思った役でも、とりあえず挑戦するのが大事だと思うんですよね。今回も、「出来ない」「なぜ私にこの役がきたんだろう」って何度も思いましたが、これを乗り越えたら、観ている人たちを“裏切る”ことができると思ったんです。

監督は褒めてくれましたか?

全くです(笑)。実際にどう思ってもらえているかわからなくて。でも、実際に映画が完成したいま、10代のうちにこの経験を出来て良かったなって思っています。

飯豊まりえ

飯豊さんのこれまでの演技を観て思うのが、すごくナチュラルだということなんです。特に、キスシーンやハグシーンも、すごく爽やかでいやらしさを感じないんですよね。何か心がけていることがあるのでしょうか?

私の中に、“いやらしくみせたくない”という個人的な美学があるんです。もっと言えば、悪そうに見えたり、毒々しく見られたくないんです。

常に“こう見せたい”という自分の像があるということは、ある意味、普段も演じているということなのかもしないですね。

そうかもしれないです。それに、極端にいうと、“素朴”にみられたいんですよ。私自身、自分で素朴だと思うし、ナチュラルだと思われることが一番嬉しいんですよね。でも、本当はまだ、自分のことをよくわかっていないのかもしれません。以前、他のある監督に、「飯豊まりえという人物のことをよくわかっていないでしょう?」と言われたことがあるんです。そのときに、本当にそうだなって思ったんです。私はまだ発展途上だとわかった以上、これからはいろんな役を通して、自分を組み立てていけたらいいなと思っています。

でも、それを模索中だからこそ、いろんな表情や姿が見られるということですよね。

はい。良い意味での多面性を武器に、これからもいろんな役を演じてみたいと思っています。

飯豊まりえ

飯豊まりえ

1998年生まれ、千葉県出身。2008年に『ニコ☆プチ』にてモデルデビュー。その後、『nicola』専属モデルを経て、現在は『セブンティーン』専属モデルを務めている。2016年のドラマ『MARS~ただ、君を愛してる~』(NTV)と同映画版(耶雲哉治 監督)のヒロイン役で注目され、女優としても活躍中。その他の主な出演作に、【ドラマ】『花の冠』(12/EX)、『幽かな彼女』(13/CX)、『太陽の罠』(13/NHK)、『あすなろ三三七拍子』(14/CX)、『学校のカイダン』(15/NTV)、『アルジャーノンに花束を』(15/TBS)、連続テレビ小説『まれ』(15/NHK)、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(15/CX)、『無痛 ~診える眼~』(15/CX)、『お迎えデス。』(16/NTV)、『好きな人がいること』(16/CX)、『嫌われる勇気』(17/CX)、【映画】『きょうのキラ君』(17/川村泰祐 監督)などがある。

オフィシャルサイトhttp://avex-management.jp/artists/MIITO/

映画『暗黒女子』

2017年4月1日公開

映画『暗黒女子』ポスター

聖母マリア女子高等学院で、経営者の娘であり全校生徒の憧れの存在である〈白石いつみ〉が、校舎の屋上から謎の転落死を遂げた。その彼女の手には、なぜかすずらんの花が握られていた。真相が謎に包まれる中、〈いつみ〉が主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が学院中に流れる。〈いつみ〉から文学サークルの会長を引き継いだ親友の〈澄川小百合〉は、“〈いつみ〉の死”をテーマに部員たちに物語を書かせ、朗読する定例会を開催。部員たちはそれぞれ“犯人”を告発する作品を発表していく。すると、その作品ごとに、〈いつみ〉の新たな顔が次々と露呈していく。

【原作】秋吉理香子『暗黒女子』(双葉文庫)
【監督】耶雲哉治
【脚本】岡田麿里
【出演】清水富美加 飯豊まりえ 清野菜名 玉城ティナ 小島梨里杏/平祐奈/升毅 千葉雄大
【音楽】山下宏明
【主題歌】Charisma.com「#hashdark」(ワーナーミュージック・ジャパン)
【配給】東映/ショウゲート

オフィシャルサイト http://ankoku-movie.jp/

© 2017「暗黒女子」製作委員会 © 秋吉理香子/双葉社

原作小説 『暗黒女子』

原作小説 『暗黒女子』書影

『暗黒女子』

著者:秋吉理香子
出版社:双葉社


編集部のおすすめ