Interview

『スポ男』初参戦&大健闘の梶原颯とは?爽やかイケメン俳優に注目!

『スポ男』初参戦&大健闘の梶原颯とは?爽やかイケメン俳優に注目!

5月11日放送の『究極の男は誰だ!? 最強スポーツ男子頂上決戦2017春』(TBS系)に参戦し、初出場ながら好成績を収めた、梶原颯(かじはらはやて)。そのかわいらしい顔つきとバキバキに鍛え抜かれた強靭な身体とのギャップに「いったい梶原颯って何者!?」と興味を持った人はきっと多かったはずだ。梶原颯はソニー・ミュージックエンタテインメント主宰の演劇集団“劇団番町ボーイズ☆”に所属し、舞台を中心に活動をしている俳優。この6月4日で23歳になる彼は2016年にハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』に出演、現在公開中の大ヒット映画『帝一の國』で映画初出演を果たしている。今回の『スポ男』への出演によって身体能力の高さをも印象づけ、徐々に活動の幅を広げつつある、今後が期待される若手俳優の素顔を探る!

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 冨田望


高い壁が目の前に立ちはだかっても、乗り越えるためにとことん頑張りたい

『究極の男は誰だ!? 最強スポーツ男子頂上決戦2017春』 に初参戦した感想を教えてください。

もともと僕はスポーツが得意でしたし、以前から番組を観ていたので、コロッセオ(円形競技場)に自分が立てたことにワクワクしていました。

初出場ながら素晴らしい結果を残すことができましたね。どんな気持ちで挑みましたか?

出場するからには優勝を目指したいなとは思っていました。でも、楽しい気持ちのほうが強かったです。性格的には負けず嫌いなところもあるんですが、その瞬間は憧れの『スポ男』に出場できていることが嬉しかったですね。でも、もし次、出場できたら優勝したいです(笑)。

普段からトレーニングをしているそうですけど、あの番組に出るために特別なトレーニングはしましたか?

はい。大学がスポーツ系の学部がある学校で、今回番組の出演が決まってからは、何を食べたら筋肉にいいとか、そういうことを詳しい友達に教えてもらったり、朝早くから一緒に大学のジム室で筋トレに付き合ってもらったり、友達にいろいろ協力してもらいました。

負けず嫌いとのことですが、自分はどんな性格だと思いますか?

あんまり怒ったりはしないですね、平和主義というか……小学生の頃の男子って殴り合いのケンカをしがちですけど、僕は一回もそういうケンカをしたことがなかったし、殴られそうになっても柔道の型みたいにかわしてましたね(笑)。負けず嫌いというのは競争相手に対して思う感情というよりは、自分が何かに挑戦するときに、それができないことに対する悔しい感情というか……高い壁が目の前に立ちはだかっても、それを乗り越えるためにとことん頑張りたいし、あきらめたくない。自分に負けたくないという負けず嫌いなんだと思います。あとは……性格のことではないんですけど、初めて会う方には「意外とデカイんだね」ってよく言われます(笑)。

優しい顔立ちと鍛えぬいた体のギャップもすごいです(笑)。そもそもなぜ体を鍛えるようになったんですか?

子供の頃から腹筋が8個に割れてました(笑)。スポーツが好きで、特に走ることが得意だったので、中高時代はサッカー部に入っていたんですけど、ジャッキー・チェンがめちゃくちゃ好きで、中学の頃くらいからアクションをやってみたいという想いをずっと持っていました。将来の夢が明確にあったわけではないんですけど、大学進学のタイミングで勉強よりは体を動かすほうが得意だったのでスポーツ系の学部がある大学を受験して、器械体操部に入ってから体を本格的に鍛えるようになりました。その頃アクションのバイトもやるようになっていて、器械体操部とアクションの両立が難しくなってきて辞めてしまったんですけど、体操やアクションの基礎は部活で学んだと思います。

不得意なスポーツはあるんですか?

器用貧乏というか。スポーツに関してはなんでもそこそこできちゃいますね〜。あ、でも、野球は……打つのは大丈夫だけど、ボールを投げるとコントロールがイマイチなんですよね(笑)。