Interview

23人格を演じ分けたジェームズ・マカヴォイは『スプリット』を観ていない!?

23人格を演じ分けたジェームズ・マカヴォイは『スプリット』を観ていない!?

一人の人間に23の人格が同居する多重人格者と、拉致監禁された3人の女子高生の攻防を描いたスリラー映画『スプリット』(17)。一見、サイコサスペンスと思いきや、ジャンルの壁を軽々と飛び越えてくるのはハリウッドきってのトリッキー監督、M.ナイト・シャマランの得意技だ。今回初めてシャマラン・ワールドに飛び込んだのは、英国の実力派スターで『X-MEN』(11、14、16)シリーズでもおなじみのジェームズ・マカヴォイ。すでに全米では大ヒットを記録し続編も決定している注目作について語った。

取材・文 / 村山章


役者としても、観客に対してもチャレンジングな作品

今回の映画ではどのインタビューでも多重人格者の演技について訊かれると思いますが、さすがにウンザリしていませんか?

もう4~5カ月、この映画のプロモーションをしているから、多少はね(笑)。でも、この映画のことはとても誇りに思ってるから、ウンザリするくらいたくさんプロモできて嬉しいよ。

今回の映画は一人で23役を演じないといけませんよね。誰か別の人物になりきるのが役者の仕事ではありますが、23人分を演じるのは楽しい仕事でしたか? それとも大変で辛い仕事でしたか?

実際にちゃんと演じたのは9人分くらいかな。とても楽しくて、やりがいのある仕事だったよ。確かに大変な部分もあったけれど、僕はいつも演じることが楽しくてしょうがないんだ。演技があまり好きじゃないんじゃないかと思ってしまう役者も多いんだけど、僕にとっては大歓迎の仕事だったよ。一本の映画で9人もキャラクターを演じられて、9倍楽しかったと言える。いつもよりも多くの準備が必要だったけど、それは全然かまわない。確かに大変だったけど、あくまでも良い意味でだね。

今回、準備期間が非常に短かったと聞いています。

そうだね。出演を決めてから撮影まで5~6週間しか猶予がなくて、それでも普通の役なら充分間に合うんだけど、その間に主夫として子育てもしていたしね。実際、9人分すべてが準備万端ってわけにはいかなくて、撮影の最中にやっと仕上がったキャラクターも2~3人いたかな。

そんなハードスケジュールを押してでもこの映画に出たいと思った理由はなんだったのでしょう?

脚本がすごくよかったからね。それに僕は内側に葛藤や悩みを抱えているキャラクターを演じるのが大好きだし、役者としてもとてもチャレンジングな役だった。観客に対してもチャレンジングな内容だし、驚きに満ちていて、奇妙で風変りな映画だと思ったよ。これだけ興味深い要素がそろうことは大作ではまずないよ。『スプリット』はハリウッドでは小さい規模の作品だけど、他ではできないスリリリングな体験ができることは間違いないと思ったんだ。