LIVE SHUTTLE  vol. 141

Report

キュウソネコカミ 試練のTAIMAN TOUR東京2日目。グループ魂とのガチンコ・バトル、その結末とは?

キュウソネコカミ 試練のTAIMAN TOUR東京2日目。グループ魂とのガチンコ・バトル、その結末とは?

アンコールでは珍しいセッションがあった。ヤマサキが黄色い筋斗雲に乗って恒例の“客の上を歩くパファーマンス”に入る前に、港カヲルを呼び込み、“グループ魂”の小道具である青いスリッパの形をしたプレートを用意する。港も“客上パファーマンス”をヤル気だ。それを支えるオーディエンスに、ヤマサキが「カヲルさん、100kgはあるよ!」と注意すると、場内は大爆笑の渦になる。キュウソVS魂にしかありえないセッションを会場全員で楽しんだのだった。果たして、これは試練なのか?!(笑)

そして最後の曲は「ハッピーポンコツ」。♪失敗しても大丈夫 愛嬌と礼儀があれば♪と歌うこの名曲が、この日の2バンドの楽しかった総力戦を見事に描き出していた。僕は昨年『弱虫のロック論Ⅱ』という評論集を出したのだが、その本に大きなインスピレーションを与えてくれたのがこの「ハッピーポンコツ」だった。その世界観が、全面的に展開されたイベントだった。あー、このタイマン、見れてよかった~!!

文 / 平山雄一 撮影 / Viola Kam (V’z Twinkle Photography)

キュウソネコカミ

2009年末大学の就活敗残者を中心に兵庫県西宮で結成した5人組ロックバンド。破天荒なステージパフォーマンスとは裏腹に生真面目に活動中。2014年にメジャー進出、“窮鼠猫噛み”の如く強い者に噛みつきながら全力で走っている。2月22日にNHK総合・BSプレミアム連動ドラマ『スリル!〜赤の章・黒の章〜』の主題歌「邪邪邪 VS ジャスティス」を配信シングルとしてリリース。3月23日からは豪華アーティストを迎えて“試練のTAIMAN TOUR 2017”を開催。4月26日には初のライヴアルバムにしてCD3枚組・全53曲収録という驚愕のボリューム「キュウソネコカミ-THE LIVE-DMCC REAL ONEMAN TOUR 2016/2017 ボロボロ バキバキ クルットゥー」をリリース。2017年も多数のイベント・フェスに出演。

オフィシャルサイトhttp://kyusonekokami.com

その他のキュウソネコカミの作品はこちらへ

< 1 2 3
vol.140
vol.141
vol.142