Interview

話題のRPG系バンド“魔法少女になり隊”とは? サウンドとバンドの魅力を新作インタビューから探る

話題のRPG系バンド“魔法少女になり隊”とは? サウンドとバンドの魅力を新作インタビューから探る

「ボーカル・火寺バジルが魔法にかけられた呪いをとくために歌という魔法を使って冒険しているラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド」 “魔法少女になり隊”が3rdシングル「ヒメサマスピリッツ」をリリース! 和テイスト×ヘビィメタル×ユーロビートという強烈なサウンドと“姫様が恋する将軍様に会うために駆け抜ける”というストーリーを描いた歌詞がひとつになった表題曲は、コンセプト、MVのビジュアル、音楽性を含め、魔法少女になり隊の際立った個性をビビッドに示している。さらにカップリングにはアニメソングの名曲「ラムのラブソング」のカバー、切ないラブソング「sayonara fantasy」を収録。音楽的な幅広さを体感できるのも本作の魅力だろう。
今回は火寺バジル(Vocal/魔法少女見習い)、gari(VJ&Vocal/妖精)、ウイ・ビトン(Guitar/スナイパー)、明治(Guitar/女剣士)の4人にインタビュー。「ヒメサマスピリッツ」の制作をフックにしながら、バンドの現状について話を聞いた。

取材・文 / 森朋之 撮影 / キセキミチコ


アメリカに行くことが決まって、「日本人らしさが伝わるような、和っぽい曲がほしいね」という話になって(gari)

バジル (こんにちは! 魔法少女になり隊のボーカル火寺バジルです。魔女の呪いによりしゃべれません。筆談で話します。よろしくおねがいします!!)

よろしくお願いします! 魔法少女になり隊は2016年9月にシングル「KI-RA-KI」でメジャーデビュー。今年1月には「革命のマスク」をリリースするなど、順調にレベルを上げていて。メジャーデビュー以降の冒険のなかで、いちばん印象に残ってることは何ですか?

バジル (gariが着ているTシャツを指さす)

gari たまたま今日「KNOTFEST」のTシャツを着てきたので(笑)。「KNOTFEST」はかなり印象深いイベントでしたね。以前から「いろいろなことをやりたい」という気持ちが強かったので、出演できることになったときは「ラッキーだな」と。魔法少女になり隊はジャンルに捉われず、楽しいと思ったことを表現するバンドなんです。そんな自分たちがメタルに特化したイベントに出て、アニソンのカバーをやって。「こういうことが出来るようになったんだな」って実感しましたね。

「おジャ魔女カーニバル!!」をカバーしたんですよね。

ウイ・ビトン そうなんです。1曲目の時点では様子見のお客さんが多かったんですけど、2曲目に「おジャ魔女カーニバル!!」をやったらドカーン!と盛り上がって。「これかっ?!」っていう感じでしたね。

人によっては懐かしいと思うだろうし、いまの人たちは新しいと感じるんじゃないかな(バジル)

KNOTFESTでアニソンをやるバンドなんて、他には絶対にいないですからね。では、ニューシングル「ヒメサマスピリッツ」について。楽曲を作ったのはいつ頃なんですか?

gari 「ヒメサマスピリッツ」は、2年くらい前にアメリカでライブをやる直前に作ったんです。アメリカに行くことが決まって、「日本人らしさが伝わるような、和っぽい曲がほしいね」という話になって。

ウイ・ビトン 初披露もアメリカだったんです。日本に戻ってからもずっとライブでやっていて、いまはもう鉄板の曲になってますね。

明治 必ず盛り上がりますからね。コンセプトもはっきりしている、楽曲の色が強いから、ライブで聴いてもわかりやすいんじゃないかなと。