主婦的『ファイアーエムブレム ヒーローズ』熱愛論  vol. 3

Report

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』 の課金を考える

『ファイアーエムブレム ヒーローズ』 の課金を考える

みんな大好きなお金の話。タイトルによってはゲーム内で資金繰りに頭を悩ませたりすることもあった『ファイアーエムブレム』(以下、『FE』)シリーズ。『ファイアーエムブレム ヒーローズ』(以下、『FEH』)ではゲーム内の通貨は存在しない。武器を修理したり買ったりする必要がないのだ。にっこり。

ただし、『FEH』は基本無料で遊ぶことができるけれど、リアルマネーを使う課金要素がある。いままでの『FE』シリーズにも本編を購入するほかに追加コンテンツ等を購入する機会はあったが、シリーズ初のスマートフォンゲームでは、英雄の召喚等に使えるオーブをリアルマネーで購入できるのだ。今回はそんな、リアルマネーの資金繰りに思いを馳せた主婦の雑感を紹介。

世間では「お金を払わないとゲームができないなんて」とか「課金=悪」みたいに言う人もいるけれど、そんなことはないんだよ、使いかたと考えかた次第なんだよ、とお伝えしたい。

文 / 大部美智子

※この記事では「課金」=「使用料金を課すこと」ではなく、スマートフォンゲームに費やすお金という意味で使用します。


スマートフォンゲームと課金

現在息子は4歳。これからもどんどん新しいゲームが出て、新しい料金形態も出てくるだろう。これからの時代を生きていく息子のためにも、このあたりを明確にしておく必要があるとカーちゃんは考えるわけですよ。失敗を経験するのも成長だけど、失敗した時の対処法を親が知らなきゃ教えてやれんわけです。その時になっていっしょに悩むという手もありだけど、私の性格的には事前に心の準備が必要なので、手の届く範囲は今のうちに模索しておきたい。ということで、身をもって学ぶ。

課金事情と言っても、実は私はあまりスマートフォンゲームで課金をしたことがない。『スーパーマリオ ラン』を購入したぐらい。なので「●●を入手するために●十万突っ込んだわ」なんて話を聞いても「稼いでるなぁ」と思うだけで、深く考えたことが無かった。けれど『FEH』が始まった時、私の中でも何かが始まった。やはり、愛着のあるキャラクター(できれば高レアリティ)が欲しくなってしまうのだ。サクサクッとオーブを購入して召喚をくり返す。当時はヤキモキしながら召喚をしていて、購入した総額すら覚えてない始末。スマートフォンの請求額を見た夫に「……この1万6千円の内訳ってわかる?」と聞かれて鼻水が出た。……これじゃいかん!

▲一瞬、かわいらしいチキが走馬燈のように脳裏をよぎった

使い過ぎたと感じるのは想定よりも多く使ってしまったから。では、想定の金額とは? そう、予算。予算を決めれば怖くない! 人間は得体のしれないものに不安・恐怖を抱くので分析が必要だ! 正体がわかってしまえば怖いものはない。あ、いや、正体がわかったことで怖いものもある。自分の……体重とかな。

我が家はお小遣い制。一般的に多いのか少ないのかわからないけれど毎月2万円(※スマートフォンの基本料金は別)。そこから、漫画、ゲーム、アニメという趣味と、飲み会などの交際費を引くとほとんど残らない。というか、毎月余裕でぶっちぎっている。今回の記事がいい機会なので見直しだ! 

なので、お小遣いから『FEH』に充てる額を算出。課金額の適正は人によって違うけれど、私の場合は継続してプレイするオンラインゲームと同じ1500円程度と定めた。ゲームソフト1本分の金額という考えもあったけど、ほかの趣味を圧迫してしまうので、利用料金というテイで課金することにした。これでにっこり、のびやかな『FEH』ライフが確立された! めでたしめでたし。でも、この記事の原稿料は全額課金しちゃってもいいんじゃないかな~とこっそり思ってる(^v^) ふふふ。

▲オーブのお値段はこちら

1回の召喚で5個のオーブを使う。連続で召喚すると使用オーブがちょっと少なくなり、5回連続で召喚すると5個お得になる。また、オーブを購入するときも、まとめて買うとおまけのオーブがいくつかもらえる。おまけという言葉に弱いが、おまけ欲しさに予算をオーバーしては本末転倒なので鉄の自制心で耐える。1円安い玉子を買うために車で遠方に行ったらガソリン代のほうが高くつくしね!

なので、先ほど毎月の課金額を1500円程度と定めた私は毎月1600円分のオーブを買うようになった。ちょっとオーバーしたけど誤差の範囲。うんうん。5連続で召喚できるし、3個のおまけが付く。あとはログインボーナスやミッションの報酬などでやりくり。やりくりという言葉を使うと似非主婦の私も主婦っぽく見える。ひひひ。

そして購入したオーブで5連続召喚! 結果はだいたい以前の記事に書いてきた感じ……だけれど、さまざまな属性やスキルのキャラクターが潤っていくことで、ストーリーマップやスペシャルマップなどの、相手の編成がわかる戦闘はだいぶ攻略しやすくなった。レベル上げが大変だけれど、それはそれで楽しいのでよしとする。

それと、これまでオーブの使い道については召喚についてしか言及してこなかったけれど、オーブの使い道はほかにもある。スタミナや対戦権が足りないときも、オーブがあれば回復する時間を短縮してサクサクッとできる。オーブは忙しい人の味方でもあるのだ。それと、(2回目の記事)でちょこっとお伝えしたように、MyNintendoのポイントでアイテムと交換することもできるので、併せて活用していきたい。オーブの節約にもなるしね!

vol.2
vol.3
vol.4