Interview

2PMのウヨン。楽しく熱くそして緻密に“彼の今”を詰め込んだ約2年ぶりソロ作品について訊く

2PMのウヨン。楽しく熱くそして緻密に“彼の今”を詰め込んだ約2年ぶりソロ作品について訊く

ウヨン(From 2PM)の約2年ぶりのソロ・ミニアルバムは、 “ファンと楽しむパーティー”をコンセプトにした1枚。アッパーでポジティブなダンスチューン「Party Shots」を始め、EDMやファンキーなナンバー、ジャジーでソウルフルな作品など、ウヨンのこだわりと表現を突き詰めた楽曲たちが並ぶ。“夢のような時間”だったと語る制作、そして仕上がりの手応えについて聞く。

取材・文 / 土屋恵介


エンドレスなパーティーをファンのみなさんと楽しみたいという思いで作ったアルバムです

2015年3月のソロ第1弾シングル「R.O.S.E」から、約2年ぶりのソロ作品としてミニアルバム『Party Shots』がリリースされますが、全体的にどんな作品を目指したんですか。

テーマとしては、エンドレスなパーティーをファンのみなさんと楽しみたいという思いで作ったアルバムです。みなさんと一緒に楽しく遊びたいというメッセージが一番強いんですが、歌詞にいろんな表現を込めていて、どうやったらみなさんともっと楽しく遊べるかというのを考えました。

今回、エレクトロニックなダンスチューンがサウンドの中心となりましたね。

そうですね。その上で、ボーカル的なところでもラップなどいろんな試みをしたんです。ただタイトル曲「Party Shots」に関して言えば、歌での欲を出そうとは思わなかったんです。それよりも大事に考えたのは、自分が考えていること、みんなに伝えたいことをどうやって表現していくかってことに気を使いました。

どんな言葉を使えばエネルギッシュなパーティーを表現できるかなと考えました

では、タイトル曲「Party Shots」について話を聞かせてください。もともとパーティーチューンを作ろうと思っていたんですか。

いえ、最初からパーティーチューンを作ろうというわけではなかったんです。タイトル曲を作る上で、何かエネルギーに溢れているものを表現したいというイメージだけがあったんです。自分がやりたいこと、見せたいことのイメージを合わせて、いろんな単語が浮かんで、いろんな歌詞を考えていったんです。そこで、自分の好きなものは何かってところから曲作りが始まりました。エッジの効いた、パワフルなイメージでいきたいという気持ちから「Party Shots」というタイトルが決まったんです。

歌詞でこだわったフレーズは?

サビの“Party Shots フタ開けろ”“羽広げろ”とかも気に入ってますし、あとは“スーパーヒーロー”とか“トロフィー”って単語が出てくるんですけど、どんな言葉を使えばエネルギッシュなパーティーを表現できるかなと考えました。だからと言って、あまりに突拍子もないものを使ってしまうと、リアリティがなくなってしまうので、みんながパーティーを楽しむときに共感できる単語を考えて作っていきました。

言葉遊び的な中にも、ポジティブに行動しようというメッセージが込められているように思うのですが。

そうですね。曲ごとに、曲作りは違うんですけど、この曲に関しては、いろんな考え方を応用させてます。軽く言葉遊びのように書いた部分もあれば、たぶん聴いてる方には気づかれないかもしれないけど、自分自身の悩みとか考えからも出てきた言葉も入っているんです。

なるほど。あと、ボーカルのテンションが高いですが、レコーディングでイメージしてたものってありますか。

曲のイメージは、いつもMVを連動させて考えているんです。この曲のときも、レコーディングブースで、これから作られるMVのイメージを浮かべながら歌ってました。

曲に合わせて表現していくのが、一番大事だと思うので。この曲にはダンスは必要ないというのが、僕の判断だったんです

では、MVについても聞かせてください。

とてもせわしない、これは一体何を言いたいんだろう?と、見てる人が混乱するような戸惑いを感じるものになっているかもしれません。息つく暇がないMVですね。パワフルな曲に合わせて、MVも同じテンションのものにしたかったんです。リラックスして鑑賞するというよりは、見てる人がMVの世界に引き込まれていくものにしたかったんです。

この曲のダンスのポイントは?

この曲はダンスがないんですよ。それは僕にとっても初めてです。

それは、ある意味挑戦ですね。

そうですね。ただ、もともとダンスをしない曲を作ろうと目指してたわけじゃなくて、曲のコンセプトに合わせてそうなったんです。もちろん、ダンスをすればかっこよく見えたり、効果的に音楽を表現できるんですけど、僕は必ずしもそれが全ての正解だとは思わないんですよ。曲に合わせて表現していくのが、一番大事だと思うので。この曲にはダンスは必要ないというのが、僕の判断だったんです。

ノリで見せていく曲であると。

そういうことですね。

大きなトラックにスピーカーを積んで街中を回るようなものやってみたいですね。現実的には難しいですけどね(笑)

ちなみに、ウヨンさんがパーティーを主催するとしたら、どんなパーティーにしたいですか。

どこかにみなさんをお招きしてパーティーをするんじゃなんくて、例えば、大きなトラックにスピーカーを積んで街中を回るようなものやってみたいですね。現実的には難しいですけどね(笑)。そういう、多少スリリングなパーティーをやってみたいです。

では、アルバムの他の曲についても触れていきましょう。アルバム1曲目の「Where is She」は、切ないメロディを歌いつつ、ハードなラップが入ってくる曲ですね。

これは、男の2面的な姿を表現してるんです。人は誰でも、最初に思っていた気持ちに、迷いが生じたり全く違う気持ちになったりしますよね。それを極端に表現したものでもあるんです。ある異性のこういう面が好きになったのに、逆にその面が嫌になって気持ちが冷めてしまうっていうシンプルな話なんです。それを、自分の感情の変化や、やりきれない気持ちがこみ上げてくるという形で表現したかったんです。

ウヨンさんは、自分の感情、気持ちに沿った歌を書くタイプですか。

基本的には、自分が作ってる曲なので、自分の解釈が大事になってくるのかなと思います。何かを感じたり、何かを見たときに、こう思う。または、これは違うんじゃないかと違和感を感じる。そういう自分の受け止め方、解釈が込められてると思います。

「Going Going」は、ストレートな愛情を歌ったファンキーなナンバーですね。

この曲は、好きな異性ができたってことへのときめきを表現した曲なんですけど、それをありきたりなものにしたくなかったんです。歌詞の内容もそうだし、ファンキーなサウンドで、ノリよく自分のテンションが上がる感じで仕上げた曲です。

「Chill OUT」は、日常からの解放を、ジャズやソウルをエディットしたアップテンポのナンバーです。

この曲は、聴いてる方に向けて、そして自分自身に向けて作った曲なんです。みんないろんなところで生きながら、緊張したり、ストレスを抱えてたりすると思うんです。そういう人に、大丈夫だよ、よくやってるよ、もっと力を抜いていいんじゃないかって語りかけたかった曲ですね。みんな誰しも夢を成し遂げようとか、仕事や恋を成し遂げたいとか、いろんなことでがんばってると思うんです。でも、そのことでストレスを受けすぎるのは人生の正解じゃないなって。そういう意味で、もっと力を抜いてもいいんじゃないか、充分にがんばっているんじゃないかっていう歌詞にしました。あと、人の優越は貧しさや豊かさで測れるものではないよというメッセージを込めました。

「Formula」は、迷いから前に進んでいく思いが描かれたEDMチューンですね。

フォーミュラって言葉は、公式って意味でもあるし、自動車レースでもフォーミュラ・ワンってありますよね。サウンドでは自動車レースのような雰囲気を取り入れて、歌詞的には、この世界には、僕たちも知らない自然の法則というものがあるという内容なんです。“あの光る星を見て”という歌詞が何度も繰り返されるんですけど、この世界には当たり前のように存在している法則のようなものがあって、星を見ればそれを感じることができるというような歌詞です。ちょっと深いものになってしまうけど、そういう内容が込められた歌詞です。

僕は考え出したら止まらないし、いつも何か考えてるタイプで、ひとりでじっくり考えるのも好きなんです

ウヨンさんは、物事の一歩踏み込んだ部分を歌詞にしますね。

はい。それは僕の性格とも関わってますね。

いろんな物事に対していろいろと考えてしまうと。周りからは、どういうタイプだと言われますか。

やっぱり、考えが多いとみんなに思われてますね。僕は考え出したら止まらないし、いつも何か考えてるタイプで、ひとりでじっくり考えるのも好きなんです。この世の中には気になることがいっぱいあって、ほんとに突き詰めたくなるタイプなんです。自分の気になることを、深く深くずっと考えていく。なので、そういう面を出して人に会うと、会話が進まないときがあります(笑)。僕のそういう面をよく知ってる人とは、話が弾むんですけどね。でも僕は同時に、遊ぶことも好きだし、面白いことも大好きなんです。だから、僕の近くにいる人は、僕の2面性を自然と受け止めてると思います。遊ぶときは思いっきり楽しんでるしすごくノリもいいし、でも、シリアスな考えが止まらない面があります。

僕が音楽をやっている理由は、多くのみなさんと一緒にいろんな話をしたり、共感したいという気持ちがあるからなんです

ウヨンさんの、真面目さと楽しもうというパーソナリティが今回のアルバムから感じ取れますね。では、本作をセルフプロデュースで作り終えての今の感想を聞かせてください。

今は胸がいっぱいです。今回のアルバム作りの作業は、夢のような時間でした。心から楽しくもあり、ワクワクする時間でした。歌詞を書くこと、メロディを作ること、トラックを決めていくことでもいろいろ悩みましたけど、それは曲作りの上で当然あるものなので。それすらも楽しく感じられる時間でした。今回は、「R.O.S.E」を作ったSuper Changddaiさん、「ハンパない」を作ったSuper Kiroさん、2人の作家と一緒に作業したんですけど、もう言葉で表現できないくらい楽しかったし、胸がいっぱいです。

ウヨンさんの、楽曲の幅広さ、歌の幅広さ、今表現したいものが全部詰め込めたのかなと思いました。

はい。その幅を表現したいと思って、アルバムを作りました。

ちなみに、2PMのメンバーにアルバムの曲を聴いてもらいましたか。

「Party Shots」はみんなに聴いてもらいました。特にみんなMVに驚いてくれましたね。みんな、すごく応援してくれています。

そして、4月5日から始まった全国ツアーですが、どんなステージにしたいですか。

ファンのみなさんが僕のコンサートを見て、全てストレスを吹き飛ばせるような、思いっきり楽しめて、最高に楽しいって言ってもらえるコンサートにしたいです。

グループとソロでは、当然ライブに臨む姿勢も違うと思うんですが、ソロのライブではどのような気持ちで行いますか。

グループのときは、頼りになるメンバーがいるので、メンバーの存在や力がとても大きいんです。でも、ソロのときは、ひとりでステージに立つのでプレッシャーが大きくなります。でも、緊張やプレッシャーにとらわれ過ぎると、ファンのみなさんもそれを感じ取ってしまうんです。なので、緊張感に襲われたときは、最大限自分自身をステージに向けて集中させます。なので、ソロでのライブは、より集中力が必要になりますね。

では最後に、ミニアルバム『Party Shots』を聴いてくれる人へのメッセージをお願いします。

僕が音楽をやっている理由は、多くのみなさんと一緒にいろんな話をしたり、共感したいという気持ちがあるからなんです。なので、今回のアルバムでみなさんとできるだけコミュニケーションできたらとうれしいと思ってますし、少しでもみなさんの力や励みになるようなアルバムになっていたらなと思います。

初回生産限定盤B

通常盤

その他のウヨン(From 2PM)の作品はこちらへ

2PMの作品はこちらへ

ライブ情報

WOOYOUNG (From 2PM) Solo Tour 2017 “Party Shots”ファイナル公演が急きょ決定!

4月29日(土・祝)Zepp Nagoya
4月30日(日) Zepp DiverCity Tokyo
※詳しくはオフィシャルサイトへhttp://www.2pmjapan.com/live/

ウヨン(From 2PM)

”アジアNo.1野獣アイドル”2PMのメンバー。
2008年に韓国デビュー、2009年に韓国音楽会最高の名誉の一つと言われる「Mnet Asian Music Award(MAMA)で、最高賞となる「Artist of the year」を受賞。その後破竹の勢いで中国・東南アジアをはじめとするASIA全域を席巻。
瞬く間にASIA No.1アーティストに登りつめる。
2015年3月にシングル「R.O.S.E」で日本でのソロ活動をスタート。2017年4月、2年ぶり2度目となるソロ作品『Party Shots』をリリース。全国6か所、全11公演の全国ツアーを行っている。

オフィシャルサイトhttp://www.2pmjapan.com/


取材時に撮影させて頂いたウヨンさん直筆サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!
応募期間

4月19日(水)~4月26日(水)23:59

応募方法

■step.1
エンタメステーションの公式アカウント(@essite_official)をフォローする

■step.2 
ハッシュタグ(#ウヨンさんのチェキがほしい #エンタメステーション)をつけてツイートする

記事を読んだ感想を一言いただけると嬉しいです♪

応募する!



【応募に関する注意事項】
・ツイートは何回でもしていただけます。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。


※個人情報の取扱いについて

お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。

編集部のおすすめ