Report

綾野剛が村上虹郎に吠える。「殺してやるからかかってこい!」―『武曲 MUKOKU』初日舞台挨拶レポート

綾野剛が村上虹郎に吠える。「殺してやるからかかってこい!」―『武曲 MUKOKU』初日舞台挨拶レポート

6月3日、東京・新宿武蔵野館にて映画『武曲 MUKOKU』の初日舞台挨拶が行われ、主演の綾野剛と村上虹郎、監督の熊切和嘉が登壇した。
原作は芥川賞作家の藤沢周。剣を棄てた男と剣に出会った少年との宿命の激闘、二つの彷徨える魂の破壊と再生の物語を、監督の熊切和嘉が紡ぎ出した渾身の一作だ。初日の上映後、登壇者3名が男魂を炸裂させる舞台挨拶を行った。

上映直後、綾野剛・村上虹郎・熊切和嘉が登場すると、劇場は観客からの惜しみない拍手と歓声に包まれた。拍手は彼らが登壇してもなかなか鳴り止まず、3人のはにかむ姿が微笑ましい。そして、綾野が静かに「朝から地獄のような映画を観させてすみません」と謝ると、会場は笑いに包まれた。さらに、綾野は「本当は余韻を引きずってもらいたい映画なんです」と笑顔を見せた。

この作品が熊切監督との2回目のタッグになることについて綾野が「熊切組の映画(「夏の終り」)に5年前に参加させていただいた時は地に足がついていなかった。だから、また一緒にやりたいなと思っていたので、念願が叶いました」と喜びを語ると、大の熊切ファンだと公言する村上は「撮影のとき監督はキラキラした目で僕らをご覧になってて、しかも、“いいっすね”としか言わなかった」と笑う。綾野が「それ聞くとホッとするよな」と相槌を打つと、熊切は「はい、カットと言えないんですよ」と苦笑い。

映画の制作経緯について熊切は、「チャレンジしたかったんです。この映画ではセリフではなく肉体だけで勝負する男の魂のぶつかりあいを表現したかった」と熱弁。綾野も、役作りは相当にハードだったようで、「僕は生まれて初めて、自分が演じる役〈研吾〉をかわいそうだと思いました。だから全身全霊で役を生き抜くことを決意したんです」と振り返った。村上は「原作は読んでいました。インスピレーションが湧いてきて、ラップのシーンや剣道のシーンでは素の自分で臨むことができましたね」と奔放に語った。

本作のハイライトでもある嵐の中の決闘シーンについて問われた熊切は「3日かけて撮影した大がかりなシーンでした。2人は大変だっただろうけれど、僕は楽しかったな」と会場から笑いを誘うと、綾野は「夏場の撮影でしたが、それでも雨に打たれていると体力を奪われます。その様子もカメラに抑えてくれる監督なので、リアリティーがあるし、どんどん楽しくなって……。早く殺してやるからかかってこい!」と突然、村上に吠えた。それを受けて村上は「怖いなあ(笑)。この7分のシーンはアフレコもしたのですが、綾野さんはRPGゲームのラスボスです。アフレコの現場で、2人でうりゃー! とか、とりゃー! と言い合って本当の決闘みたいでした」と暴露。じゃれあうような仲の良さを見せた。

司会者に“最近闘ったことは?”と聞かれた綾野は「自分と向き合うことをやめるのはダメだなと思いました。常に自分と戦うこと。そういう役者になりたいですね」と真摯に語った。村上は綾野を見つめながら「真面目ですね。僕は、自動車教習所の試験と格闘しています(笑)。応急救護の授業に出たのですが、僕が俳優だってバレてしまって、真剣に演じましたもん」と直近のエピソードを明かすと、綾野は「いいねえ。その役今度見せてよ」と笑い合った。

最後に綾野はこの作品について「破滅か、救いか、そんな選択しかできない不器用な男たちが愛を渇望するところに一筋の光が差し込みます。熊切さんの作品愛や虹郎の清々しさから希望を感じ取れる作品です」と初日舞台挨拶は盛況のうちに幕を閉じた。

この記事の写真一覧

映画『武曲 MUKOKU』

2017年6月3日公開

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった――。

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛、村上虹郎
前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明
監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ

オフィシャルサイトmukoku.com

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会

原作小説『武曲』

『武曲』

著者:藤沢周
文藝春秋

これが二十一世紀の剣豪小説だ!
無自覚な天才少年・羽田融とその「殺人刀」の血を恐れる剣道部コーチ矢田部研吾。反発と無視を乗り越えやがて二人は運命の対戦へ。