Interview

進化し続けるGLIM SPANKYが次に提示した「孤高」に込めたメッセージとは。

進化し続けるGLIM SPANKYが次に提示した「孤高」に込めたメッセージとは。

亀本くんは聴いてないのに、あんなにザ・バーズ風のギターを弾くんだ(笑)。

亀本 この前、移動の車でちょっと聴いたぐらいです。ディランのカバー曲しか知らない。すげえポップなやつ。

「ミスター・タンブリングマン」ね。

松尾 そうそう、それがすごい好きで、それを私は参考にしているんですけど(笑)。この曲はそういうことを考えずに作ったんですけど、今、ザ・バーズって言われてハッと思った。

しかもレミさんはこの曲で、今まででいちばんかわいい声を出してない?

松尾 え? ホントですか? キーがめちゃくちゃ高いんですよ。今まででいちばん高いから。

いつもは低くてドスが効いてる声が多いから、「こんな声出すんだ、レミさんは」って思った(笑)。

松尾 多分、キーが高くてそうなっちゃっただけです(笑)。

ギターの音色も野蛮なまでに歪んでる。

亀本 これはホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトが、自分のレーベルから出してる手作りのファズペダル(注:音を歪ませるエフェクター)があって、それを使ってます。すごい音が出ます。

松尾 このギターサウンドには、すごくこだわりました。いつもギターの音色もプレイも全部、最終ジャッジするのは私の役目なんです。テイクも全部選ぶんですけど、とにかくこれはえげつない音にしたくて(笑)。

亀本 びっくりするぐらいえげつない。

ブチブチ切れてる。

松尾 そうなんですよ。しかも、キレイに弾かずに「下手っぽく弾いてくれ」って言って(笑)。

確かに「下手っぽい」(笑)。

亀本 ヘッドホンのバランスを取るために一回流して弾いたら、それがOKだった(笑)。

松尾 珍しいよね。「試しで弾いてみまーす」みたいなのでやった一発目でOK!

亀本 珍しいね。珍しいけど、この曲にはそのほうがいい。よかったよ。

松尾 奇跡の一発目です。

3曲目の「Freeder」は、NHKの番組『The Covers』で歌ってた洋楽カバーの「それはスポットライトではない」のニュアンスにすごく近い曲ですね。

松尾 私はバンドを始めたときに、「それはスポットライトではない」に衝撃を受けて、大好きになった。そこから大事にしてた曲だったんで、あの番組で歌えてよかったです。「Freeder」ではそういうアメリカの乾いたサウンドを表現したかった。

亀本 アメリカン・ポップスというか。

松尾 フォーキーな雰囲気。最近、亀(本)がライアン・アダムスにドハマリしてて、そういう乾いていて、爽やかで、ちょっと青臭いぐらいのサウンドにハマってたので、その気分で自分たちもやってみようって。

GLIM SPANKY

その雰囲気が亀本くんのスライド・ギターのソロに出てる。

亀本 そうなんです、最後のスライドのソロって、ひとつ間違ったらすげえ恥ずかしいものになる。でも恥ずかしいぐらいでもいいなと思って、思いきりよく弾きました。紙一重のところをいったって感じ。これは何回も何回も弾きました。

松尾 ひたすら風が吹いてる感じを追い求めて。

リード曲「美しい棘」が後半に入っている意図は?

次がリード曲「美しい棘」。リード曲が4曲目って珍しいんですけど。

松尾 そうなんです、それもわざとやった(笑)。1枚の盤としての流れの中で、どの曲もすべてが引き立つような流れにしたいと思って。

亀本 1曲目にリード曲を入れちゃうと、そこがピークになって、もう終わりじゃんってなる。

松尾 そういうのもイヤだったし、フルアルバムの前に出すだけじゃなくて、ちゃんとこのミニアルバムを作品として作り込みたいと思ったので。

4曲目にあるべき曲なんですね。

松尾 そうです。この曲は、受け取り手によっていろんな捉え方があると思う。私的には女の友達対友達っていうストーリーを書いた。少女から大人になる時期っていうのは、すごく危うくて、一歩間違えるとホントに生と死があって。そして汚いものも魅力的なものも知る時期だと思うんですよ。その中にいると、人の移り変わりや心の移り変わりが激しくて、例えば中学までずっと一緒にいた子も高校に入ったら全然違う人になってしまったとか。逆に、「レミは変わったね」って言われたりとか。当時、自分がその中で感じていたのは、一個一個が痛いわけですよ。棘に刺さってるような感覚で。

「変わったね」って言われるのも辛いし、友達が変わっていくのも辛いし。

松尾 そういうものが痛かったんだけど、その痛みさえもキラキラしてると思ってたんです。その棘に刺さることによって、知ることが多かった。棘のあるバラが美しいって言うけど、バラが美しいというよりかは、その棘こそが真理というか、美しいものだなと思う。自分から痛いものに刺さりに行って、でも痛みを知らなきゃ成長できないということも知っている。少女期の儚さと危うさと美しさっていうものを歌にできたらいいなと思って書きました。

ベースが亀田さんで、ドラムが大地さんですね。

松尾 私はこの曲はそのふたりしかいないって自分の中で決めてたので、お願いしました。

亀本 「大人になったら」と同じメンバーだもんね。

同じ匂いがしますね。そして最後の「お月様の歌」は、ストリングスの入ったファンタジックな曲。本当にそれぞれ違う5曲が入ってる。

松尾 やりたい放題やったって感じ(笑)。

GLIM SPANKY

「お月様の歌」はこの中でいちばん詞が短い。きっと言いたいこともシンプルなんだろうな。

松尾 部屋でひとりでいたらこれができたんで、子守唄ぐらいで聴いてもらえたらなって(笑)。このいちばんシンプルな曲を最後に入れちゃえっていうことで、レコーディングしました。

そして、このミニアルバムを出して、今年はどんな展開を考えていますか?

亀本 この盤のリリースが4月で、6月に日比谷野外大音楽堂と大阪城音楽堂でライブをやります。

コーストの次に野音っていうのは、GLIM SPANKYに似合ってる!

松尾 やりたかったんですよね。

亀本 一歩一歩確実に、ですよね(笑)。たとえばこの盤に対するリスナーの人からのリアクションがあると、自分らも野音でどんなライブをやろうかなってイメージが思いつきやすいかなと思ってて。これを出したら、みんなどう思うんだろう? 想像つかないもんね。

松尾 好き勝手作ったけど、大丈夫かな(笑)。

亀本 僕としては、リード曲の「美しい棘」は、普通に日本語のポップスとして勝負できる強度のある曲だなと思ってる。そういう面もちゃんとクリアできてるなと思ってます。それでいて、今までのファンの人たちをびっくりさせることもできんじゃないかな。 

松尾 そうね。やっぱり尖っていたいっていうのがあるので、ちゃんとその尖りを見せつけたいなっていう気持ちがあって、こういう曲たちを書きましたね。

ありがとうございました!

松尾亀本 ありがとうございました。

ライブ情報

4/22(土)J-WAVE『The Chris Peppler Show』@Zepp Tokyo (LOVE PSYCHEDELICO/GLIM SPANKY/Stonefield)
4/29(土)~30(日)『ARABAKI ROCK FEST.17』(宮城)@みちのく公園北地区 エコキャンプみちのく
5/04(祝・木)『NIIGATA RAIBOW ROCK 2017』(新潟)@サーキット使用会場全12会場
5/11(木)アコースティックライブ(東京)@下北沢GARAGE <出演者:関取 花/角舘 健悟(Yogee New Waves)>
5/13(土)『OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017』(大阪)@METROCK 大阪特設会場(大阪府堺市・海とのふれあい広場)
5/20(土)『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017』(東京)@新木場・若洲公園
6/03(土)「百万石音楽祭 2017~ミリオンロックフェスティバル~」(石川)@石川県産業展示館1~4号館
6/04(日)「GLIM SPANKY 野音ライブ 2017」(東京)@日比谷野外大音楽堂
6/17(土)「GLIM SPANKY 野音ライブ 2017」(大阪)@大阪城音楽堂

GLIM SPANKY

本物のロックを鳴らす“オーセンティック・ロック”の旗手
Vocal, Guitar :松尾レミ(25歳)
Guitar :亀本寛貴(26歳)

60~70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo/Gt)&亀本寛貴(Gt)からなる男女二人組新世代ロックユニット。2014年に1st ミニアルバム『焦燥』でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。松尾レミの日本人離れしたハスキーな歌声が、多くのクリエイターを夢中にさせ、既に9つものCMで歌唱を担当。5月13日に配信リリースEP『話をしよう/時代のヒーロー』は iTunesロックアルバムランキング1位を獲得し、各所から注目を集めている。
昨年10月赤坂BLITZにて行ったワンマンライブはソールドアウト。昨年の夏は、JOIN ALIVE、FUJI ROCK FESTIVAL、SWEET LOVE SHOWERに、年末はRADIO CRAZY、COUNTDOWN JAPAN等の大型フェスを総ナメにし、沢山のロックファンを沸かせた。メンバーの野望は「日本語の楽曲で世界に打って出ること」。そして、今夏公開される映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌に抜擢。その主題歌が収録された、2ndアルバムを7月20日にリリース。9月から開催された初の全国ワンマンツアーでは、ファイナルの新木場STUDIO COASTまで全13会場をSOLD OUTさせた。4月12日、3rd Mini Album「I STAND ALONE」発売。6月には東京・大阪にて初の野音ライブ開催決定!

GLIM SPANKY オフィシャルサイトhttp://www.glimspanky.com/

< 1 2