Review

『エージェント・オブ シールド』今見ておくべき海外ドラマはこれ!

『エージェント・オブ シールド』今見ておくべき海外ドラマはこれ!

「海外ドラマ、アレもコレも見たいけどタイトルが沢山ありすぎてどれを見ればいいのか悩ましい・・・」 そんなあなたのために、海外ドラマ評論家の3人(今祥枝さん、池田敏さん、 幕田千宏さん)が、テーマにそったイチオシ海外ドラマ作品をセレクト。第一回のテーマは“イマ見ておくべき旬の海外ドラマはコレだ!”を、お送りします。

© 2014 Marvel & ABC Studios.

aos-logo

マーベルユニバースがドラマにも進出!

 アイアンマンやマイティ・ソー、キャプテン・アメリカといったマーベルコミックのヒーローたちがチームを組んで大活躍するという人気映画『アベンジャーズ』。先ごろ、3年振りとなる待望の新作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が公開されるや、世界&日本で興行収益のトップになったばかり。

今回、池田敏さん(アメリカTVライター)が「今が旬」というテーマでお勧めするのが、そんなマーベルヒーローたちの活躍の裏側で起こったサイドストーリーを描くスピンオフ作品『エージェント・オブ・シールド』。

『アベンジャーズ』でもお馴染み、国際平和維持組織シールドのエージェントたちの活躍を描くハラハラドキドキのアクションドラマ。製作総指揮は『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の監督/脚本のジョス・ウェドンが自ら務めるのだから、クオリティに関しては安心二重丸。池田さんも「これを観れば『アベンジャーズ』や『アイアンマン』などマーベルヒーロー映画がさらに楽しめる」と太鼓判!

あの激シブおじさんキャラが復活!

 舞台となるのは『アベンジャーズ』や『アイアンマン』などと同じ世界。作品内の時間軸で言えば、ちょうど『アベンジャーズ』の映画第一作目、悪のエイリアン・チタウリとのニューヨーク決戦が終わってから数ヶ月後からスタート。

映画『アベンジャーズ』では秘蔵コレクションのキャプテン・アメリカカードにキャップ本人からのサインをねだるほどのファンだったコールソン。愛されキャラはそのままに今作ではチームを率いる理想の上司に!© 2014 Marvel & ABC Studios.

映画『アベンジャーズ』では秘蔵コレクションのキャプテン・アメリカカードにキャップ本人からのサインをねだるほどのファンだったコールソン。愛されキャラはそのままに今作ではチームを率いる理想の上司に!© 2014 Marvel & ABC Studios.

ここでいきなりのビッグサプライズ。なんと、映画『アベンジャーズ』でソーの弟ロキに刺されて死んだはずのエージェント・コールソンが生きていたという驚きの展開。

そのコールソンが少数精鋭の新メンバーを集め独立チームを編成。世界各地で起こった超常現象に立ち向かうというのが今作のストーリー。そしてコールソンが自らリクルートしたメンバーというのが個性派揃い!

個性豊かなエージェントたち!

 ウォード(ブレット・ダルトン)は、シールドの元秘密工作員。諜報・爆破などスパイ活動から格闘までこなすプロフェッショナルで、世界各地で極秘任務に従事していたため、語学にも堪能。人付き合いが苦手な堅物だが、新人スカイの教育係を経て、自らも人間として成長する。

スカイ(クロエ・ベネット)は、天才ハッカー。国家権力の秘密を暴露するのがモットーのハッカー集団に属していたが、シールドの秘密を暴こうとするうちにコールソンに誘われチーム入り。ルール破りの常習犯だが、冒険心と正義感は人一倍!

 こちらは若手エージェント、左からシモンズ、フィッツ、スカイ。やんちゃで暴れん坊、時にセクシーなスカイに、清楚な理系女子シモンズ、ちょっとオタクなフィッツとフレッシュな魅力にあふれた3人。© 2014 Marvel & ABC Studios.

こちらは若手エージェント、左からシモンズ、フィッツ、スカイ。やんちゃで暴れん坊、時にセクシーなスカイに、清楚な理系女子シモンズ、ちょっとオタクなフィッツとフレッシュな魅力にあふれた3人。© 2014 Marvel & ABC Studios.

フィッツは兵器開発担当、シモンズは医学・生物学担当。メイ(ミンナ・ウェン)は、中国拳法をベースにした格闘術の達人にして、専用ジェットのパイロットも担当。かつては「騎兵」とあだ名された凄腕の戦士だが、とある事件以来デスクワークに従事していたところをコールソンに誘われて前線復帰。クールな性格だが内には熱いものが。

そしてリーダーは、我らがコールソン(クラーク・グレッグ)。シールド長官ニック・フューリーの命を受け、アイアンマン、ソーなど各ヒーローが出現した時から調査・接触してきたベテラン・エージェント。死の淵から甦り、チームを率いる。ユーモアにあふれ、厳格でありながら部下を思いやる姿勢は、正に理想の上司!アンティークを中心としたコレクターでもある。

ちなみに、コールソン役のクラーク・グレッグ以外はまだまだ日本では知られていないフレッシュな若手キャストがメインだが、例外はメイ役のミンナ・ウェン。なんと、あの人気格闘ゲーム『ストリートファイター』の実写映画(1994)で春麗を演じたその人! お年はめしたがその美貌は健在で、クンフーアクションも華麗に披露!

超常事件とスパイアクションの融合!

 このメンバーが立ち向かうのがまた、どれもこれも一筋縄ではいかない怪事件。ニューヨーク決戦以来、世の中はガラリと一変。超人兵士や神、エイリアンが存在する世界では今までの常識なんて通用しない。超古代の遺物やエイリアンテクノロジー、はたまたナチスの怪兵器などが巻き起こす事件を、ヒーローに頼らずかつ秘密裏に解決するというスパイ映画にも似たドキドキ感が第一の魅力だ。そこに、池田さんの言うところのド派手な「王道アクション」が見事に融合するのだから、もう最高!

対してこっちはベテランエージェント。堅物男子ウォードに、クールビューティーのメイ。戦闘能力はAクラス、職務に命をかける2人だが、どちらにも思い出したくない辛い過去が……。© 2014 Marvel & ABC Studios.

対してこっちはベテランエージェント。堅物男子ウォードに、クールビューティーのメイ。戦闘能力はAクラス、職務に命をかける2人だが、どちらにも思い出したくない辛い過去が……。© 2014 Marvel & ABC Studios.

そして、垂直離陸からバックまでできちゃう高性能ジェット機から、一見高級クラシックカー~その実、空まで飛べちゃうスーパーカーに、現場検証ならおまかせのチビロボット軍団など、多彩な秘密兵器のギミックにもワクワクしてしまう。言ってみれば『Xファイル』と『ミッション:インポッシブル』を足して2で割らない面白さ。

ジョス・ウェドン自らが監督した第1話は、動画内で池田さんが「何10億かかっているのか!」と言っていた通り、ハリウッド映画級のド迫力!2話以降も、アメリカ国内のみならずヨーロッパから南米・アジアまでスケールデカ過ぎの冒険が展開する。

マーベル映画とのリンクや有名ゲストも

 そんな冒険の中で、『アイアンマン3』でトニー・スタークを敗北一歩手前まで追いつめた、超人ウィルス「エクストリミス」にまつわる陰謀や、ニューヨーク決戦でチタウリ兵士が残したヘルメットなど、さまざまなところに映画版とのリンクが張ってあるので、ついつい見比べてチェックしたくなってしまう。

15話ではソーの故郷アスガルドから戦士シフがゲスト出演。映画『マイティ・ソー』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』にも登場した剣の達人だ。アスガルドの監獄から脱獄したローレライを追って地球に!© 2014 Marvel & ABC Studios.

15話ではソーの故郷アスガルドから戦士シフがゲスト出演。映画『マイティ・ソー』『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』にも登場した剣の達人だ。アスガルドの監獄から脱獄したローレライを追って地球に!© 2014 Marvel & ABC Studios.

さらに、映画でおなじみのキャラクターがゲストで登場するのにも注目。シールド長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)やマリア・ヒル(コビー・スマルダーズ)など人気キャラから、映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でシールド崩壊時に重要な役割を担うことになる、エージェント・シットウェルがトホホな痛い目にあうなど、思わずニヤリとするシーンも。

さらに広がる世界、ここから入門もOK

 今作は、基本的に一話完結だが、先に挙げた「エクストリミス」にまつわる悪の組織「ムカデ」との暗闘や、コールソンがいかにして生き返ったのかという謎、スカイの出生の秘密&両親の行方と、シリーズを通じての伏線やミステリーが散りばめられているので、早く次の回が観たくてたまらなくなってしまうこと請け合い。

ちなみにアメリカでは、2013年に第1シーズンの放送を開始、現在シーズン2まで計44話のオンエアが終了している。シーズン2では映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』で組織が崩壊して以降の、新生シールドへの苦闘が新メンバーもまじえ描かれてゆく。

『エージェント・オブ・シールド』は、マーベルヒーロー映画を観ていればさらに楽しめるが、もちろんこのドラマ単独でも十分に面白い。むしろ、こちらを先に観て、それから映画に手を出すのも大いに結構。ヒーローがいる世界での、生身の人間の奮闘にハラハラドキドキしてもらいたい!

海外ドラマ
エージェント・オブ・シールド

ジャンル:SFスパイアクション
制作国/制作年:アメリカ/2013年~
制作会社:マーベル・テレビジョン

主要キャスト・スタッフ
出演:クラーク・グレッグ、ミンナ・ウェン、ブレット・ダルトン、クロエ・ベネット、イアン・デ・カステッカー、エリザベス・ヘンストリッジ
製作:ジョス・ウェドン、ジェド・ウェドン、モーリッサ・タンチャルーン


Agents_Of_SHIELD_Season_1

エージェント・オブ・シールド

© 2014 Marvel & ABC Studios.


アベンジャーズ

アベンジャーズ

© 2012 Marvel