Interview

暁月凛の新作は「魂が震えた」という、光と希望に満ちた作品。彼女も夜型から昼型に!?

暁月凛の新作は「魂が震えた」という、光と希望に満ちた作品。彼女も夜型から昼型に!?

2016年3月に「金田一少年の事件簿R(リターンズ)」エンディングテーマ「決意の翼」でメジャーデビュー。アニソン・ファンを中心に確実に支持を広げつつある暁月 凛から、3rdシングル「マモリツナグ」が届けられた。TVアニメ「銀の墓守り」オープニングテーマとして制作されたこの曲は、彼女自身がリスペクトを表明している湊 貴大の作詞・作曲によるナンバー。大切な人を守り、希望を未来へつなげていきたいという意志を描き出したこの曲は、暁月凛というシンガーのポテンシャルの高さを改めて証明することなりそうだ。
メジャーデビューから1年。「責任感、やる気、パッションが強くなってきました」という彼女にアーティストとしての意識の変化、「マモリツナグ」の制作などについて語ってもらった。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 荻原大志


昼夜逆転の生活を見直して、光の世界に戻ろうと思ったんです

2016年3月のメジャーデビューから1年以上が経ちました。この1年、どうでした?

すごく早かったですね。生活自体はそこまで変わってないんですけど、責任感、やる気、パッションなども少しずつ強くなってきて。

ライブ、イベントなど、人前で歌う機会も増えてますからね。2ndシングル「コノ手デ」の取材で「レコーディングはスムーズだったけど、ライブで歌うたびに難しさを感じている」とコメントしてましたが、ステージングも変わってきたんじゃないですか?

あまり頭では意識してないんですよ。それよりも体に覚えさせたほうがいいと思って。ライブはいつも緊張するし、心拍数も上がるんですけど、メンタルな部分とテクニカなところを含めて、とにかく経験を積むことが大事かなって。お客さんとしっかり向かい合うという気持ちを忘れなければ、大丈夫だと思ってます。デビューしてからいろいろな場所で歌わせてもらいましたが、私を応援してくれる方々の優しさをいつも感じていて。なによりもそれが救いになってますね。

体力作りなどもやってますか?

私は基本的にインドア派で、運動なんか死んでもやりたくないというタイプだったんですが(笑)、最近ちょっと考え方が変わってきまして。まず、昼夜逆転の生活を見直して、光の世界に戻ろうと思ったんです。そのことによって、人生で初めて「運動してみようかな」という気持ちが芽生えまして。これからやってみようと思ってます。

夜中にアニメを観ることもやめたんですか?

昼間に観てるので大丈夫です! アニメを観ることが人生でいちばんの楽しみなので。

すべてを解放するような感じがあるし、魂が震えますね

ではニューシングル「マモリツナグ」について聞かせてください。「コノ手デ」に続き、湊 貴大さんの作詞・作曲によるナンバー。湊さんらしい起伏に富んだメロディが印象的なアッパーチューンですが、最初に聴いたときの印象は?

まぶしい!と感じました。全体的に明るい世界観で、輝かしい希望が未来につながってる感じがすごくあって。その裏には「どうして戦わなくてはいけないのか」ということもちゃんと表現されているし、素晴らしい曲だなと思いましたね。歌詞でいちばん好きなのは「目覚めさせて生きた世界/先読みを全て裏切れるように」というところです。すべてを解放するような感じがあるし、魂が震えますね。そもそも「銀の墓守り」というアニメが光に満ちた作品ですから。

「銀の墓守り」も以前からチェックしてました?

はい。主人公の陸水銀がすごくおもしろいキャラクターなんですけど、自分とちょっと似ているなと思う部分もあって。私は現実的な考え方をするほうで、たとえば夢や希望に対しても猪突猛進するのではなく、段取りを考えて、少しずつ進んでいこうするタイプなんです。水銀もそうで、ふだんは理性的に物事を判断するんですよね。ただ、「これだけは譲れない」というものがあって、大事な人が危険な目に遭ったりすると、すべてを投げ捨ててでも守ろうとするんですよ。その姿はとても美しいですね。

暁月さんにも「これだけは譲れない」というものはありますか?

あります。私はとても敏感な子供だったんですが、「大人になっても、いまの気持ちを忘れたくない」と思っていたんです。いまは大人になりましたけど、それをちゃんと守れているのは良かったなって。もちろん年齢とともに変化したところ、成長した部分もありますが、人間にとっていちばん大事なのは、やはり感性だと思うんです。それだけは何があっても守りたいですね。

アーティスト活動においても、感性は非常に大切ですからね。

そうですね。この仕事を通していちばんやりたいことは、独特の個性を持っている方々に少しでも寄り添うことなんです。地球には70億の人がいるんだから、孤独な人はいないと思うので。音楽を通して、そのことを伝えられたらいいですね。

「これがいちばんいい」という歌い方を体が勝手に決めてくれるので。まさに“考えるな、感じろ”ですよ

「マモリツナグ」の歌録りはどうでした? 今回も高いボーカル力が必要な楽曲だと思うのですが。

かなり音が高くて、練習のときは「ちゃんと出るかな…」って不安だったんです。でも、レコーディングでは奇跡的に高い声が出て、しっかり表現しきれたと思います。もしかしらた何かに守られていたのかも(笑)。今回は湊さんがスタジオに来てくださったので、直接ご指示をいただけたのも良かったですね。私、できるだけブレスを入れないように歌うクセがあるんですよ。「そのほうがカッコいい」という先入観があったんですが、湊さんに「ブレスをしっかり入れてみて」と言われて。やってみたら歌が劇的に良くなったんです。

「マモリツナグ」のようにテンポが速い曲の場合、ブレスの位置は重要ですよね。

そうなんですよ。ただ、それも意識するのではなく、体に覚えさせることが大事だと思うんです。最初は「ここでブレスを入れよう」と決めますが、何度も歌っているうちに「これがいちばんいい」という歌い方を体が勝手に決めてくれるので。まさに“考えるな、感じろ”ですよ。

ブルース・リーの名セリフですね(笑)。

そう思うようになったのも、それも最近の変化なんです。いままでの人生を振り返ってみると、「頭でしっかり考えれば、必ず正しい道に進める」と思ってきたんですけど、「そうじゃないこともあるな」と気付いて。そういう発見も新たな成長につながっているんじゃないかなと。