モリコメンド 一本釣り  vol. 13

Column

CHAI “コンプレックスはアート!”という新しい価値観を音楽で表現するガールズバンドの正体

CHAI “コンプレックスはアート!”という新しい価値観を音楽で表現するガールズバンドの正体

背が低い、太ってる、やせすぎている、目が小さい、お金がない、学歴が低い、なんかセンス良くない気がする——。具体的なことは人それぞれだが、コンプレックスを抱えていない人間は存在せず、それを解消、昇華するために(意識、無意識を問わず)じつにさまざまな行動に出る。わかりやすいところだと、Twitter、インスタグラム、FacebookをはじめとするSNSもそう。友だちと食事に行った、好きなアーティストのライブを観たなど、関係ない人にとってはほとんどどうでもいいような話を喜々として投稿するのは、程度の差こそあれ、“自分もしくは自分の行動を認めてほしい”という承認欲求によるところが大きく、そこには必ずコンプレックスの問題が関わっているのだ。

コンプレックスは、しかし、芸術を生み出す動機にもなる。たとえばデヴィッド・ボウイがあれほど頻繁にルックス、キャラクター、音楽性を変化させたのも、“自分は何者でもない”という劣等感に似た感情が関係しているのだろう。そして2017年、(ここから本題)コンプレックスを現代的なポップミュージックとして鳴らすガールズバンドが大きな注目を集めている。女の子なら誰もが抱える劣等感を全面的に肯定し、“コンプレックスはアート!”という新しい価値観を音楽で表現するガールズバンド“CHAI”だ。

双子のツインボーカル、マナ (Vo.&Key.)、カナ (Vo.&Gt.)、リズム隊のユウキ (Ba.&Cho.)、ユナ (Dr.&Cho.)によるCHAIが活動をスタートさせたのは2015年。まずは8月に5曲入りEP「ほったらかシリーズ」を発表。ミュージック・ダウンロードサイト「OTOTOY」でリリースしたハイレゾ音源がシングルチャート1位を獲得、さらに動画作成アプリ「Triller」で制作した「ぎゃらんぶー」のMVが世界初の“Triller公認ミュージックビデオ”に認定されるなど、徐々に話題を集めはじめる。2016年には「ほったらかシリーズ」が世界同時リリースされ、ストリーミングサービス「Spotify」のUKチャートTOP50にランクイン。今年3月に世界最大のショーケース・イベント「S×SW 2017」に出演し、全8か所のアメリカツアーを行うなど、いきなりワールドワイドな活動を展開している。

CHAIの最大の特徴は、前述の通り、女の子のコンプレックスを肯定し、カラフルかつエッジ—なポップミュージックへと変換できること。新作「ほめごろシリーズ」(2nd EP)においても、そのスタンスはしっかりと貫かれている。「就活 結婚 どう勝つ?」「結局フェイスかよ」と歌う「クールクールビジョン」、ずるくてせこい男を攻撃し、「わたしは/あなたを守りぬくわ」と女子リスナーに語りかける「ボーイズ・セコ・メン」、ヴィレッジヴァンガードへの愛を描いた「ヴィレヴァンの」。そして極めつけは、「sayonara complex」。“かわいいだけの私じゃつまらない”というフレーズは、このバンドの基本的なスタイルを端的に示していると言えるだろう。(「S×SW 2017」の会場付近で撮影された「sayonara complex」も必見。彼女たち自身が即興で振り付けを行い、全編“行き当たりばったり”で撮影されたという映像からも、このバンドの自由度の高さを感じてもらえるはず)

また、ファンク、ヒップホップ、ニューウェイブなどをナチュラルに取り入れたサウンドメイクも魅力的。CSS、Phoenix、DEVOなどの影響を感じさせつつ、日本語の響きを活かしたリリック、オリエンタルな雰囲気のメロディを組み合わせることで、独創的な音楽性をしっかりと体現しているのだ。単なる洋楽のマネではなく、大事なのはあくまでもオリジナルであること。相変わらず“洋楽を無視する”と“洋楽と比較する”という二つの方法論で占められている日本のバンドシーンにおいて、彼女たちの在り方はきわめて刺激的だ。

「森、道、市場2017」(5月14日/愛知県)、「キョロキョロキョート2017」(5月20日/京都)などのイベントに出演、さらに5月24日(水)には渋谷O-NESTにて自主企画『CHAIの“ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season3』(ゲスト/Helsinki Lambda Club)を開催するなど、ライブ活動の幅も広がっているCHAI。自らのコンプレックスを魅力に変え、“好きなこと”“楽しいこと”に向かって躊躇なく突き進む彼女たちの存在は、男女問わず、多くのリスナーの人生を気持ちよく解放してくれるはずだ。

文 / 森朋之

ライブ情報

2017.05.24 「CHAI presents ”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season3」
@TSUTAYA O-NEST(東京)

出演:CHAI / Helsinki Lambda Club
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV ¥2,500 / DOOR 未定 (+1drink)
チケット 4月15日(土)発売
ぴあ (Pコード:325-534) / e+ / ローソンチケット (Lコード:77302)

http://chai-band.com/live/

「ほったらかシリーズ」

オフィシャルサイトhttp://chai-band.com

vol.12
vol.13
vol.14