Report

三浦宏規「ドリライ見据えて毎公演しっかり」満足度200%のおもてなしで魅せるテニミュ氷帝TEAM Live

三浦宏規「ドリライ見据えて毎公演しっかり」満足度200%のおもてなしで魅せるテニミュ氷帝TEAM Live

本編では見ることのできない各校の素顔が楽しめる〈ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live〉。青学(せいがく)、不動峰、聖ルドルフ、山吹に続き、いよいよ今回は氷帝が登場。ファンからも愛される“チムライ”で、氷のエンペラーはどんな新しい一面を見せてくれるのか。4月12日に行われた〈ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live HYŌTEI〉ゲネプロ&囲み取材の模様を完全レポートする。

取材・文 / 横川良明

今度のチムライは、絢爛華麗な氷帝ファッションショー!

チムライ史上最大規模となるTOKYO DOME CITY HALL。その広大な空間に、氷帝メンバーが降り立つのを、今か今かと待ちわびるなか、モニターに映像が流れ始める。映し出されたのは、「お茶会へようこそ」のメッセージ。その言葉どおり、白亜の洋館でメンバーが優雅にティータイムを楽しんでいる様子が繰り広げられる。そのセレブなひとときを打ち壊すように、彼らのもとに一通のカードが。そこに書かれていたのは、「ここに集まったオーディエンスを最高のファッションショーで喜ばせろ」というミッション。

そう、この〈ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live HYŌTEI〉のテーマはファッションショーだ!

「HYŌTEI COLLECTION 2017」という跡部景吾(三浦宏規)の声とともに、ステージに氷帝メンバー9名が次々と登場。花柄ジャケットをまとったメンバーがステージを颯爽と駆け抜ける様は、ランウェイさながら。一瞬にして、このTOKYO DOME CITY HALLが、パリコレへと変貌する。

ハードテイストのダンスナンバーに合わせて、オープニングから華麗に踊る氷帝メンバー。向日岳人(北乃颯希)が特技のアクロバットを鮮やかにキメると、跡部も負けじとキレのあるダンスを披露。序盤から氷帝らしい風格で会場を魅了した。

オシャレ番長は誰? 白熱のコーデバトル

そして何と言ってもチムライの楽しみは、本編ではなかなか見ることのできない各校のメンバー同士のやりとり。オープニングを終えるや否や、「ファッションショーって柄じゃねえからな」と抵抗する宍戸 亮(小早川俊輔)に、鳳 長太郎(渡辺碧斗)が「この帽子、とっても似合ってますよ!」とすかさずフォロー。恥ずかしがる宍戸がなんとも愛らしい。

日替わりネタも充実している。今回のゲネプロでは、「お花見」をテーマに、忍足侑士(井阪郁巳)・芥川慈郎(田村升吾)ペアと、岳人・宍戸ペアがコーディネートバトルで対決。スタイリスト役の慈郎が忍足のために選んだのは、本人のイメージとは真逆のカラフルなセーター。一方、宍戸は岳人をイメージして、スタッズがびっしりついたパンクな革ジャンをセレクト。忍足は音楽に合わせて、両人差し指を頬に突き立てニッコリポーズをキメるなど、意外にもご満悦の様子。岳人もまるでロッカーになったようにノリノリだ。気になる勝敗の行方は観客の拍手で決まるので、ぜひ気に入ったコーデに目いっぱいの喝采を送って欲しい。

ほかにも、日替わりネタが満載。最も相性が良いペアを競い合うべく、クイズバトルを開戦。問題に対して2人が同じ答えを言ったら正解というゲームに、宍戸・長太郎ペア、慈郎・滝 萩之介(山﨑晶吾)ペア、跡部・樺地崇弘(八巻貴紀)ペアがチャレンジした。「赤くて丸いものは?」というお題に対し、慈郎・滝ペアが両者「リンゴ」と答えて息の合ったところを見せると、回答用に描いたリンゴの絵に対して、跡部から「これ、リンゴというよりゴルフのピンに見えねえか?」と謎クレームが発生! 部長の理不尽すぎるイチャモンに、慈郎もたまらず「知らねえよ!」と猛反発。こんなところでも負けず嫌いなキング・跡部に、部員たちから白い目が送られていた。

これぞ氷帝。優雅に、クールに、会場を圧倒!

そんなワチャワチャトークもありながら、キメるところでしっかりキメるのが氷帝学園だ。歌とダンスは、各自の個性が炸裂し、見応えたっぷり。歴代の『テニミュ』を彩ってきた数々の名曲に、氷帝メンバーがあらたな命を吹き込んだ。

ファッションショーのテーマに合わせ、黄色いジャージに水玉コーデを着こなした慈郎が、テーマパーク風のポップなサウンドで軽快に踊れば、日吉 若(内海啓貴)は赤のチャイナ服を身にまとい、扇子片手に勇壮に舞った。さらに驚きなのが、全身黒のファッションで現れた忍足、宍戸、岳人、慈郎の4人によるパフォーマンスだ。途中、会場が暗転すると、手袋に仕込んだLEDが発色。8つの光源が、暗闇の中を火の玉のように激しく舞うという、趣向を凝らした演出で会場を一気に沸かせてくれた。

見て楽しい、聴いて楽しい『HYOTEI COLLECTION』だが、やっぱりこのメンバーに最も似合うファッションと言えば、ひとつしかない。最後はお馴染みの氷帝ジャージに着替え、『24/365』『シャカリキ・ファイト・ブンブン』『STILL HOT IN MY HEART』の3曲でフィニッシュ。『シャカリキ・ファイト・ブンブン』ではメンバーから直々に振付の指導も入るので、曲に合わせて元気よく手を振りたい。

また、この広大なTOKYO DOME CITY HALLの客席を9人が隅々まで廻ってくれるのも嬉しい演出だ。アリーナはもちろん第3バルコニーにもメンバーが降臨。跡部が! 忍足が! 宍戸が! すぐそばを通り過ぎるその風をダイレクトに体感できるのは、劇場ならではの特権だ。メンバーがそれぞれ交差するときに交わす、ちょっとしたアイコンタクトにも、お互いの関係性が見て取れて微笑ましい。あまりの見どころの多さに、目が2つしかない自分を呪いたくなる!

1時間とは言え、これだけの曲数を踊り切れば息も上がって当然。しかし、観客に向けるその表情は、どんなときも極上のスマイル。額に流れる汗が、スパンコールのように彼らを輝かせる。一瞬の綻びも見せることなく、最初から最後までオーディエンスを楽しませる姿勢に、改めてテニミュの真髄を見た思いがした。きっと、テニミュを愛する多くの人たちが「やっぱりテニミュは最高!」と喜びを爆発させるはずだ。

終演後は“ゴージャスお見送り”も! 満足度200パーセントの60分

ゲネプロ後は、9人を迎えての囲み取材を実施。意気込みを問われた小早川は「一番に楽しんでいただきたいのは、来てくださるお客様」とファンへの想いを宣言。「今回は“ゴージャスお見送り”もあるということで。最後の最後まで楽しんでもらえるようにチームのメンバー全員で一生懸命頑張っていきたいと思います」と、終演後のスペシャル企画である“ゴージャスお見送り”への期待を煽った。

また、内海も「稽古では本当にいろんなことを乗り越えてきました。あとは本番を楽しむだけです。一公演一公演を大事に、集中して、熱量を持って、みんなで楽しみましょう! ありがとうございました!」と開始早々、締めの言葉のような気合いの入りっぷり。これには他メンバーからも「締めんなよ!」と盛大なツッコミが上がっていた。

見どころについては、日替わりシーンについて井阪が「キャストたちでいろいろ話し合って、みんなで試行錯誤して出来上がったもの」と解説。毎ステージ、それぞれ違った内容になるようで、「何度観てもみなさまに楽しんでいただけるTEAM Liveになっていると思います」と胸を張った。

テーマであるファッションショーについて田村は「毎公演、『このキャラがこれを着るのか!』『あのキャラにあれを着てもらいたい!』という衣装が揃っている」と自信の表情。「ライブなんですけど、その中にストーリー性があって、氷帝というチームのカラーがしっかり出ている。最後にはキリッと締まるシーンもあるので、何度も足を運んでいただきたいなと思っております」とアピールした。

締め括りは、やはりこの人、跡部役の三浦。「僕からはひと言……最高に満足させてやるよ」と跡部らしくカッコよくキメるも、恥ずかしさのあまり自ら撃沈。その様子に、他メンバーからもたまらず爆笑が巻き起こった。照れくさそうに頬を赤らめた三浦は「チムライが終わったらドリライ(Dream Live 2017)が控えている」と気を取り直し、「ドリライを見据えて毎公演毎公演しっかりやっていきたいなと思います」とさらなる成長を誓った。

東京公演は4月16日までTOKYO DOME CITY HALLにて、大阪公演は梅田芸術劇場メインホールにて4月23日までの上演。さらに、Blu-ray / DVDが8月3日にリリースされることも決定。残念ながら劇場へ足を運べなかった人たちは、ぜひお茶の間でこの興奮を味わってほしい。

ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live HYŌTEI

【東京公演】2017年4月12日(水)〜4月16日(日)TOKYO DOME CITY HALL
【大阪公演】2017年4月19日(水)〜4月23日(日)梅田芸術劇場メインホール
【原作】許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ コミックス刊)
【出演】跡部景吾 役/三浦宏規 忍足侑士 役/井阪郁巳 宍戸 亮 役/小早川俊輔 向日岳人 役/北乃颯希 芥川慈郎 役/田村升吾 滝 萩之介 役/山﨑晶吾 樺地崇弘 役/八巻貴紀 鳳 長太郎 役/渡辺碧斗 日吉 若 役/内海啓貴

ミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2017

2017年5月26日(金)~28日(日) 横浜アリーナ
※チケット一般発売日:2017年4月23日

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海

【東京公演】2017年7月14日(金)〜7月23日(日)TOKYO DOME CITY HALL
【大阪公演】2017年8月3日(木)〜8月13日(日)大阪メルパルクホール
【愛知公演】2017年8月26日(土)〜8月27日(日)名古屋国際会議場 センチュリーホール
【福岡公演】2017年9月2日(土)〜9月3日(日)福岡サンパレス ホテル&ホール
【宮城公演】2017年9月9日(木)〜9月10日(日)多賀城市民会館 大ホール
【東京凱旋公演】2017年9月22日(金)〜10月1日(日)TOKYO DOME CITY HALL
※チケット一般発売日:2017年6月18日(日)

オフィシャルサイト


電子コミック「テニスの王子様」シリーズ
音楽配信「テニスの王子様」特集

編集部のおすすめ