Interview

大塚 愛が描いたカッコよくて、潔くて、可愛くて、愛しくて、面白く、本当は怖い生き物という女性像

大塚 愛が描いたカッコよくて、潔くて、可愛くて、愛しくて、面白く、本当は怖い生き物という女性像

大塚 愛のニュー・アルバム『LOVE HONEY』。とにかく音が面白い。実はサウンド志向の人なんだ、とあらためて気づいたら、だからこの歌詞なのか、だからこの歌声なのかと、まったく違った視点で感じられるようになって、面白さが倍増した。ダンス・ミュージック・シーンで世界的に活躍するスタジオ・アパートメントの阿部登(クレジット上は”cap”)とのタッグで、アンビエントな香り漂うEDMをさらに究めつつ、その一方で、これまで幾度か登場していた笹路正徳とは、とことん「生」にこだわるという振り幅。そこに興味を惹かれ、まずは音の細かな部分を根掘り葉掘りと訊いた。徐々にアルバムのテーマにたどり着くという演繹法的なインタビューとなっております。

取材・文 / 藤井美保


「ちょっと軽すぎる」とか「もうちょっと芯がほしい」とか、納得がいくまでオーダーはかけさせてもらってますね

まず阿部さんと創られた曲についてうかがいます。前作『LOVE TRiCKY』では、全曲が「aio × cap」での共作でしたが、今回「aio × cap」でやっているのは編曲のみなんですね。

前作では阿部くんに先にトラックを作ってもらったので、半々、いやちょっと阿部くんの色のほうが多いかなという混じり方だったと思うんです。あのなんともいえない着地点の定まらない感じが、私にとってはすごく面白かった(笑)。だから今回は、まず私が曲を作り、ある程度アレンジしたものを投げてみようと思ったんです。初顔合わせのときとはまた違う実験に臨んだ感じでした。

阿部さんの魅力をどう感じてますか?

都会的な要素を運んできてくれる人なんです。私のいわゆる「歌謡曲臭」みたいなものが、阿部くんのテイストと混ざることで、ちょうどよく洗練されたものになる気がしますね。

お互いの好みややり方がある程度把握できていた今回は、やりとりがスムーズだったのではないですか?

そうですね。ただ、私の楽曲があっちいったりこっちいったりするので(笑)、お互いの意思疎通がスッといく曲は仕上がりも早いんですけど、なかなか突破口の見出せないしぶとい曲もありました。

先に各論になってしまいますが、スッといった曲どれでしょうか?

「サクラハラハラ」です。

あれは美しいですね。

ありがとうございます。

お琴の音が入ってるんですけど、「和」を押しつける感じがなくて。

「和」に寄りすぎた重さを感じるものではダメ、という私なりの基準があるんです。好かれている女性がろくろっ首みたいだったら、それはエロスじゃないなと(笑)。黒髪であってもアジアンな趣きというか、ちょっとライトな色気を求めているので、サウンドにもそのへんが自然と反映されるんだと思います。

そういった大塚さんが描くイメージを、阿部さんには何か言葉で伝えたりするんですか?

温度感はどれくらいなのか、シンプルなのかそうじゃないのかなど、何かしらキーワードを添えたり、もうちょっと説明したほうがいいときは、ストーリー的なものを送ったりもします。やりとりをしてみて、それでも「遠いな」と思うときは、リズムや音色など細かい希望を出させてもらってます。逆に、「ここはどうしたらいいんだろう?」と自分でもわからない部分は、阿部くんの提案を元に検討を重ねていきます。

しぶとかった曲はどれでしょう?

「HEART BREAK」と「私」ですね。前者は、もともと曲自体に「生音感」があったので、そこをどうやって阿部くんの持ち味と融合させるか、コードの響きや音色も含めてすごく考えました。暗すぎてもダメだし、明るすぎてもダメで、試行錯誤の末やっと着地した曲です。

響きや音色が、作品の重要な要素を担ってますよね。

特にドラムとベースに関しては私自身がウルさくて(笑)、「ちょっと軽すぎる」とか「もうちょっと芯がほしい」とか、納得がいくまでオーダーはかけさせてもらってますね。

エスニックな音もいっぱい入っていますよね。そこが今作の色にもなっているなと。

大好きなんですよ。バリ島とかに行ったこともないのに、エスニックなパーカッションの音とか、民俗舞踊的な腰の動きとかが。ファッションもそうで、学生時代からよくインド雑貨のお店とかにも行ってましたね。

さて、ドラマ『嫌われる勇気』の主題歌になった「私」は、どうしぶとかったんでしょうか?

なんせ時間がなかったんですよ。楽曲作り、プリプロ、仕上げまでを2週間ないなかでやらなければならなかったので、阿部くんとは毎日のようにやりとりをしてたんですけど、なかなかしっくりくるものが見出せなかった。そのままだとデッドに間に合いそうになかったので、これに関しては、「このリズムにしてください」、「このリフをここに貼ってください」と、私から細かく希望を出させてもらいました。

「私は今」という歌詞の「ま」で、裏声から表声になりますよね。あそこでゾゾッときました。忘れられない声だなと。

ありがとうございます。いやー、これでインタビュー終了でもいいくらいです(笑)。

大塚 愛

続けるか辞めるかというところに立たされて、いろいろと見直すことができたんです

実は今作で、大塚さんの印象がガラッと変わったんです。楽曲によって声の色も歌い方も全然違うし、歌詞にしても意味より先に言葉の「音」をすごく大事にしてる気がした。つまり、意外やサウンド志向の人なんだなと思ったんです。

その通りです!

そこにつながると思ってうかがうのですが、出産をはさんで5年半ぶりのアルバム『LOVE FANTASTIC』(2014年リリース)から、作詞、作曲、編曲のクレジットが「愛」から「aio」にシフトしましたよね。その時期に、「歌う音楽から聴く音楽へ」といった趣旨の発言をしていたと思うんですが、そこをあらためて聞かせてもらえますか?

もともと私は、自分が歌って気持ちいい音楽より、サントラのような情景に合う音楽が好きだったんです。でもそれって、歌モノをやっていくには相容れない部分でもある。だから、そういう嗜好はアルバムにしか入れられなかったんですね。それに初期の頃は生活がかかっていたので(笑)、そんな悠長なことも言ってられない。「やっぱ狙うならカラオケだ!」というところで突っ走ってました。それを一旦リセットできたのは、出産でちょっと休憩する時間が持てたから。続けるか辞めるかというところに立たされて、いろいろと見直すことができたんです。

なるほど。

自分で歌うことを目指して始めたわけじゃなかったので、ちょうどその頃、初期についたイメージとの葛藤もありました。求められているものと自分が好きなものとがあまりにもかけ離れていくのが、ちょっと苦しかったりもしたんです。そこを見つめてみたときに、どうせなら自分が本来好きなもの、自分で人に薦められるようなものをやってクビになりたいと思いました(笑)。続けると決めたときには、そのへんをスタッフにもちゃんと伝えました。結果、再スタート時には「情景が優先されるような音楽を作る」ということを受け入れてもらえたんです。

むしろ誰が歌ってもいい、楽曲がいちばん輝けば、という考え方が根底にありますね。歌詞にしてもそうです

その時期と、EDMやアンビエントに惹かれる時期が、たまたま重なったということでしょうか?

そうですね。私は生音も好きですし、けっして打ち込みの音楽を目指してたわけではなかったんですけど、たまたま面白くて才能豊かな阿部くんとの出会いがあったので、ここで彼とコラボできたらまた新しい自分が探せそうだなと思ったんです。

その流れでできたのが、『LOVE TRiCKY』と今作なんですね。「休憩中」も音楽を作りたいという気持ちはなくならなかったですか?

はい。音楽制作が好きなんですよ。ちょっと楽曲主義みたいなところがあると思います。私の歌が主軸じゃなくて、むしろ誰が歌ってもいい、楽曲がいちばん輝けば、という考え方が根底にありますね。歌詞にしてもそうです。

そもそもな話ですが、曲先ですか?

それが、曲と詞が同時に出てくるんですよ。

そうなんですか!

出てきたものを元に、これは一体どういう歌なんだろう? って考えていきます。楽曲が持つ雰囲気と、期せずして出てきた言葉とが指し示す何か奇跡的なものから、歌詞の世界を広げていくという感じですね。ちょっとクサい台詞ですが(笑)。

だからときどき、意味があるのかないのかわからないけど耳に楽しい、といった言葉があったりするんですね。聴くほうは、それがある意味ラクだったりします。

あ、それ、うれしいです。

大塚 愛

「ほしいのはあなたじゃなくて、結局子供よ」というヒドい女の歌にしようと思いました(笑)

いろいろと紐とかせていただき、ありがとうございました。さて、阿部さんの持ち味とのコラボがある一方で、アレンジに笹路正徳さんを迎えた曲では、それこそサントラのような曲をドップリ生で聴かせてくれてます。笹路さんとの最初は、4thアルバム『LOVE LETTER』収録の「シヤチハタ」でした。ビッグバンド的なアプローチで、聴く者の度肝を抜いたという。

サウンドがこんなに高級で豪華なのに、歌っていることは本当にくだらないというヤツですね(笑)。

「ダバダバ」というスキャットの末に「シヤチハタ」しか言ってないという(笑)。

そんな遊びに快感を覚えてハマッてしまったんです。今回の「FrogFlag」はそのシリーズです。

ビッグバンドをバックに「♪ゲロゲログワッグワッ〜」。衝撃的に面白かったです。笹路さんとはどんな打ち合わせを?

私からは「とにかく派手で、パンチがあって、ノリがすごい、いい意味でビッチな曲にしたいんです」と。笹路さんは「どこまでビッチにする?」というところを、いろいろ探してくださいました。

曲自体はどういう発想でできたものですか?

「♪ゲロゲログワッ」という部分がふと浮かんだところから、「これは何の歌なんだろう?」と考えていきました。カエルといえばオタマジャクシ、オタマジャクシといえば精子、つまりこれは子供ネタの歌だなと。しかも、「ほしいのはあなたじゃなくて、結局子供よ」というヒドい女の歌にしようと思いました(笑)。

「それは あなたじゃない。」という歌詞のオチで、サウンドもユーモアを持ってそれを受けてますよね。

最後大合唱になるところなど、「ホントにくだらない」と思えてうれしかったです(笑)。笹路さんには、そういった遊びの曲とはべつに、今回すごく真面目な曲も2曲お願いしました。楽曲が持っている雰囲気が、やっぱり「生」を求めていたからなんです。

メイクでも、ファンデーションをいかに塗ってないかのように塗るのがいちばん難しいわけじゃないですか

「モノクロ」はすごく好きな曲です。サウンドがとてもシンプル。

シンプルにズバッといかないと、曲も歌詞も死んでしまう気がしてたので、いかに音数を減らすか、それをどう馴染ませるかというところで、笹路さんとのディスカッションには相当時間をかけさせてもらいました。

笹路さんはディスカッションを大事にされる方なんですか?

すごく包容力のある方なので、「思ってることどんどん言って」と、むしろ私が言うことを楽しんでくださるんです。「こうかな、ああかな」と提案もいっぱいしてくださるし。

それがサウンドに生かされて、物語が見える曲になるんですね。

メイクでも、ファンデーションをいかに塗ってないかのように塗るのがいちばん難しいわけじゃないですか。「モノクロ」は、それを音でやってる感じですね。

声をダブル、トリプルで重ねている曲も多いですが、この曲では1本で歌ってますよね。

ハンサムな女性でいてほしいと思ったので、歌録りでも小賢しいことはやめようと思いました。

「日々、生きていれば」はまさに映画のサントラですね。

これもまた、余計なものを入れると素材が死んでしまうタイプの曲。「モノクロ」は「女性らしく。たとえばオードリー・ヘプバーンのように」だったのに対し、「日々〜」では「紳士らしく。たとえばチャップリンのように」と希望しました。渋いおじさまが、仕事帰りに哀愁を漂わせているようなサウンドにしたかったんです。

まさにそんな音。クラリネットが哀愁を感じさせます。

ね! あれ、いいですよね。

阿部さんとの世界と笹路さんとの世界が1枚に同居してる、というところに、大塚さんのヒストリーを感じました。

自分は何が好きかを、やっとちゃんと言えるようになったのかなと。初期の頃は、いろんなことが好きだし、絞る必要もないという気持ちでいたと思うんです。経験とともにそこが淘汰されていって、残ったのが今の私なんだなと。

甘すぎず、クールすぎず、謎めいてるけど魅力的

アルバム・タイトルを『LOVE HONEY』にしたのは?

女の人は役が多いし、いろいろ化けるなと(笑)、出産を経験してより感じるようになったんです。だからこそ、カッコよくて、潔くて、可愛くて、愛しくて、面白い。私自身もそこを誇らしく思って、もっと女であることを楽しんでいきたいと思うようになりました。そういった女性像に「HONEY」という言葉がしっくりきたんです。

男性と一緒じゃないときの女性像も、たくさん感じる作品ですね。

恋愛的な部分だけじゃなく、そんなものなくたって十分女性は輝いてる、というところも書きたかったんです。

なるほど。甘い蜜には毒がある的な(笑)。

本当は怖い生き物で、だから、ナメんなよと(笑)。

初回生産限定にはファブリック・スプレーがついているものもあるんですね。どんな香りですか?

思い惹かれる奥ゆかしい香り、しつこくない香りにしました。恋というより愛を知っている女性のイメージ。見返りを求めない、「私、好きよ」で終わりみたいな女性ですね。甘すぎず、クールすぎず、謎めいてるけど魅力的。そんな香りになってると思います。

6月、7月に行われる東名阪のライブには、「女性、お子様優先エリア」が設けられるそうですね。

ライブハウスのステージから女性が埋もれてる光景をよく目にしてたので、かねがねなんとかしたいと思ってたんです。ファンの方たちの年齢も上がってきて、「子供がいて行けなかった」という声もよく聞くので、じゃあ、女、子供に優しいライブにしようと(笑)。視覚面や香りをはじめ、音楽と一緒に楽しめる要素をギュッと詰め込んだライブにしたいと思ってますので、ぜひ楽しみにしていてください。

その他の大塚 愛の作品はこちらへ

ライブ情報

大塚 愛 LOVE HONEY TOUR 2017 ~誘惑の香りにYOUワクワク~

6月2日 (金) 東京 赤坂BLITZ
6月24日 (土) 名古屋 Bottom Line
7月9日 (日) 大阪 BIG CAT

大塚 愛

1982 年9 月9 日生まれ、大阪府出身のシンガーソングライター。
15 歳から作詞・作曲を始め、2003 年9 月10 日に、シングル「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。
2015 年4 月にエレクトロを基調とした7 枚目のオリジナルアルバム「LOVE TRiCKY」をリリース。
シンガーソングライターとしての活動のほか、イラストレーター、絵本作家、楽曲提供など、クリエイターとしての一面も持ち合わせる。

オフィシャルサイトhttp://avex.jp/ai/

編集部のおすすめ