男子禁制!? 乙女ゲームの世界  vol. 6

Report

乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ④

乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ④

4日間に渡って、人気ブロガーのアンケートを紹介してきた本稿も最終回。思い返せば、皆さんにアクセスするまでが大変だったが、そのあとも大変だった。考えていること、想い、希望のすべてを書いて送っていただいた結果、その分量は予想を超えた。1本の原稿は16000文字を超え、1回で公開すると読者の時間も負担も増えてしまう。それゆえ、4回の連載を決定した次第だが、皆さんの活動と意識は停滞せず、さらに増量している。また機会があったら、皆さんにお会いしたい!

取材・文 / エンタメステーション編集部


人気ブロガーさんへのその他のインタビュー
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ①
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ②
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ③


男性たちに訴えたいことって……!?

 多くのゲームに触れ、長い時間をかけてプレイしてきた皆さんから抽出したのは、オススメのタイトル。評価の基準のひとつは比較本数。暫定1位作品が入れ替わっていたのか、不動の1位作品が存在するのか。みなさんがいろいろな対象の読者に向けて、多くの作品から選んでくれた。そして、多くの乙女ゲームファンの声を代弁した、男性へのメッセージもお届けする。

enquête 7. 乙女ゲーム未プレイの方にオススメしたい作品は?

 乙女ゲームを熟知している皆さんに、初心者からでも楽しめる作品を教えてもらった。オススメのポイントも聞いたので、初心者だけでなく、乙女ゲームファンの方も未プレイの作品があればぜひプレイをしてみてほしい。珠玉といえる作品の数々を公開。

ぶぅ子さん 

『三国恋戦記~オトメの兵法!~』(※1)

「主人公が本の中にタイムスリップをして、三国志の武将と出会い恋をするという内容です。三国志は有名ですし、世界設定的にもかなり引き込まれやすく、乙女ゲームを初めてプレイする方でもすぐに楽しめると思い選びました。恋のお相手も10人いるので、必ず自分の好みのキャラが現れると思いますよ♪」

『Princess Arthur(プリンセス・アーサー)』(※2)

「“もしアーサー王が少女だったら……”というお話で、庶民である主人公が聖剣に選ばれて王となるために、葛藤し、成長して、その中で恋をする過程がたまらなくいいです!! この作品はPSP版なので、PS Vitaに移植してほしいと願うくらい、かなりオススメ作品です。恋の相手も騎士様+魔法使いと幅広く、物語とともに恋愛面ものめり込めると思い選びました!」

『黒蝶のサイケデリカ』(※3)

「ほかの作品に比べると恋愛要素は薄いですが、それでも私はシナリオや世界設定がとてもすばらしいと思うので、ゴリ推ししたいくらいオススメの作品です。記憶を失くしたキャラたちが、とある館で出会い、物語が進んでいくのですが、もう話の展開がすごいのなんの……。少しでも気になる方は是非とも自分の目で先の展開を確かめてほしいです! ゲームのシステムはフローチャートに沿って物語を進めていくタイプの作品なので、初心者の方にも攻略しやすいと思います。主人公にも声が付いてていいですよ♡」

りな子さん「好きな作品はたくさんありますし、オススメしたいものも数多くあるのでとても難しいですが、私以外にも乙女ゲームを始めたきっかけの作品は『薄桜鬼』という方が多いので、『薄桜鬼』シリーズをオススメします。恋愛面でも受け入れやすい糖度だと思いますし、切ない部分もありますが、物語の内容がおもしろいと思いますので」

颯夜さん 

『Code:Realize ~創世の姫君~』(※4)

「まず、絵が綺麗です。また、選択肢を選ぶことで進行するオーソドックスなシステムのゲームですので、プレイのし易さがあります。そしてヒロインがいい。壮絶な事情を抱えた娘ですが、素直で健気で強く、ビジュアルも可愛いので応援したくなります。もちろん、攻略キャラたちも全員が魅力的です。シリアスな内容ですが、キャラやストーリーに大きなクセがなく、最後はハッピーエンドですし感動できる内容です。エンディング後のファンディスクも出ているので、続けてプレイすれば2倍の幸せが味わえると思います」

『遙かなる時空の中で3 Ultimate』

「RPGはプレイするけれど乙女ゲームは初めて、という方にオススメです。いちばんのオススメポイントは、源平合戦をモチーフにした龍神と神子と八葉の深く作り込まれたシナリオですが、“戦闘モード”があるので、スキルアップや術や技集め等、やり込みも楽しめます」

『薄桜鬼 真改 風ノ章&華ノ章』(※5)

「あえて男性にオススメします。ヒロインとイケメンが甘い恋愛を展開するだけが乙女ゲームではない、ということを知らしめる内容です。幕末と新選組が題材の、恋愛よりも“生き様”に重きを置いたシナリオなので、男性がプレイされても“燃え”ると思います。実際、うちの息子はプレイしてハマっていました」

ゆかさん「やっぱり、いちばんのオススメは『うた☆プリ』ですね! プレイヤーを選ばず、誰でも幸せな気持ちを味わえると思います。少女漫画と似たようなものですよ。それに、声と選択肢と色が付いて、マルチエンディングになったもの。……って考えたら、俄然こっちのほうがよく思えませんか? しかも、よくぞこの11人を迎えてくれたという、完璧なキャスティング!」

えり子さん「私も同じですが、あえてゆかさんと違う作品を上げるとすれば『Collar×Malice』(※6)! つい最近プレイしましたが、休日に連日徹夜するほどハマったゲームに久しぶりに出会えました。先の見えない展開、キャラクターごとにまったく違う恋愛感、そして衝撃の結末……。とくに私みたいな社会人の方に、ぜひプレイしていただきたいです。ファンタジー作品が多い中の警察官のお話で、仕事が終わったあとに飲みに行ったり、一緒に帰ったり……比較的現実に近いので共感しやすいと思います!」

ゆかさん「『Collar×Malice』はむず痒くなりすぎない大人の恋愛で、サスペンスと甘酸っぱさの両立が魅力。もうひとつオススメなのが『AMNESIA』(※7)。記憶喪失になってしまった大学生のお話ですが、記憶を失くした状態で恋愛するなんて……現実じゃ絶対あり得ないじゃないですか。探り探り生きるんです。だからこそ新鮮で、話の展開に惹かれる。何より、毎朝6時起きを強いられる社会人が、平日に毎晩2時までプレイしたって言ったら……それだけで説得力ありません?(笑) あとは『Code:Realize~創世の姫君~』。泥棒に奪われる喜び、あなたも感じてみませんか? イギリスが舞台だから、異国の趣も楽しめます。個性が強い泥棒の一味になるなんて、とても刺激的でワクワクしました。笑えるところと泣けるところの切り替えも絶妙。4月末に行われるイベントにも参加しますが、いまからすごく楽しみです!」

えり子さん「こう考えると素敵な作品ばかりで選べない! 私も以前は“恋愛だけを楽しむゲーム”というイメージがあり、似たような展開に飽きてしまわないか? とか、セリフをずっと読むだけなのは苦手……とか思っていましたが、そんなことない! どの作品も物語がすごく練られていて、同じ作品の中でもルートごとにストーリーがまったく違うので、どんどん進められると思います」


※1 三国志に似た異世界にタイムスリップした主人公が、孔明の弟子となって乱世に巻き込まれていく。/Daisy2

※2 聖剣を手にした主人公が王として戦場に立ちつつ、剣士や騎士たちの力を借りて運命を切り開いていく。/オトメイト

※3 化け物が巣くう洋館を舞台に、謎の少年たちと洋館に仕掛けられた謎を解き明かしていく。/オトメイト

※4 全身に猛毒を宿す少女が、アルセーヌ・ルパンに導かれ、機鋼都市ロンドンでさまざまな謎に立ち向かっていく。/オトメイト

※5 『薄桜鬼』に新規シナリオやキャラクターを追加したリメイク作品。京を舞台にした『風ノ章』、京を出て幕末の最後までを描いた『華ノ章』の2本立て。/オトメイト

※6 連続凶悪事件の発生によって危険な街と化した新宿を舞台に、警察官として働く主人公が探偵事務所を拠点に活躍するキャラクターたちとともに事件解明を目指す。/オトメイト

※7 記憶喪失の主人公が精霊と名乗る少年の力を借り、恋人らしき“彼”との触れ合いのなかで記憶を取り戻すために奮闘していく。/オトメイト

enquête 8. 男性に訴えたい、乙女ゲームプレイヤーの主張をお願いします。

最後に。本企画では毎回“男子禁制!?”と謳っているが、この文句に釣られて男性も多く読んでおられる。じつは、男性の覗きたい興味(失礼!)を煽って読んでもらうためにこの文句にしたのだ。完全な遮断ではない意味で、”?”マークを入れている。記事を読んでもらい、乙女ゲームへの理解を得てもらえればと編集部は願っている。その参考になるかと思い、ブロガーの皆さんに乙女ゲームプレイヤーとして“男性に訴えたいこと”を伺った。

ぶぅ子さん「男性でも楽しめる乙女ゲーム作品はたくさんあると思うので、多くの男性陣にも手に取ってプレイしてほしいです。女性のプレイヤーでも攻略したいと思わせる可愛い主人公がいっぱいいるので、自分の好きなタイプの主人公を見つけたら、まずはロックオンしてください! そして、その乙女ゲーム作品を手にしてほしいです♡ 男性でも萌え転がりたくなるシーンが必ずあると思いますから!! ここ、大事なので伝えときます!(笑)  また、シナリオを重視できる作品も多く存在するので、少しでも世界設定や物語が気になるって作品があったら、ぜひとも乙女ゲームに挑んでほしいです!! 」

颯夜さん「女性(乙女ゲームプレイヤー)にとっての乙女ゲームは、男性にとっての……たとえば任侠や格闘、シミュレーションゲームと似たような価値的位置ではないかな、と思うのです。拳を交えて男の強さを極めるという男性的な願望をゲームの中で満たすのと、乙女ゲーマーがゲームの中で満たす願望とは種類が違うだけで価値の意味は同じ……って、少し無理がありますか?(笑) 主張、というほど大げさなものではないのですが、いまは乙女ゲームというジャンルはひとつの確立された文化に近く、文化ならば女性だけのものではない、と思うのです。女性でも格闘ゲームを好む人がいますので、ゲーマー男性も乙女ゲームを一度手に取ってみてはどうかと。我が家の息子は乙女ゲームもプレイしますし、作品によっては私よりもハマっています……(汗)。主人公が必ず女の子という特徴はありますが、乙女ゲームといっても大抵のものはただただ甘いだけではない、奥深いストーリーが作り込まれているので、きっと男性にとってもどこかに共感できる部分があると思います。恋愛だけが乙女ゲームではないですから」

ぶぅ子さん、颯夜さんはさっそく説得力のある主張。ただただ、好きだからプレイして! というゴリ押しではなく、乙女ゲームの価値を知っているからの迫力を伴っている。最後に、OLコンビのゆかさん&えり子さんの掛け合いは、包容力まで感じてしまう。

ゆかさん「そんな趣味の女なんて嫌だ……ってお思いの男性諸君。よく考えてみてください。私たち乙女ゲーマーほど、さまざまな男性の気持ちを理解している女の子なんていませんよ。そして受け入れられる男性のタイプの幅も広がっているから、けっこう寛容だと思うのですが……どうかな?」

えり子さん「逆にイケメンを見すぎていますからね…….そこはどうでしょう。でも、乙女ゲームをしているからって、現実と比べたりしないので引かないでほしい(笑)。男性だって好きなアイドルがいるように、私たちもイケメンと恋したい!」

ゆかさん「ゲームの中で素敵な男性を見すぎて、目が肥えているっていうのはあるかもしれませんね(笑)。あとはデートもいろいろ経験済みだから、求めるレベルも高いかもしれない。なぁんて、ちゃんと現実とゲームの中が違うことくらいはわかっておりますので、現実の男性にそこまでのものは期待しない気もします。ふつうの女の子より、歴史とか星座とか童話とか作品に出てきたものの知識が無駄に豊富だから、話し相手にいいですよ。女友だちとして恋愛のアドバイスはあらゆる角度からできますので、最適だと思います!」

えり子さん「作品から雑学を得ることは多いですよね。”こういうときに女の子はこう言ってほしいはず!”っていうのもわかるかも。そして男性でも乙女ゲーム、好きな人はハマると思いますけどね! じつは少女漫画好き! という男性にはぜひ乙女ゲームもプレイしていただきたい」

ゆかさん「あと“オタク=汚い”みたいな認識も間違い。乙女はキャラクターたちにふさわしくあるために、オシャレに人一倍気を遣うものなのです」

えり子さん「最近はとくに、オタクでも可愛い子が増えていますよね! イベントとかライブに参戦するたびに新しい服を買って、美容院とかも行っちゃいますし」

 りな子さんは「特にないです」とのひと言。こういう厳しさも意見のひとつ、と思い詳しくお聞きすると、交際されているパートナーの方が特に頓着することもなく、りな子さんのパーソナリティーとして受け入れていらっしゃるとのこと。おふたりとも広くエンターテインメントの趣味をお持ちだから、自然体の関係になれるのだろう。ほかの皆さまのプライベートはお聞きしなかった。ご結婚されている方もいらっしゃるし、パートナーがいらっしゃるかもしれないが、あくまでも乙女ゲームファンの女性たちの主張を代弁していただいた次第。

以上の意見を読んだ男性たちの受け取りかたは任せるが、自分の女友だちやパートナーがプレイをしているなら、何を求めているか、それを知るチャンスかもしれない。パートナーである自身に足りない要素を補充している可能性があるかも? 

皆さんの熱のこもった意見は、男性だけでなく乙女ゲームをプレイしたことのない女性の胸にも響くはず。彼女たちの意見のとおり、乙女ゲームは目も意識も磨かれた女性が満足してプレイできるように設定や物語がとても細密に構築されている。この機会にぜひ、手に取ってみてはいかがだろうか。

よく、“女性は共感を求める生き物”といわれるが、ブロガーが綴った言葉が多くのプレイヤーの目に留まることで「わかる!」という一体感が生まれ、それが両者にとって乙女ゲームをプレイするモチベーションにもなっている。乙女ゲーム未プレイの方、あるいは身近に乙女ゲームについて話せる仲間がいないという方は、今回紹介したブログに訪れてみてはいかがだろうか。

<4日目 ゆか&えり子’s choice>

趣味を同じくするふたりだからこそお互いを高め合い、さらに乙女ゲームへの思いを加速させている、ゆかさん&えり子さん。ひとりでは一方通行になる思考や不安な思いも、会話をすることで解消され、新たな発見へとつながっているようだ。ライブやイベントにも積極的に足を運んでいるそうなので、彼女たちの“乙女の輪”に入れば、作品愛がさらに深まりそう。

▲こちらは、『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat』のリメイク版となる、『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE』(ブロッコリー)

▲こちらは、『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat』のリメイク版となる、『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE』(ブロッコリー)

▲ゆかさん曰く、「持っている乙女ゲームを積んでみました。PS Vitaのソフトは、すべて社会人になってから購入したものです。注目すべきは、徐々に通常版から限定版という、特典付きのソフトの購入が増えていること。金銭的自由を得たら、趣味に拍車がかかってきました(笑)。自分で頑張って働いて稼いだお金を、乙女ゲームに使って癒される。この、自分で幸せを掴み取るような感じが好きです。ゲームの山を後ろから見守るのは、大好きな『うたの☆プリンスさまっ♪』の来栖 翔です」とのこと。

▲ゆかさん曰く、「持っている乙女ゲームを積んでみました。PS Vitaのソフトは、すべて社会人になってから購入したものです。注目すべきは、徐々に通常版から限定版という、特典付きのソフトの購入が増えていること。金銭的自由を得たら、趣味に拍車がかかってきました(笑)。自分で頑張って働いて稼いだお金を、乙女ゲームに使って癒される。この、自分で幸せを掴み取るような感じが好きです。ゲームの山を後ろから見守るのは、大好きな『うたの☆プリンスさまっ♪』の来栖 翔です」とのこと。

▲「ふたりで一緒に行った『うたの☆プリンスさまっ♪』のライブの際に購入した、ライブグッズの数々。ライブ限定のグッズと言われると、弱いんです(笑)。“モノより思い出“という言葉もありますが、モノも思い出も欲しいのが、私たち乙女ゲーマー」とてもわかりやすい自己分析^^

▲「ふたりで一緒に行った『うたの☆プリンスさまっ♪』のライブの際に購入した、ライブグッズの数々。ライブ限定のグッズと言われると、弱いんです(笑)。“モノより思い出“という言葉もありますが、モノも思い出も欲しいのが、私たち乙女ゲーマー」とてもわかりやすい自己分析^^

『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズオフィシャルサイトhttp://www.utapri.com/


うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE


ぶぅ子の部屋 http://yaplog.jp/nsbuuu/

作品の内容を的確に評価し、シナリオや糖度、スチルなどを5つ星で採点。多くのプレイヤーの指標となっている。

りな子の独り言。 http://rinako95.blog.fc2.com/

作品を隅々までプレイ。どの記事もかなりの長文で書かれており、作品への愛の深さを感じるブログを展開。

OT*おば でいず.・* http://yaplog.jp/souyann/

プレイした作品はシナリオ、キャラクター、萌えなどの要素を5つ星で評価し、培われた審美眼でゲーム内容を深く考察。

わくわく♡乙女ゲーム談義 *昼は社畜・夜はプリンセス* http://wakudan.seesaa.net/

乙女ゲームの最新ネタや感想をOLふたり組が対談形式で熱く語る。イベント、ライブレポート、声優情報も盛りだくさん。


人気ブロガーさんへのその他のインタビュー
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ①
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ②
乙女ゲームを愛するブロガーたちの本気のハナシ③

vol.5
vol.6
vol.7