Interview

平祐奈が中川大志の自然な“頭ポンポン”に胸キュン。映画『ReLIFE リライフ』

平祐奈が中川大志の自然な“頭ポンポン”に胸キュン。映画『ReLIFE リライフ』

人気漫画アプリ「comico」でランキング1位を独走し、単行本化やアニメ化、舞台化されてきた『ReLIFE』がついに実写映画化! 人生につまずいた27歳のニート〈海崎新太〉が、社会復帰プログラム“リライフ”により新たな17歳を1年間だけ送りながら、人生を見つめなおして成長する姿を描く映画『ReLIFE リライフ』。普段から年上に見られることが多かったという中川大志が、27歳から高校3年生に若返る〈海崎〉役に挑戦。さらに、天真爛漫で愛らしい平祐奈が、暗くて友達ができない〈日代千鶴〉を演じており、それぞれに新境地を開拓した。そんな二人に、撮影時のエピソードや「幼なじみのような関係」だからこそ知っているお互いの姿をたっぷりと話してもらった。

取材・文 / 吉田可奈 撮影 / 三橋優美子


お二人はすでに何度か共演されているんですよね。

中川 そうなんです。もう4回目?

 そうだね。お互いが13歳の頃から知ってるんですよ。

中川 もう、幼なじみのような感覚です(笑)。

そんなお二人がW主演で改めて共演した『ReLIFE リライフ』で、中川さんは実年齢よりも10歳年上の27歳の役を演じました。

中川 最初にお話をいただいたときに、27歳の役と聞いて本当に驚きました。でも、この映画のような、実際に出てくる登場人物は現実の人たちだけど、ファンタジーな世界観で、さらにあり得ない出来事が起きていくという世界観が大好きで。それに、役者をやっていて楽しいなと思うのは、違う顔を見せられることなんです。だからこそ、1つの作品で27歳と17歳の役を演じて、違う顔を見せられたのは、すごく嬉しかったですし、「こういう役をやりたかった」と思えた作品でした。

27歳を演じた中川さんは全く違和感がなかったですよね。

 そうなんですよ。そのままの27歳を演じていて、俳優として新たな顔を見ることができました。

平さん自身は、暗くて静かという、平さんのイメージとは対照的な〈日代〉を演じてみて、いかがでしたか?

 自分と真逆すぎる性格なので、すごく難しかったです。それに、人気コミックの実写化ということもあり、原作ファンのみなさんの期待を裏切らないようにしなくちゃ、とすごく不安だったんです。でも、演じるなかで監督に様々なアドバイスをいただきながら、〈日代〉を作っていきました。なにより、現場がかなり和気あいあいだったことに助けられましたね。

〈日代〉さんは、知れば知るほど愛らしくなる存在ですよね。

 そうなんですよね。実は、撮影に入ってから3日間ほどは、“笑わない子”という設定に戸惑ったんですが、いざ慣れて来たら、〈日代〉の可愛らしさに気づいて、演じるのが面白くなってきたんです。

中川 最初にキャスティングを聞いたときに、「できないだろうな」って思ったもん(笑)。

 え~!(笑)

中川 うそうそ(笑)。想像がつかなかったんですよ。だって、明るくて楽しいという、それだけの人なので。

 “だけ”!? 中身が何もないじゃん!(笑)

中川 いやいや、普段は天真爛漫でハッピーな人なので、笑顔を見せない役はすごく新鮮でしたし、役について相当研究してたのも知っていたので、カメラが回っていないところでも暗~くして気持ちを作っている姿を見て、すごいなって思っていました。でも、周りはワイワイしているので、一緒にふざけようとつっかかると、すぐに乗っかってくれるんですよ(笑)。

 そしたら「〈日代〉さんはそんなんじゃないからダメだよ~!」ってからかわれて(笑)。本当はもっとみんなと一緒にふざけたかったなぁ(笑)。

中川 〈日代〉さんと、普段の自分とのギャップの間で闘ってる感じがすごく面白かったですね。

 面白い!?

中川 いやいや、すごいなって(笑)。

すごく和やかな現場だったんですね。作品の中では胸キュンシーンがたくさん散りばめられていますが、印象的だったシーンはありますか?

中川 〈海崎〉の中身は27歳のままで、外見だけ17歳になって高校生活を送るんです。だからこそ、17歳の女の子に心を惹かれてしまうことにすごく葛藤があるんですよ。その心の中のモヤモヤを、思わず言ってしまったり、気づいたら行動してしまったりと、自制していても出てしまう仕草がすごく印象的でした。

〈海崎〉の魅力もそういうところに溢れていましたよね。

中川 そうなんですよね。〈海崎〉は、10歳離れている相手でも、ちゃんと人として向き合っているんです。そこがすごく魅力的だなと思いました。だからこそ、高校生に戻って人生をやり直した1年後、みんなから〈海崎〉といた記憶が消えるというエンディングに向かって、すごく切なくなっていくんです。

平さんが胸キュンしたエピソードはどこでしたか?

 〈日代〉が友達とトラブルになったときに、〈海崎〉くんが〈日代〉の目線に合わせてしゃがんでから、真っ直ぐな言葉をかけてくれるシーンです。さらに、自然と頭をポンとしてくれるところも、素敵でしたね。

中川 あのシーンは、もし本当の同級生という設定なら、より胸キュンするように演じますが、10歳も年齢差があるという設定なので、いつもの胸キュンとはまた違った、子どもに接するような感覚で演じました。でも、〈海崎〉はちゃんと向き合ってあげている、というバランスが難しかったです。

 あまりにも10歳年上になりきっていて、ちょっと走っただけでも、息切れしてたよね(笑)?

中川 気持ちが衰えると、身体もついてこなくなるんだって……。いやいや、ただ体力がないだけです!

 (笑)。

中川 あとは、雨の中で〈日代〉さんが浴衣姿で楽しそうに笑うシーンにも注目してほしいですね。ハイスピードカメラって、このためにあったんだって思うくらい良いシーンなんです(笑)。きっと、みんなも〈日代〉さんの笑顔にキュンとすると思います。

お二人とも、台本からしっかりと役を汲み取っている印象を受けたんですが、役作りのために何かやったことはありますか?

中川 僕は実際には27歳を経験したことがないので、その年代の方を観察したり、話を聞いたりしていました。そのなかに、千葉(雄大)さんも含まれています。

 実年齢も、ちょうど10歳違うんだよね。

中川 うん。千葉さんに、「10年前の高校生活って、どのくらい覚えていますか?」って聞いてアドバイスをもらったりしていました。

 私は〈日代〉を演じるにあたって、“〈日代〉ノート”を作ったんです。原作コミックに描かれている〈日代〉のプロフィールを最初に写してから、「真面目だけど人に興味がない」「悪気がないけど人に対して失礼なことを言う」といった性格をしっかりと書き込みました。あとはコミックをコピーして切り取ったものをノートに貼って、「この感情のときは、この表情」「このときはこういう立ち方」「ここはこういう鞄の持ち方」と、出来るだけ忠実に演じられるように、メモを取っていたんです。

中川 すごくびっしり描かれていてビックリしました。

 まとめるのが大好きなんですよ。このノートを作りながら、早く現場に入りたいなってずっと思っていました。

実際にタイムリープできるとしたら、戻りたい時代はありますか?

 まだ戻りたいと思ったことはないかなぁ。

中川 もし戻れるとしたら、芸能のお仕事をせずに、普通の高校生をしているバージョンの17歳に戻ってみたいですね。部活をして、食生活も気にしないで、放課後にみんなで制服で遊びに行ってみたいですね。

 私はアルバイトがしたいな。お花屋さんとか楽しそう!

中川 俺はアルバイトができるならガソリンスタンドがいいな。

 大志くんがアルバイトしていたら、きっと人気が出ちゃうね!

中川 そうかなぁ。ガソリンスタンドで働いている人の役がこないかなぁ(笑)。

お二人は13歳の頃から知り合いということですが、お互いのどんなところが成長したと思いますか?

中川 祐奈ちゃんからは、ネガティブなところを全く感じたことがないんですよ。それは出会った時からずっと一緒ですね。女優さんとして、映画で共演するのは3回目なんですが、毎回成長にビックリするので、このまま育ってほしいですね。……あとは、大人っぽくなったよね。

 あはは(笑)。最後に付け足してくれてありがとう(笑)。大志くんは、これまで何度も共演していましたが、『ReLIFE リライフ』で初めて、こんなに面白い人だったんだってことに気づいたんです。実は最初に共演していた『おはスタ!』(12~14/TX)では2年間も共演していたのに、ずっと壁を感じていて。それに、同じ年だと感じたことがないくらい、年上のお兄さんのような感じだったんです。

中川 そんなつもりはなかったんだけどなぁ(笑)。

 今とはまた違う感じだったよ(笑)。だからこそ、この映画でこんなに面白くて明るいんだっていうことを知ってビックリしました。

中川 きっと、〈海崎〉という役がより明るさを引っ張ってくれたんだと思います。

お二人とも、本作でお互いに新たな一面を感じられたんですね。

 そうですね。それに、この映画に出演したことで、「青春ってこんな感じなんだろうな」というのをより感じることができました。高校最後の年として、私たちも『ReLIFE リライフ』を楽しみました。

中川 最高の青春を経験できたよね。きっと観ている方にも、青春を体感してもらえると思うので、純粋な気持ちで楽しんでもらえたらと思います。

中川大志

1998年生まれ、東京都出身。2010年の『半次郎』(五十嵐匠 監督)で映画デビュー。ドラマ『家政婦のミタ』(11/NTV)の長男役で注目を集め、『監獄学園-プリズンスクール-』(15/MBS)、『南くんの恋人~my little lover』(15~16/CX)で主演に抜擢される。2016年は大河ドラマ『真田丸』(NHK)に豊臣秀頼役で出演した。その他の主な出演作に【ドラマ】『13歳のハローワーク』(12/EX)、『GTO』(12/KTV)、『夜行観覧車』(13/TBS)、『今夜は心だけ抱いて』(14/NHK BS)、『水球ヤンキース』(14/CX)、『地獄先生ぬ~べ~』(14/NTV)、『重版出来!』(16/TBS)、【映画】『青鬼 ver2.0』(15/前川英章 監督/初主演映画)、『通学シリーズ「通学途中」』(15/川野浩司 監督)、『全員、片想い「MY NICKNAME is BUTATCHI」』(16/飯塚健 監督)、『四月は君の嘘』(16/新城毅彦 監督)、『きょうのキラ君』(17/川村泰祐 監督)などがある。

オフィシャルサイト
http://www.stardust.co.jp/section3/profile/nakagawataishi.html

平祐奈

1998年生まれ、兵庫県出身。映画『奇跡』(11/是枝裕和 監督)で女優デビュー。2015年、『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』(井上春生 監督)で映画初主演、『JKは雪女』(MBS)で連続ドラマ初主演を務める。その他の主な出演作に【ドラマ】『幽かな彼女』(13/CX)、『立花登青春手控え』(16/NHK BS)、【映画】『青鬼 ver2.0』(15/前川英章 監督)、『青空エール』(16/三木孝浩 監督)など。2017年は、【映画】『キセキ ーあの日のソビトー』(兼重淳 監督)、『きょうのキラ君』(川村泰祐 監督)、『サクラダリセット 前篇』(深川栄洋 監督)、『暗黒女子』(耶雲哉治 監督)、【ドラマ】『立花登青春手控え2』(4月7日~放送/NHK BS)と出演作が続いており、今後も『サクラダリセット 後篇』(5月13日公開/深川栄洋 監督)、『忍びの国』(7月1日公開/中村義洋 監督)、『写真甲子園 0.5秒の夏』(17年冬公開予定/菅原浩志 監督)が公開待機中。

オフィシャルサイト
http://www.peach-inc.jp/sub/yuuna_taira.html

映画『ReLIFE リライフ』

2017年4月15日公開

27歳の〈海崎新太〉は、ある出来事をきっかけに、勤めていた会社を5カ月で辞めてニートになっていた。そんなある日、“リライフ研究所”職員の〈夜明了〉に「人生、やり直してみませんか?」と社会復帰プログラム“リライフ”にスカウトされる。その内容は、外見が10歳若返る薬を飲み、1年間限定で高校生活をやり直すこと。ただしこのことは絶対に秘密。1年後には、周囲の人々から〈海崎〉に関する記憶は消える。半ば自暴自棄で二度目の高校生活に飛びこんだ〈海崎〉は、様々なクラスメイトと出会い、いつしかかけがえのない仲間となっていく。そんななか、友達がいない自分を必死に変えようともがく〈日代〉に恋心を抱くようになる。しかし、相手は10歳年下の高校生。さらに、1年後には〈日代〉の記憶から消えてしまうことを悩み、葛藤するのだが……。

【監督】古澤健
【原作】夜宵草『ReLIFE』(comico連載)
【脚本】阿相クミコ
【出演】中川大志 平祐奈
高杉真宙 池田エライザ 岡崎紗絵 / 水崎綾女 夏菜
千葉雄大 市川実日子
【音楽】林祐介
【主題歌】井上苑子『メッセージ』(ユニバーサルミュージック/EMI Records)
【エンディングテーマ】井上苑子『さくら』(ユニバーサルミュージック/EMI Records)

【配給】松竹

オフィシャルサイトhttp://relife-movie.jp/

© 2017「ReLIFE」製作委員会


ReLIFE 1【フルカラー】

夜宵草(著)

フォトギャラリー