Report

ディズニーの過去と現在と未来がここに!『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』見どころ紹介【後編】

ディズニーの過去と現在と未来がここに!『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』見どころ紹介【後編】

さあ、冒険だ。最新作『モアナと伝説の海』の最先端アニメーションを感じよう

2017年に公開されたディズニー最新作『モアナと伝説の海』は、モアナという一人の少女の孤独と仲間との愛を描いた感動作。
『ピノキオ』や『リトル・マーメイド』でこだわり続けてきた“水”の描写が最先端のCG技術によっていのちを持ったキャラクターのように描かれている。

共同監督の1人であるジョン・マスカーのスケッチなど貴重な資料を展示

カラースクリプト

原画やアニメーションを管理しているディズニーアニメーション・リサーチ・ライブラリーのメアリー・ウォルシュは『モアナと伝説の海』のコンセプトアートの前で「モアナの水の表現力に驚いてください。ただ、私たちは常に進化を続けてきましたが、変わらないテーマが3つあります。説得力のある世界、魅力的なキャラクター、素敵な物語、これらを繋げる作品を作ることだけは変わりません」と語った。

元・宇宙飛行士の毛利衛さんが語るディズニーとの出会い

4月7日に行われたオープニングセレモニーでは、日本科学未来館を代表して館長である毛利衛さんが「ディズニーの夢と希望があったから今の僕がある」と語った。
『モアナと伝説の海』の日本版吹き替えでモアナを演じた屋比久知奈は「私の声がディズニーの歴史に名を残せることが嬉しい」と語り、主題歌である『どこまでも How Far I’ll Go』を生披露した。美しいファルセットが伸びやかな美しい曲で、展覧会のオープニングに華を添えていた。

日本科学未来館・館長 毛利衛さん

『モアナと伝説の海』の日本版吹き替えでモアナを演じた屋比久知奈

観覧の後はショッピング。ここでしか買えないグッズを記念に

ミュージアムショップには会場限定グッズが420点以上も登場。ディズニーの貴重な原画が様々な商品になった。

『蒸気船ウィリー』の1シーンが施されたルートートとのコラボトートバッグ

ぬいぐるみキーチェーン

コンセプト・アートがプリントされたマグカップ

原画やコンセプト・アートのポストカード

展覧会の外では、フォト・スポットと呼ばれるディズニーのキャラクターとチェキ会ができる場所があり、撮影された画像はすぐに展覧会の公式ファイスブックにアップできる。キャラクターは毎月変わるそう。

ディズニーの過去と現在と未来を感じられる素晴らしいアート展。ディズニーを知っているファンにも、これから知るお子さんにも、友達にも、恋人にも伝えてもらいたい、夢と感動の物語。ぜひ一度訪れてみてはいかがだろう。

取材・撮影 / 竹下力

ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法

2017年4月8日(土)〜9月24日(日)

開館時間:10:00〜17:00※入場券の購入および会場への入場は閉館時間の30分前まで
休館日:火曜日※ただし、5月2日、7月25日、8月1日、8日、15日、22日、29日は開館
会場:日本科学未来館 企画展示ゾーン(東京・お台場)
オフィシャルサイトhttp://da2017.jp/

< 1 2