Interview

MAG!C☆PRINCEが新曲『UPDATE』から見ている未来像とは?

MAG!C☆PRINCEが新曲『UPDATE』から見ている未来像とは?

東海エリアを拠点に活動を重ね、着々と全国からの熱い支持を集めるようになっている5人組男性アイドルグループMAG!C☆PRINCE。今年の1月に1stアルバム『111』をリリースして以降もライブ、イベント、舞台、テレビ番組など、活躍の場を広げている彼らが、4thシングル『UPDATE』をリリースした。これまでのシングルのタイトル曲とは雰囲気が変わり、大人っぽい表情を見せる「UPDATE」を、メンバーたちはどのように感じているのだろうか? 平野泰新、大城光、永田薫、西岡健吾、阿部周平に語ってもらった。

取材・文 / 田中 大 撮影 / 荻原大志


新曲『UPDATE』について

「UPDATE」は、どのような曲だと感じていますか?

永田 大人っぽい曲だと思います。歌詞で失恋のことを描いていますし、曲調も大人っぽいので、成長した僕らを感じて頂けるのではないでしょうか。

平野 1回聴いただけですごく耳に残るメロディです。今までとは違った雰囲気が強い曲なので、僕らにとっても挑戦です。いろいろ経験をさせて頂いてきた今の僕らだからこそ歌える曲なのかなと思います。

大城 大切な人との別れを歌っていますけど、その中にもある前向きさと、なかなか前へ進めないもどかしさを描いている曲です。歌っていると、とても感情が入りますし、表現力が必要な曲だと感じています。

西岡 いろいろな方々の曲を手がけていらっしゃるヒロイズムさんの作詞、作曲、アレンジなのが、とても嬉しいです。デモを聴かせて頂いた時に「いい曲だなあ!」と思いました。

阿部 MAG!C☆PRINCEらしさもありつつ、新しい面が出せた曲ですね。FISHBOYさんに振り付けをして頂いたダンスもかっこいいので、ライブでも楽しんで頂けると思います。

イベントとかで、お客さんの前で既に披露していますよね?

阿部 はい。お客さんが「きゃあー!」って盛り上がってくださるポイントが、いくつかあるんです。

ミュージックビデオもかっこいいですよね。エンディング(薫と健吾の顔が接近する)は、特に「きゃあー!」ってなるんじゃないでしょうか。

平野 あそこは、まさに「きゃあポイント」です(笑)。

西岡 振り付けは難しかったです。デビューシングルもFISHBOYさんに振り付けをして頂いたんですけど、「難しいのでも、今の君たちならできるよ」とおっしゃってくださって、実際に練習したらできるようになったのが嬉しかったです。

大城 難しい振り付けである分、自分たちに対してもっと上を求めたくなる曲です。だから毎回動画に撮ったのを観て、「ここはこうしよう」と話し合っています。

新体操の団体競技にも通ずる個々の集中力、パフォーマンスのキレ、コンビネーションを求められる曲ですよね。

平野 はい。ちょっとでもズレると全体に影響するので、責任重大です。

永田 振り付けが難しいので、自分を表現するのがなかなか難しいんですけど、ファンの方々から「かっこいい」と言って頂けています。

平野 昔より堂々と踊るようになっているから、そういう点をファンのみなさんに感じて頂けているんじゃないかな?

永田 そうだと嬉しいね。

平野泰新

編集部のおすすめ