男子禁制!? 乙女ゲームの世界  vol. 5

Report

乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ③

乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ③

人気ブロガーの皆さんにいろいろと考えを訊くことができて、編集部も勉強になった。滅多にない機会を得て、ありがたい限りだ。感心するのは、プレイした作品のすべてを見極め、貴重なエッセンスをブログで発信するセンス。好きだから、を超えた先の情熱にそれはあるのだろう。3日目の主張に耳を傾けよう。

取材・文 / エンタメステーション編集部


人気ブロガーさんへのその他のインタビュー
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ①
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ②
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ④


リアルの恋愛観も話します!

今回は、失礼を承知で、リアルと乙女ゲームの恋愛の差異を通し、皆さんの恋愛観にも接近した。乙女ゲームの恋愛美学を好きな彼女たちだから、という誤解と思い込みを痛切に感じた。皆さんはしっかりとその功罪を把握し、多くの女性よりも恋愛の形を分析し、カウンターで乙女ゲームを楽しんでいた。

enquête 5. 現実の恋愛と乙女ゲームの恋愛、どういった点が違うと思いますか?

乙女ゲームの世界を気持ちよく享受している皆さんに、ゲームの世界と現実で違う最大の要素“恋愛”について訊いてみた。彼女たちは、乙女ゲームの恋愛にどんな美点を見出しているのだろう。

ぶぅ子さん「現実の恋愛でもセーブポイントください!(笑) 乙女ゲームだと一度失敗してしまった恋もセーブ&ロード機能を使えばうまくハッピーエンドを迎えることができますが、現実ではそうもいきませんよね(T_T) それと、現実だと世間的に許されない行動でも乙女ゲームなら許されるところもおもしろいです。ゲーム内でヤンデレキャラが愛ゆえに監禁してしまう話など私は大好きなので、キャーキャーと喜びながらゲームプレイしてしまうんですけど、実際に現実で監禁なんてされたらドン引きします! そういうことを考えると、”何でもこい!”な乙女ゲームってやっぱり偉大だなと思います!!(笑)」

りな子さん「ゲームの中の恋愛は(世界設定にもよりますが)、ありえない出来事を一緒に乗り越えて気持ちが育つということが多いです。でも、実際に恋愛するときに“ありえない出来事”に遭遇すること自体があまりないと思います。現実の恋愛はあまり起伏がなく穏やかなほうがいいですけど、乙女ゲームでは癖のない穏やかな恋愛はおもしろくない、物足りないと思ってしまいます。なので、現実ではあまりいないとか、受け入れがたいキャラや性格、ふつうに起きることがないような出来事を通した恋愛……という部分が違うんじゃないかなと思いますし、そこが魅力かなと思います」

颯夜さん「現実の恋愛は学校や職場も含め、現代社会にいる人間としかできませんし、必ず実るとも限りません。傷つくことも逆に傷つけることも多いと思います(それが当り前の恋愛ですが!)。乙女ゲームは時代問わず、世界問わず、さまざまな設定の中で、常識ではありえない相手(たとえば怨霊や神様)とも恋愛ができるだけでなく、ビジュアル的に可愛いヒロインとイケメン男子が甘かったり切なかったりの恋物語を、綺麗な絵とボイス付きで綴ってくれます。途中、紆余曲折があっても最後はハッピーにまとまり、幸せな気持ちに浸って終われることが最初からわかっている……これは乙女ゲームならでは、ですね♪」

ゆかさん「乙女ゲームでは、期待を裏切られたことがない。もちろん予想外の悲しい結末を迎えることもありますが、大団円のハッピーエンドは必ずある。人生はやり直しがきかないけど、ゲームなら時を巻き戻して、あの時ああすればよかったな……とやり直すことができるんです。そして迎えてくれるのは、信じられないくらいのイケメン・イケボと甘いセリフ」

えり子さん「そうですね。いろいろなパターンの恋愛をやり直して楽しめますもんね。そして、現実では絶対に味わえないストーリーで恋愛が進むからこそ楽しい! いろいろな試練を乗り越えた後の甘いセリフは、本当にずるい。好きにならないわけがない」

ゆかさん「最大のポイントは、相手がひとりじゃないこと。現実で彼氏をふたり作るのは無理だけど、ゲームはセーブデータを分ければAくんともBくんとも恋ができちゃう。個性も異なるから、それぞれの愛されかたで愛してもらえる。もう現実の彼氏は最悪、いらないですね(笑)」

えり子さん「そう考えると女の子のワガママを叶えてくれますよね、乙女ゲームって! バーチャルの世界だから温かみはないと思われがちですが、最近では声優さんの演技のおかげで全然非現実感がない。声から温かさが伝わるというか、まるで身近にいるような感覚を味わえるから幸せ!」

 4組とも“現実ではありえない”部分が良いという回答が。たしかに、好きな相手に監禁される要素やヤンデレとの恋愛は、非現実だからこそ、その魅力を最大限に味わえる。

enquête 6. ブログの開設に至った経緯、ブログを通して伝えたいこと、見てほしい部分は?

「誰かと話をして盛り上がりたいけれど、相手がいない」という悩みを抱えているプレイヤーは多いはず。ぶぅ子さんとりな子さんも周囲に話せる相手がいなかったために、みずからブログを立ち上げたのだという。

ぶぅ子さん「ある日、私もブログで乙女ゲームの記事を書いていたら、乙女ゲームが大好きな人たちと知り合えるのでは? と思い、“ぶぅ子の部屋”を開設しました。作品の感想を語り合える乙女ゲーム仲間欲しさに、もう勢いで作ったようなものです!(笑) ブログを通して伝えたいことは、やっぱり乙女ゲームのおもしろさや魅力でしょうか。プレイした作品の感想を書いて、自分の気持ちを周りに伝えたいですし、何より自分の感想で自分がおもしろいと思える作品の宣伝になるのは私も嬉しいです♪ “ぶぅ子の部屋”に訪れる皆様には、記事を通して“私のありのままの気持ち”を見てほしいと思います」

りな子さん「乙女ゲームをプレイするたびに、乙女ゲームのことを人と話したい! と思うようになったのがきっかけです。私は周りにも乙女ゲームをしていることは言っていない“隠れ”なので、同じ趣味の人と話したいと思い、ブログを開設することにしました。ブログを続けていく中で思ったことは、なるべくネタバレをしたくないということ。自分がこのゲーム、おもしろいのかな? と作品名を検索して評判や感想について調べた際に、ネタバレのない感想が少なかったんです。だから、なるべくネタバレをせずに、皆さんのゲーム探しのお手伝いができたらいいなと思っています」

ひとりで気持ちを解消させていたからこそ、他のプレイヤーの思いにも敏感なようだ。ふたりで一緒にブログを運営しているゆかさん&えり子さんは、さらに輪を広げようと奮闘中。

ゆかさん「私たちのブログの目的は“広げよう、乙女の輪”です。ふたりの仲が深まったのも、乙女ゲームがきっかけでした。同じ職場でストレスを抱えながら生きている私たちが、こんなにも幸せをくれるものに出逢えた。でも一般的とは言えない趣味をこっそり持ちながら、分かち合える相手を探している人、現実逃避したい人は、きっとほかにもいるはず。こういう思いが溢れて“インターネットであれば素性を隠しながらも盛り上がれる”と、ブログ立ち上げが決まりました」

えり子さん「たしか、きちんと社会人をしつつも、趣味を思いっきり楽しみたい! っていう理由でしたよね。そのためにも、共通の趣味を持つ人ともっと繋がれたら、いろいろな情報を交換できたらいいな、という思いで始めました」

ゆかさん「だから、ブログのタイトルも『昼は社畜・夜はプリンセス』なんです。どんなに辛い社畜生活を送っていても、夜だけは王子様に愛されるプリンセスでありたい。そういう願いを込めています。幸い私たちはふたりなので、乙女ゲームに対する私たちのこのような会話を楽しんでいただければ嬉しいです。大好きな『うた☆プリ』シリーズの歌詞に”一度きりの人生を楽しもう”というフレーズが多くあるんです。これを聴いた時、あぁ…本当にそうだなぁと思って。辛い現実でも生きていかなきゃいけないから。私が私として生きていられるのは、今だけだから。それなら思いっきり楽しいことをしよう! 大好きなこと、めいっぱいしていこう! っていう思いもあって、このブログと生きる日々を満喫しています」

えり子さん「あと、私たちみたいに日中の愚痴とかブラックな面まで伝えている乙女ゲームブロガーの方は、あまりいらっしゃらないんじゃないでしょうか(笑)。でも、世の中にはそんな女性が多いだろうし、こういう面にも共感していただければ幸いです。これからも社畜な環境でもふたりで少しずつ情報を集めて、いろいろなジャンルの話題を増やしていければと思っています!」

主婦の颯夜さんは、他のブロガーよりも年齢が少し上ということもあり、多くのプレイヤーに安心感を与えたいという。

颯夜さん「これまで家の中では堂々と、世間様にはこそこそと楽しんできた乙女ゲームでしたが、大好きな『遙かなる時空の中で3』がフルボイス化されたリメイク版を発売する、というニュースを聞いたとき、いままでにないぐらい気持ちが舞い上がって浮かれて、どうにも収拾がつかなくなってしまったので、ならばこの機会に“乙女ゲーム好きのおばちゃん”を堂々と楽しんでしまおうかな、とブログを始めました。乙女ゲームが大好き! でも周りにそういう人はなかなかいない……という同年代の方もたくさんいらっしゃると思いますので、おばちゃんがおばちゃんのまま乙女ゲームやオタク活動を愉しみ、乙女なことも、そうでないことも、書きたいことをありのままに書いてウハウハ悦んでいるところを見てもらって、ここにいたー! と思ってもらえたらいいですね♪」

皆さんの活動は素晴らしい。たとえ身近に話ができる相手がいなくても、それぞれのブログを訪れて熱意に触れれば、さらに乙女ゲームを楽しめそうだ。明日はついに最終回。この記事は男子禁制!? なのに男性へのメッセージをいただいた!

<3日目 りな子’s choice>

周囲に乙女ゲームをプレイしていることを隠していること、そして“ネタバレをしない”という配慮があるからこそ、作品と向き合う際に“自分が感じたこと”を大切にしているりな子さん。乙女ゲーム以外のジャンルもプレイしている経験からか、鋭い洞察力で客観的に分析している点も素晴らしい。

▲りな子さんイチオシのシリーズ。写真左は『薄桜鬼 真改 風ノ章』、右は『薄桜鬼 真改 華ノ章』(オトメイト)

▲りな子さんイチオシのシリーズ。写真左は『薄桜鬼 真改 風ノ章』、右は『薄桜鬼 真改 華ノ章』(オトメイト)

▲りな子さんからコメントをいただいた。「私の積みゲー・お気に入り作品の乙女スペースです(笑) 基本的に、プレイした後は全力で好きなタイトル以外は売ってしまいますが、ここには全力で好きな作品と借りてるものなど乙女系のゲームやCDなどがギュウギュウに詰まっています。一度売ったけど買い戻したり、PS Vita移植前のPC作品を買い集めたりしていたら棚に入りきらなくなり、押入れを改造して乙女棚を作りました(笑) たまにここを眺めてニヤニヤするのも楽しみのひとつです(笑)」

▲りな子さんからコメントをいただいた。「私の積みゲー・お気に入り作品の乙女スペースです(笑) 基本的に、プレイした後は全力で好きなタイトル以外は売ってしまいますが、ここには全力で好きな作品と借りてるものなど乙女系のゲームやCDなどがギュウギュウに詰まっています。一度売ったけど買い戻したり、PS Vita移植前のPC作品を買い集めたりしていたら棚に入りきらなくなり、押入れを改造して乙女棚を作りました(笑) たまにここを眺めてニヤニヤするのも楽しみのひとつです(笑)」

『薄桜鬼』シリーズオフィシャルサイト http://www.hakuoki.jp/
©IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY


ぶぅ子の部屋 http://yaplog.jp/nsbuuu/

作品の内容を的確に評価し、シナリオや糖度、スチルなどを5つ星で採点。多くのプレイヤーの指標となっている。

りな子の独り言。 http://rinako95.blog.fc2.com/

作品を隅々までプレイ。どの記事もかなりの長文で書かれており、作品への愛の深さを感じるブログを展開。

OT*おば でいず.・* http://yaplog.jp/souyann/

プレイした作品はシナリオ、キャラクター、萌えなどの要素を5つ星で評価し、培われた審美眼でゲーム内容を深く考察。

わくわく♡乙女ゲーム談義 *昼は社畜・夜はプリンセス* http://wakudan.seesaa.net/

乙女ゲームの最新ネタや感想をOLふたり組が対談形式で熱く語る。イベント、ライブレポート、声優情報も盛りだくさん。

薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会


人気ブロガーさんへのその他のインタビュー
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ①
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ②
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ④

vol.4
vol.5
vol.6

編集部のおすすめ