Interview

絢香 一文字一文字を大切に“書き進む”かのようなボーカルが届く新作「コトノハ」への想いを訊く

絢香 一文字一文字を大切に“書き進む”かのようなボーカルが届く新作「コトノハ」への想いを訊く

共感できることだったので、自然に書くことができた

絢香の新曲「コトノハ」がリリースされる。配信限定のものを除けば、「にじいろ」以来、久しぶりである。楽曲タイトルの“コトノハ”だが、ご存知の通り、「言葉」を文語的に表現したものである。彼女がふとこの言葉を思い浮かべたことが、楽曲制作の大きな鍵ともなった。

「この曲はドラマ『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』(NHK総合)の主題歌として書き下ろしたものですが、ドラマの主人公は様々な人達からの依頼で、その人達の代わりに手紙を書く、代書屋の仕事をすることになった女の子で、そもそも手紙というのが、大きなテーマでもあるんです」。

依頼してくる人達は、今はいったん途切れてしまった想いを抱き、この店へやってくる。途切れた距離を埋めるのが手紙だ。それは時に、すぐ近くにいる人との関係においても、必要な場合がある。手紙が埋めるのは物理的な距離というより、心の距離だからである。実は彼女自身、17で上京し、デビューして羽ばたこうとする時、実家の祖父が幾度となく送ってくれた手紙に励まされた経験がある。手紙が埋めてくれる心の距離のことを、実体験として知っていたわけで、だからこうしたテーマの曲なら、「共感できることだったので、自然に書くことができた」という。話を曲作りに戻す。

「主題歌を書き下ろす時に、“いつか形にしよう”と温めていた、あるメロディを想い出したんです。それならこのテーマに合うんじゃないかって思って…。自分で溜めていた(モチーフなどの)データのなかから、それを出してきた…」

この時点では、まだ♪ラララで歌っただけのものだった。ただ、よく「ラララで歌った」などと表現するが、♪ラララには♪ナナナや♪ワワワなどが微妙に混ざり込んでいる場合が多い。音声学的にいうと、歯茎の前のほうで発音したり奥で喉を締めながら発音したりする音が、既に混ざっている。♪ラララだからって、歌詞は“白紙”ってわけじゃなくて、それがいざ、メロディに合わせて歌詞を書こうとする時、大きなヒントにもなる。

手紙によって人と人の繋がるという、このドラマのテーマにもぴったりだと思いました

「歌詞は1番の頭から、順番に書いていったんですよ。私の場合、そういう書き方が多いんですけど。そしてサビに入ったところで、“コトノハ”という言葉が浮かんだんです」

それはお告げのように、彼女の頭の上に降りそそぎ、などと書くと、甚だロマン主義的な言い方にもなるけれど、それに従い、そのままこの言葉をまさにお告げのままに採用するソングライターも確かに世の中には居ることだろう。でも彼女はそうせずに、意味を調べたという。

「改めて、一度調べてみたんです。そしたら“心を種にして出た葉”という解釈もあることを知って、“いい言葉だなぁ”と思って…。手紙によって人と人の繋がるという、このドラマのテーマにもぴったりだと思いましたしね」

作詞・作曲、そしてアレンジなどの行程を経て、曲は完成へ向かう。「コトノハ」のアレンジを担当したのは、J-POPの数々の名作に関わってきた河野圭である。郷愁を誘うイントロに、感情が沸立つリズムが重なり、心を込め、まさに一文字一文字を大切に“書き進む”かのような絢香のボーカルが届いてくる。さっき彼女が言っていたサビの部分は、印象深い表現で構成されている。“あなたへの言の葉が”“時を超え 愛を結ぶ”。このような表現が並んでいる…。

「この部分の歌詞に関しては、敢えて各コーラス、全く同じ言葉を繰り返しています。この歌で一番伝えたかったことが、この言葉のなかに在るんだって想えたし。でも演奏のほうは、毎回変化しているんですよ。後ろに響くコードも変化していって、歌詞は同じでも、伝わり方が違う。歌い終わって聴いてみて、河野さんの素晴らしいアレンジに私自身、とても感動してしまいました」

結果として、あえて同じサビにしたことが功を奏したわけだ。絢香の歌、コトバは動かさず、背景が動くことで、伝わり方が違う。届く手紙にしたら、まさしく三通分(!)というわけである。

「でもそれも、こちらが細かくリクエストしなくても、河野圭さんや参加してくださったミュージシャンの方々と、自然にわかり合えてることだった。そうした、音楽を制作する上でのいいパートナーに出会えたのも、この10年のなかで、とても大きかったことですね」