Interview

坂本浩一監督×溝端淳平『破裏拳ポリマー』対談「アクション撮影はアドレナリンが出っぱなし!」

坂本浩一監督×溝端淳平『破裏拳ポリマー』対談「アクション撮影はアドレナリンが出っぱなし!」

70年代にカルト的人気を誇ったタツノコプロ製作によるアニメ『破裏拳ポリマー』が、奇跡の実写映画化! 主演には本格的なアクション作には初挑戦となる溝端淳平。そして、監督にはアクション監督としてハリウッドで活躍し、日本でも特撮ドラマの演出を数多く手がけてきた坂本浩一がメガホンを取った。撮影前から激しいトレーニングを行い、文字通り“師弟”となったお二人に、劇中で展開されたアクションへのこだわりを伺った。

取材・文 / 大谷弦 撮影 / 三橋優美子


『破裏拳ポリマー』では、いままでアクションのイメージがあまりなかった溝端さんが凄い肉体美と格闘バトルで魅せています。坂本監督は、溝端さんにアクションの素質があることを見抜いていたんですか?

坂本 まず、アクションが出来るっていうイメージがある人よりも、そうじゃない人の方が意外性があって面白いと思ったんです。その中で、溝端くんの動きとか演技、特に『君が踊る、夏』(10)での“よさこい”を観て、運動神経がある人だなって思ってたんですよ。『破裏拳ポリマー』のキャスティングを始めた時に、アクションのイメージがないけど素質があって、それに演技力もある人ということで、僕の中で最初に上がった候補が溝端くんだったんですよね。

溝端 ありがとうございます。ドラフト1位ですね(笑)。

坂本 もちろん! それに、この作品の〈鎧武士〉っていうのはけっこう兄貴肌のキャラクターなんですよ。溝端くんは、後輩的ポジションのイメージが強かったので、そんな彼がこの役をやったら面白いんじゃないかっていうのもありました。

溝端 僕はアクションをやりたいという想いはずっとあったんですけど、なかなか機会がなくて。ジャッキー・チェンの映画も昔から大好きでしたし、体を動かすことも好きなので、本当に今回はこういうチャンスをいただけてありがたいって思いましたね。

アクションのためのトレーニングはされたんですか?

坂本 撮影の4カ月前くらいからうちのジムに通っていただいて、厳しく鍛え上げました。

溝端 いやいや、坂本監督は優しかったです(笑)。初日の稽古の基礎が終わったら、もう実践ってことで、監督がカメラを回してくれるんですよ。

坂本 やっぱり自分がどう映っているのかを見た方が上達が早いんですよね。溝端くんは飲み込みが早いから「すごいね!」って撮ってると、溝端くんから「監督もカメラ上手いですね」って、お互いに褒め合いながら(笑)。僕はアメリカン・スタイルなので、褒めて伸ばすタイプなんです(笑)。

溝端 監督は乗せ方が上手いんです。周りのスタントの方々もすごく上手いので、初心者の僕でも出来た風に見えるんですよね。坂本監督はすごいアクション監督でもあるし、実際に自分でも動ける元スタントマンですから、すべてのことにすごく説得力があるんですよ。役作りはもちろん、ちょっとした仕草とか所作とかも学ばせていただいてから撮影に臨めたのが大きかったですね。

アクションの訓練だけでなく、他の指導もあったりするんですか?

溝端 ありましたね。普段の食事で、なるべくタンパク質を多く摂るとか、疲れを溜め込まないようにストレッチするとか。あとは監督に教えていただいた動画を観たり、ジェット・リー、ブルース・リー、ジャッキー・チェンの映画を観たりしました。

坂本 イメージトレーニングも重要ですからね。体作りに関しては、今回は裸になるシーンもあったので、頑張っていただきました。撮影期間が2月で、雨も降っててかなり寒かったんですよね。そこで、バッと裸になっていただいて。

溝端 気温が0度でした(笑)。寒かったですけど、スタッフさんがみんな温かくて、なにより坂本監督がずっとアドレナリンが出っ放しだったので、そこまで気にならなかったし、楽しかったですね。