Interview

YOUR SONG IS GOODがたどり着いた新境地とは?さらにサイトウ“JxJx”ジュンのハイレゾ5選!

YOUR SONG IS GOODがたどり着いた新境地とは?さらにサイトウ“JxJx”ジュンのハイレゾ5選!

前作『OUT』でダンスミュージック主体のバンドサウンドにシフトチェンジを果たしたインストゥルメンタルバンド、YOUR SONG IS GOOD。3年半ぶりとなる通算6作目の新作『Extended』は、現行のダンスミュージックとレゲエやクンビア(コロンビアの伝統音楽)といったルーディーなルーツミュージックを溶かし込んだグルーヴが大きなうねりを生み出すアルバムだ。フロントマンのサイトウ“JxJx”ジュンが試行錯誤を重ねてたどり着いたバンドの新境地について語ってくれた。

取材・文 / 小野田雄 撮影 / 呉屋慎吾


お酒がおいしく飲めそうな雰囲気を活かした楽曲作りからスタート

YOUR SONG IS GOODは、お酒がおいしくなるような、ルーツミュージックの旨味を凝縮した作風から、2013年の前作『OUT』では生演奏のダンスミュージックへと大きくシフトチェンジしましたよね。

そうですね。前作『OUT』では、ダンスミュージックを土台に、直感的に思いついたアイデアをあれこれ試したので、そこにはいろんな要素が入っていて。それを踏まえて、今回のアルバム『Extended』は制作を始めるときに前作のどの部分を伸ばしていこうかっていうことを探りました。前作では具体的なメロディやフレーズを極力用いず、そのミニマルな断片を再構築して、それを生演奏するのが楽しかったんですけど、ミニマルな方向性を究極に推し進めたら、もはやYOUR SONG IS GOODである必要がなくなってしまうな、と。じゃあ、どうしようと考えたとき、ルーツミュージックのおいしいフレーズやいわゆるお酒がおいしく飲めそうな雰囲気を活かした『OUT』以前の音楽性をどうにか活かせないかという考えになったんです。

さまざまな音楽に触れることで改めて気づいたレゲエとダンスミュージックの相性のよさ

新作アルバムは、具体的にどこから着手したんですか?

2016年3月に旅行でハワイに行ったんです。現地のDJクルー、アロハ・ガット・ソウルのメンバーに会いに彼らのパーティに行ったら、ありがたいことにDJのロジャー君が前作アルバムに入ってる「The Cosmos」をかけてくれたんですけど、テンポや醸し出す空気といった部分で「あれ? もしかしてこの曲はハワイに合わないかも……」って思ったんですよ(笑)。そこでYOUR SONG IS GOODは東京の音楽をやっているんだなということに気づかされると同時に、次の作品でやるべきなのは、ハワイにも合いそうな、ゆるくほどけた要素なんじゃないかって。そこで、夏にアナログでリリースした「Waves」を形にするところから、アルバム制作に取りかかりました。

メロウなバンドアンサンブルが波のように寄せては返す「Waves」はレゲエのゆったりしたリズムが下敷きになっていますね。

ハウス、テクノ、ディスコを聴くようになってから、以前から好きだったレゲエとそうしたダンスミュージックの相性がいいことにあらためて体験として気づけたと言いますか、結果、新しい角度からレゲエが楽しめるようになったんですよね。しかも、リズムの強度と同時にゆるさも内包している音楽だし、生演奏にも合っているフォーマットなので、YOUR SONG IS GOODがもともともっているオーセンティックな要素と『OUT』以降の新しいアイデアを融合させるうえで、結果的にレゲエは大きな役割を果たしましたね。

いろんな要素をミックスすることでようやく居心地がよくなる人間の集まりだった

そして、コロンビアの伝統音楽であるクンビアの要素を盛り込んだ「Double Sider」、ロックステディの甘さが広がる「Palm Tree」、軽快なジャズファンク調の「On」にしても、多彩なダンスミュージックと融合することで、YOUR SONG IS GOODらしいオリジナリティが際立っています。

メンバーの間では、そろそろもっと素直にやりたいよねって話したりもしているんですけど、いざやってみると、なんか違うよねっていうことになる。やっぱり、特定のジャンルの音楽をそのままやるのは自分たちにとって、どうもしっくりこないみたいで。逆に言うと、いろんな要素をミックスすることでようやく居心地がよくなるという、いまだにYOUR SONG IS GOODはそういう面倒臭い感覚をもった人間の集まりだったんですよね(笑)。

前作以降、YOUR SONG IS GOODはインストゥルメンタルを主軸に、歌やメロディではなく、絵や映像を喚起させるアレンジや曲の展開のストーリー性がアルバムを楽しむガイド役を務めていますよね。

僕が好きなインスタグラムのアカウントに、サーフィンのロングボードでゆるやかな波に乗っている数十秒の動画をアップしている人がいて。僕はサーフィンをやらないんですけど、その動画からサーフィンの要素というよりは、動きそのものに惹きつけられるものがあったんですよね。例えば、それはスピード感だったり、波しぶきの強さやうねりだったりするんですけど、動画から抽出したそういう抽象的な感覚とリンクするような作品にしたかったんです。それから前作は、自分のなかで夜を意識させる作品だったのに対して、今回は午前中の雰囲気も作品で表現してみたくて。そのためには孤独な心に響くような、エモーショナルな要素をあえて排除してみたり、コードだったり、フレーズで爽やかさを増してみたり。僕はパンクやハードコアがルーツにあって、出発点のテンションはだいぶ高めなところから始まっている人間なんですけど、ここに来て、ようやく力の抜き方がわかったというか(笑)。そして、力を抜くことで、そこに余白が生まれて、その余白が聴き手の想像力を刺激するという、そういう楽しみ方をこのアルバムで味わってもらえたらうれしいですね。