Interview

PELICAN FANCLUB 「妄想の世界にどっぷり浸かってほしい」という自信作とバンドの展望を訊く

PELICAN FANCLUB 「妄想の世界にどっぷり浸かってほしい」という自信作とバンドの展望を訊く

バンドは、キャリアを積み重ねていくなかで、飛躍的に音楽性を高める時期を何度か経験する。2012年に結成された4人組、PELICAN FANCLUBは、着実にキャリアを積み重ね、いま最初の飛躍のときを迎えたようだ。
充実の1st フルアルバム『Home Electronics』を完成させたメンバー全員に、ここに至るまでの道のりといま感じている手応えの大きさを聞いた。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭


最初に音を出したときに、何も言葉を交わしていないのにビビッと電流が走った感じがあったんで。“これでPELICAN FANCLUBだ”と確信しました

そもそもは、どんなイメージでバンドを組んだんですか。

エンドウ 中学生の頃から僕とカミ(カミヤマリョウタツ)はずっと一緒で、学校が終わって彼の家の前でずっと話したりしてたんですけど、「こうこうこうで、こういうふうにデビューして、こういうふうになってる!」みたいなビジョンをずっと話してました。

でも、そのときはまだバンドを組んでいないんですよね(笑)。

エンドウ 組んでないです(笑)。でも、見えてたんです。“僕はこれだけ音楽好きだし…”という音楽に対する熱量でビジョンが出来上がってくという感じがあって、それで20歳前くらいにこのバンドを組んだんですけど、そのときにはそれこそ中学の頃から思い描いていたことを実現させたいという気持ちもありました。このバンドを組めたことに対する感謝の気持ちもありましたけど、でも僕のなかでは“そうだよな”っていう感じで。“自分にはこれだけ熱い思いがあったから、むしろこれくらい来なきゃダメでしょ”っていう。

エンドウアンリ(Gt&Vo)

つまり、このバンドを組むときのエンドウさんの気持ちは、「僕の熱量に賛同する人、この指とまれ」みたいな感じですか。

エンドウ そうです! ただ、元々はドラムの人がいまとは違っていて、それこそ熱量の差があったりして解散危機に陥った時期があったんですけど、そのタイミングでシミくん(シミズヒロフミ)が入って体制が整って、メンバーの熱量が同じになって、そこから今回のアルバムに向かってだんだん上がってきた感じですね。

「この指」にとまったほうは、どういう意識だったんでしょう?

カミヤマ 最初は、友達と遊びでやってるというような感覚だったんです。エンドウと、あともう2人と4人でコミック・バンドみたいなことをやってたんですけど、結局僕とエンドウだけが残って、そこでエンドウが言った「熱量」を持ち合わせた二人なんだなと気づいたっていう。その時期にクルちゃんと出会って、始めた時点でもうバンドの熱量は相当ありましたね。“やるぞ!”という感じでした。

カミヤマリョウタツ(Ba)

クルマダ 大学に入ってライブハウスに出入りするようになって、プロというか、そういう大きな舞台を夢見るようになったんですけど、その頃にエンドウとカミちゃんがこの前に組んでいたバンドに出会って、ファースト・インパクトでかっこいいなと思ったんですよ。一緒にやれたら楽しいだろうなと思ったし、“この人となら、もっと広いものが見られるんじゃないか”って。そしたら、お互いのバンドが解散になった時期にたまたま出会って、「じつは一緒にバンドを組みたいと思ってた」という話をしたら、エンドウも「そう思ってた」と言ってくれたんです。

シミズ 僕とクルちゃん(クルマダヤスフミ)は大学が同じで、PELICAN FANCLUBというバンドを始めると聞いて、見に行ったらすごい衝撃だったんですよ。とにかくかっこよかった。下手くそだけどかっこいい(笑)。すごく魅力的だなあと思いました。

どういうところに魅力を感じたんですか。

シミズ 歌のメロディですね。すごく特徴的で。エンドウの独特な感じが出てて、聴いたことがない音楽性だと思いました。それで、当時のデモ音源をずっと聴いてたんですけど、あるとき「ドラムが抜けるんで、サポートでもいいから、ちょっと叩いてみない?」という連絡が来て、それで一緒にスタジオに入ったんです。音源をずっと聴いてたから、練習しなくても叩けたんですけど、それ以上にいきなり“これだ!”という感じがありましたね。

クルマダ 前のドラムが抜けることになって、何人かのドラマーとスタジオに入ったんですけど、どの人もなんかしっくりこないなという感じだったなかで、シミくんは一発目の音を出した瞬間から“ばっちり合ってる!”という感覚がすごくて。

エンドウ 他のドラマーの人とスタジオに入ってたときには、僕のなかで“バンドを続けなきゃいけない”という意識のもとで新しいメンバーを探していた気がするんですね。でも、シミくんと入ったときに“バンドを続けよう”と思ったんです。そこで僕は確信したんですよ。さっきクルちゃんが僕に対して言ってくれたような感覚を、僕はシミズくんに対して感じて、その結果として、メンバーに対してもあらためて“僕は彼らについていきたい”と思えるようになったんです。

初めて集まって演奏したときやバンド名を決めたときとは別に、精神的な意味で“バンドになる”瞬間というのがバンドそれぞれにあると思いますが、この4人のPELICAN FANCLUBにとってのその瞬間というのは、その最初に音を合わせた瞬間だったんでしょうか。

エンドウ 確実に、そのときだったと思います。最初に音を出したときに、まだ何も言葉を交わしていないのに、“これだね”という感じで、僕とカミはビビッと電流が走った感じがあったんで。そのときに“これでPELICAN FANCLUBだ”と確信しましたね。