黒選!メディアコンテンツ研究家・黒川文雄がテーマで選ぶ 3+1  vol. 6

Column

話題の「オープンワールド」、新旧名作ゲーム3+1選

話題の「オープンワールド」、新旧名作ゲーム3+1選

ついに「ゼルダの伝説」もオープンワールドの世界へ

「ゼルダの伝説~ブレス オブ ザ ワイルド~」
発売日は新型ゲーム機スイッチと同日の2017年3月3日になりました。

本作はスイッチ版とWiiU版の2機種で発売されています。

WiiU最後のパッケージタイトルとして、そしてスイッチでは最初のタイトルとしてリリースされた極めて稀なタイトルなのです。

1986年にファミコンディスクシステムで発売された「ゼルダの伝説」も、ついにオープンワールド・ゲームになり、リンクが自由自在、縦横無尽にフィールドを駆け巡ることが魅力です。

しかし、今作の「ゼルダの伝説」は一度2D画面で開発制作し、オープンワールドの3D化をさせて、全体のイメージをスタッフで共有する制作方法を採用した事でも注目された作品です。

オープンワールド・ゲームを作るにあたって、ファミコンのような2Dで一度制作するというスタイルは珍しく、スタッフ全員がゼルダの伝説を遊び尽くす時間まで用意して、ゲームの完成度を高めたというものでその完成度は非常に高いと思います。

そんな丁寧に作り込まれた「ゼルダの伝説~ブレス オブ ザ ワイルド~」は、発売から3日間で約19.3万本の売り上げを記録しています。

「・・・・目を覚まして・・・・」という謎の呼び声から物語は始まり、目を覚ますとパンツ一丁のセクシーリンクが液体の中から登場。唐突過ぎてビックリな展開ですが、近くに端末らしきものが・・・。

調べるとシーカーストーンというアイテムをゲット、シーカーストーンを手に入れると奥のドアが開き、奥には宝箱が・・・宝箱の中には、古びたシャツ、古びたパンツが入っているという展開、シーカーストーンを端末にかざすと、重い門のような扉が開きリンクはどこからともなく聞こえてくる声に導かれて、ハイラルの世界へ旅立つ…。

シネマティックオープンワールド・ゲームにありがちな、前置きの長いオープニングのシークエンスがないのも特徴です。とにかく唐突で、考えるよりも先に好きなだけ動いてゲームに慣れてしまえ!という感じの展開なのです。

リンクが行くべき目的の場所は、シーカーストーンが示してくれるので、迷う事はなく、始まりの台地と呼ばれる場所からスタート、周りには木々や草原が広がっており、辺りを物色すると、山菜や木の実などを手に入れることが可能です。

初期装備ではリンクは素手なので、このままでは敵と遭遇すると戦えないため、ハイラル平原に落ちている木の枝でとりあえず戦うことになるのですが・・・木の枝だと耐久力が弱いので、数回攻撃すると壊れてしまいます。

辺りを良く調べると、オノやたいまつを見つけることが出来ます。また、敵を倒して剣や盾を入手したり、弓矢を手に入れて、装備を充実させる事も重要なポイントです。

オノは樹木を切る事が出来て丸太に変えることが出来るので、早めに発見した方が良いでしょう。 谷や川で使えば足場にもなるので、よく考えて木を切らないと大変なことになることも・・・。

まさに本作品は、ゲーム内で様々なことが出来る代わりに、使い方を間違えればハンデにもなり得るようになっています。このあたりのバランスは実際にプレイして体感で覚えるしかありません。しかし、それがやりこみ要素にもなるかもしれませんね。

とにかく歩き回って色々な所を調べて行くと、新しい発見の連続で、まるで子供の頃に山の中を冒険するような感覚なのです。

オフィシャルサイトhttps://www.nintendo.co.jp/zelda/


演出やストーリー全てが唐突で、あらゆる所で新たな発見の連続。探検と冒険に満ちた世界で、自由な気持ちで、オープンワールド・ゲームを楽しんでみましょう!

それではよい週末をお過ごしください。SeeYou

文 / 黒川文雄 イラスト / みかみ


著者プロフィール:黒川文雄(くろかわ・ふみお)

1960年、東京都生まれ。
音楽ビジネス、ギャガにて映画・映像ビジネス、セガ、デジキューブ、コナミDEにてゲームソフトビジネス、デックスエンタテインメント、NHN Japan(現LINE・NHN PlayArt)にてオンラインゲームコンテンツ、そしてブシロードにてカードゲームビジネスなどエンタテインメントビジネスとコンテンツの表と裏を知りつくすメディアコンテンツ研究家。コラム執筆家。アドバイザー・顧問。黒川メディアコンテンツ研究所・所長。株式会社ジェミニエンタテインメント代表。
黒川塾主宰。ゲームコンテンツ、映像コンテンツなどプロデュース作多数。
< 1 2 3 4 5
vol.5
vol.6
vol.7