Interview

赤色のグリッター。赤裸々の感情を核に進化するバンドが編んだ、『セツナ』の世界とは?

赤色のグリッター。赤裸々の感情を核に進化するバンドが編んだ、『セツナ』の世界とは?

2012年に千葉県柏市で生まれたこのバンドは、何度かのメンバー・チェンジを経て体制を整え、さらにはライブの現場でバンドとしての地力を蓄え、いよいよ自分たちの表現の核にあるものを見据えた作品を届けてくれた。『セツナ』と題された、彼らにとって3枚目となるミニアルバムは、将来そのキャリアを振り返ったとき、ひとつのメルクマールになるだろう。
ここでは、メンバー全員にここに至るまでの過程を振り返ってもらうとともに、その音楽作りの作法や新作への思いを語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史


メンバーそれぞれの個性がすごく強くて、聴いてきた音楽もそれぞれ違うから、そういう個性の違いがフレーズを作っていく中ではすごく出てくるなと

佐藤さんと鈴木さんがオリジナル・メンバーということになりますが、このバンドを始めるときにはバンドの理想像とか音楽性について何か話しましたか。

佐藤 なかったよね?

鈴木 まったくないですね。

佐藤 僕としては、僕が作る曲についてきてくれてるというイメージでした。

それは、メンバー・チェンジを経て、いまも変わらないですか。

佐藤 そうですね。それに、意見を言ってきたとしても、僕は柔軟性が大事だと思ってるんで、「オレは、これはやりたいから」と突っ張るのではなく、どっちがいいんだろうな?とよく検討してやっていきます。

佐藤リョウスケ(Vo.G)

クラカズさんがこのバンドに加わるときには、このバンドに対してどういう印象を持っていたんですか。

クラカズ 僕が初めて赤色のグリッターのライブを見たときは、すごく歌は良かったんですけど、バンドとしてまだまだだなあと思ったんです。メンバー同士の一体感がなくて、ワンマン・バンドというか、バンドとしてのバランスがあまり良くないなあと感じたんですけど、実際に入ってみると、当時のバンドの状況はあまり良くなかったんですよね。でも、リョウスケが作ってくる曲はずっといいなと思ってましたし、その後に明日香が入ってやっとバンドとして固まった感じがしました。

その明日香さんは、このバンドに入るときにはどういう印象だったんですか。

渡辺 わたしが入ったのはまだ高校生のときですけど、やっぱり高校生の音だなあという印象はありました。ボーカルはとても力強くて印象的だなあということは思っていましたけど。それで、実際に入ってみると、メンバーそれぞれの個性がすごく強くて、聴いてきた音楽もそれぞれ違うから、そういう個性の違いがフレーズを作っていく中ではすごく出てくるなということは感じていました。

クラカズさんから「渡辺さんが入って、バンドとして固まった」という話がありましたが、その「バンドとして固まった」感を実感した、印象に残っている場面やタイミングはありますか。

佐藤 僕が明日香と初めて会ったのは確かファミレスだったんですけど、そこでその4人としての赤色のグリッターの像が見えたというか、4人で演奏してる姿をイメージすることができたんですよ。僕のなかでは、そこだったかもしれないですね。実際、その後ライブしてると、デジャヴみたいな感じることがありますから。

鈴木 僕は去年5月に初めてワンマンをやったときですかね。このメンバーになって2年くらい経ってたんですけど、自分達のためだけにお客さんもたくさん集まってくれて、“間違ってなかったなあ”と強く思いました。

鈴木陸生(G.cho)

クラカズさんは、メンバー同士の一体感にもの足りなさを感じながら加入したという話でしたが、その後に渡辺さんが加入していよいよバンドが固まっていくなかで、バンド感を高めるように特に意識して振舞ったり発言したりということはあったんですか。

クラカズ はっきりとそういう意志を出して行動していたつもりはないんですけど、ただこの4人は友達同士で集まったというわけではなくて、赤色のグリッターをやるために集まった4人だから、音源の制作を進めたりライブをやったりしていくなかで、各々が意見を言い合って自然とそういう感覚は深まっていったように思います。

曲自体はいつも突拍子もないところから生まれてくるんですよ。例えば“面倒くせぇな”と思ったときに鼻歌を歌ったらそういう曲ができてきたり…

曲作りはどういうふうに進めていくんですか。

佐藤 僕が最初にデモ音源を作って、それをみんなに聴かせてスタジオで揉んで、さらに今回はプロデューサーも交えてプリプロをやりました。

デモ音源は、弾き語り程度のものではなくて、バンドのアンサンブルのイメージまでわかるものを聴かせるんですね。

佐藤 そうですね。

それは、どの曲もそうなんですか。

佐藤 今回の『セツナ』からですね。いままではアコギでデモを作ってたんですけど、でも曲自体はいつも突拍子もないところから生まれてくるんですよ。例えば“面倒くせぇな”と思ったときに鼻歌を歌ったらそういう曲ができてきたり…。だから、いろんな角度から曲を作るということをやってて、そのなかには楽器を使わないで作ったりもしてたんですけど、そうしてるうちにバンド音源を作るところからやってみるのもいいかなと思ったんです。それで、実際にやってみたら、そのやり方だと曲が無限に作れるような感じがしたんです。今まではアコギ1本で作るのが自分のスタイルだと思ってたんですけど、やっと本当の自分のスタイルをみつけたって思いました。

佐藤さんは、「みんなの意見はどんどん受け付けます」というスタンスだというお話ですが、デモを聴いてメンバーからダメ出しが出たりすることはあるんですか。

渡辺 歌詞についてはあまり言わないですけど、曲の構成やアレンジについてはけっこう言いますよ。

そこで言われたことについて、佐藤さんはひとつひとつ対応するんですか。

佐藤 そうですね。だって、例えばある曲の構成についてメンバーの誰かが「サビがもう1回あったほうがいい」と感じたとして、同じように感じる人が世界中に絶対いると思うんです。それが4人でやってる理由のひとつでもあって、僕一人でやってたらその考えには至らなかったわけじゃないですか。結果として、もう1回サビを付けるかそのままにするかは僕が決めるにしても、どちらかがいいか考えるということは必ずやってますね。

そういうふうに曲の形や内容をいろいろ考えていく過程で、赤色のグリッターらしさということはどれくらい意識しますか。

佐藤 僕はしないですね。僕が気持ちのいいメロディだと思うか、かっこいいと感じるかというところで作ってます。

例えば鼻歌を歌っていて浮かんだメロディが、いままでの自分たちの音楽とはずいぶん違う感じだったとしても、それがすごく気持ち良かったりかっこよかったらそれでいい、ということですね。

佐藤 それでいいというか、いままでとどんなに違う感じでも、僕のなかの核となるものは絶対に入っていると思うから。だから、浮かんだときにちょっと違う感じがしたとしても、出来上がったら“赤グリ、変わったなあ”と思われるようなものにはならないと思います。

その「僕のなかの核となるもの」は、佐藤さん自身はどういうものだと感じていますか。

佐藤 それはやっぱり赤裸々の感情というか…。曲の形はいろいろだけれど、同じ種類のことというか、そういうものだと僕は信じているので、そこが核といか、ずっと変わっていないと思います。

歌い始めたときからずっと“セツナ”を歌ってて、多分この先もずっと“セツナ”を歌っていきたいなと思っています

今回の作品については、作り始めるときにはどんなものにしようと考えていたんですか。

佐藤 僕らがアルバムを作るときには、その時点である新曲の中から良いものを6曲なら6曲選んでまとめるという作り方なんですね。だから、『セツナ』というものを作ろうと思って、この6曲ができたわけじゃなくて、この6曲でできたアルバムを『セツナ』と呼んだという感じです。

では、今回の制作に入る時点での新曲のなかのベスト6がこれ、という感じですか。

佐藤 そうですね。ただ、そのなかで僕達なりのドロッとした曲と爽やかで軽快な感じの曲、それにミディアムかバラードっていう3種類をアルバムのなかに収めたくて、そういう意味でのバランスを考えたところはありました。

渡辺明日香(Ba.cho)

今回のアルバムのなかで、特に印象深い曲を1曲あげるとすると?

渡辺 全曲とも本当に自分のやりたいようにやれたんですが、特に「カーテン」は曲の印象があまりバンドっぽくないというか、歌メロがあって、それに対してギターとベースとドラムもメロディが奏でられるような感じの曲だとわたしは思って、だから自分が気持ちいいフレーズをどんどん入れていったので「カーテン」は特に楽しかったです。

クラカズ このアルバムの制作を通して特に意識していたのは曲の情景が浮かびやすいドラム・ビートというか、絵を描くようなイメージでドラムを叩きたいなと思ってたんです。それがいちばんできたのは「海月」かなと思っていて、リョウスケが持ってきたデモに対して自分が感じたイメージを絵にするような感覚でやれたんですよね。

クラカズ ヒデユキ(Dr.cho)

鈴木 僕も、「海月」はギターとしての自分の意志がいちばんよく出てると思いますね。

その「海月」のMVは、リョウスケさん初監督作品ということですね。このアルバムの収録曲では「愛のジレンマ」のMVがあるわけですが、それでもこの曲は自分で作ってみたくなったわけですか。

佐藤 この曲はライブで演奏してても、いままでの僕たちの曲にはなかったノリというか、タテのドゥルッとしたグルーヴで、「赤色のグリッターはこういうのもできるよ」ということを提示したかったんですけど、映像については高校時代から自分で映像を作るのは好きだったんで、いつか自分でやってみたいなと思ってたんです。自分がイメージしている景色を、曲だけじゃなく映像でもリスナーに伝えられるわけだから。で、実際に作って“こういう伝え方もあるんだな”とあらためて思ったし、できたときは本当にうれしかったですね。

アルバムのタイトルはどのタイミングは決めたんですか。

佐藤 レコーディングし終わってからですね。

渡辺 ホントの最後に決めたよね。この言葉をポンとリョウスケが出してきたんですけど。

それは、どういう思いから出た言葉ですか。

佐藤 人間って、生まれた瞬間に死ぬということが決まるじゃないですか。それ自体に僕は切なさを覚えていて、そのなかで誰かに恋をしてみたり、悲しんでみたり、ちょっと無理して笑ってみたり、いろんな感情があるわけで、そのことを僕は歌ってるんですよね。過去を振り返るにしても、未来を歌うにしても。だから、この気持ちって何んだろう?っていう答えをずっと僕は探してて。で、この6曲を聴いてみると、どの曲にもそれはあてはまるなあと思ったんですけど、それを言葉にすると“セツナ”だなと思って。だから、今回のアルバムのタイトルを『セツナ』にしましたけど、じつは僕が歌い始めたときからずっと“セツナ”を歌ってて、多分この先もずっと“セツナ”を歌っていきたいなと思っています。

ということは、このアルバムを『セツナ』と決めた時点で、赤色のグリッターの音楽の核となるものもいよいよはっきりしてきたということですね。

佐藤 そう思います。それに、僕がずっと抱えている“この感情って何だろう?”という気持ちがすごくすっきりした気がしています。

4月22日の大阪公演から、名古屋、東京とライブが続きますが、そのツアーに向けていまの気持ちは?

佐藤 お客さんが思ってる“こういうライブをするんだろうな”というのを良い意味で裏切りたいというか、僕らの音楽に初めて出会ったときの驚きとか“好きだな”という感覚をあらためて感じさせたいです。

期待しています。ありがとうございました。

その他の「赤色のグリッター」の作品はこちらへ

ライブ情報

4月22日(土)大阪・梅田Shangri-La
4月23日(日)愛知・名古屋APOLLO BASE
4月29日(土)東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO

赤色のグリッター

佐藤リョウスケ(Vo.G)、鈴木陸生(G.cho)、渡辺明日香(Ba.cho)、クラカズ ヒデユキ(Dr.cho)。2012年12月、千葉県柏市にて結成。メンバー平均年齢21歳。ボーカル・佐藤リョウスケの圧倒的な存在感とボーカリゼーションを最大の武器に、艶やかなギター・サウンドと誠実かつ純粋なリズム・セクションが折り重なり、聴くものの心に鮮やかな爪痕を残す。2013年、SPACE SHOWER主催オーディション「DayDreamBeliever 」、ロッキングオン主催オーディション「RO69JACK」のグランプリを獲得し、スペシャ列伝ツアーオープニングアクトや大型フェスに出演を果たす。2015年12月、1 st フルアルバム『存在証明』をリリース。約30本の全国ツアーをまわり、ファイナル公演は渋谷WWWでワンマン公演。ソールドアウトを記録し、大成功を収めた。

オフィシャルサイトhttp://akaironoglitter.com