Interview

SKY-HI エッジーにしてポップなサウンドの新作。初の武道館公演が“スタート”だったと語る理由

SKY-HI エッジーにしてポップなサウンドの新作。初の武道館公演が“スタート”だったと語る理由

初の日本武道館公演(2days)を含む全国ツアー「SKY-HI HALL TOUR 2017 ~WELIVE~」を終えたばかりのSKY-HIからニューシングル「Silly Game」が届けられた。ツアーにも参加したバンド“SUPER FLYERS”をフィーチャーした表題曲はファンク、スカ、ジャズ、ポストパンクなどが有機的に絡み合うバンドサウンドのなかで、いまの社会に存在する息苦しさをテーマに据えながら、「自分の声を探しに行くんだ/ドヤ顏の正義に相対せ」というメッセージを放つアッパーチューン。サウンドメイク、リリック、ラップなどを含め、現在のSKY-HIのエッジーにしてポップな創造性がはっきりと示されたナンバーと言えるだろう。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 森崎純子


自分たちのステージを見てもらう機会をひとつでも増やすことのほうが大事

全国ツアー「SKY-HI HALL TOUR 2017 ~WELIVE~」がスタートした直後に、ライブの映像をアップしていましたが、あれはどんな意図があったんですか?

単純に“閉じない”ということですね。閉じてる場合じゃない、と言ったほうが正しいかもしれないけど。公開したのはツアー初日の映像で、まだ不確定要素もあったから正直“まだ見せたくない”という気持ちもあったんだけど、それよりも自分たちのステージを見てもらう機会をひとつでも増やすことのほうが大事というか。いまはクリティカルヒットでスターダムに上がれる時代ではなくて、試験管に一滴一滴垂らすように、積み重ねるしかないですからね。

あのライブ映像は、ツアーに参加しているバンド“SUPER FLYERS”の魅力が感じられる内容だったじゃないですか。それは今回のシングル「Silly Game」にもしっかりつながってますよね。

うん、まさにそうですね。もっと言えば、これまで作ってきた楽曲もすべてつながってるんです。自分の思考、人生の軸みたいなものが、どの曲にも入っているので。ひとつひとつのアルバムにも小説や映画みたいなストーリー展開があるんですけど、もっと広いところから眺めると、すべてが勝手につながっているというか。“死を語る”というテーマの「カタルシス」というアルバムがあって、LIVE(生命)を語った「OLIVE」というアルバムにつながって、その後、「WELIVE」というツアーを回って。“LIVE” “I LOVE”を歌えるようになったのも、バンドのメンバー、ダンサーなどの仲間がいたからなんです。…衒いなく“仲間”なんて言えちゃうのってすごいなって、いま自分で思いましたけど(笑)、彼らとの出会いは本当に大きくて。このタイミングだからこそ、「Silly Game」を完成させられたんだと思いますね。

バンドの成熟、メンバーとの関係性が重要だったと。

そうですね。バンドと一緒にライブをやり始めたのが3年前で、SUPER FLYERSって名前が付いたのが2年くらい前かな。ダンサーはもう7年くらいになりますからね。俺自身はフロントマンであり、コンダクターであり、リーダーであり船長でもあるんだけど、彼らのことをバックバンド、バックダンサーだとはまったく思ってなくて、やっぱり仲間でしかないんですよ。彼らがいなかったら、ひょっとしたら自分は生きてなかったかもしれないし、少なくとも作っている音楽は確実に変わっていたと思うんです。彼らに対する気持ちをファンの前で言うことで、彼らと俺との距離もどんどん近くなってるし。ほら、女の子が「言葉にしてくれないとわからない」って言うじゃないですか。あれと同じです(笑)。実際、ツアーの打ち上げとかもヤバイんですよ。楽しすぎて。

ライブの精度が上がるだけではなくて、打ち上げも盛り上がる(笑)。

そうそう。「ONE PIECE」の尾田栄一郎さんが「いちばん描きたいのは、宴のシーン」って言ってて。ストーリーが一段落すると、必ず見開きで宴のシーンが出て来るんですよ。すごく凝った絵なんですけど、それが描きたいから「ONE PIECE」を続けてるところもあるんじゃないかなって。今回のツアーの打ち上げもそんな感じなんですよ(笑)。

デモもSUPER FLYERSのメンバーだから聴かせられるんですよね

「Silly Game」の制作にも、日高さんとバンドの関係性が強く反映されていて。制作はどんなふうに進めていったんですか?

まず俺がデモを作るんですけど、そこからはメンバーとコミュニケーションを取りながらやってました。メンバーには何でも言えるんですよ。「ここはデモに忠実にやって」とも言えるし、逆にブラスのアレンジに関しては、もともと三管で作ってたものを、メンバーがさらに六管も増やしてビッグバンド編成にしてきたり。それがすごく良かったから「それでいこう」ということになったんですよね。あとは2番のところでドラムに暴れてもらって、その音にエフェクトを掛けたり。それは俺のポストパンク的な解釈としてやりたかったことの一つなんだけど、お互いに気を使ってたら、そんなことはやれないじゃないですか。デモの音源にしても、ベースとシンセの音がぶつかってたり、鍵盤でギターのリフを作ってるから、実際に(ギターで)弾くとめっちゃ大変とか、いろいろあって。そういうデモもSUPER FLYERSのメンバーだから聴かせられるんですよね。裸まで見せられるというか(笑)。

お互いに全裸になれるっていう(笑)。

それ、意外と大事なんです。そういう仲間がいるからこそ、お客さんの前で裸になれるわけだし。ステージで裸になれなかったら、何を言っても説得力がないですからね。

なるほど。SKY-HIとして活動を始めたときから、生のフルバンドと一緒にライブをやるという構想はあったんですか?

うん、ありました。自分は生バンドとのセッションでいろんなものを培ってきたところがあって。いまのバンドメンバーと知り合うきっかけになったのは、Tokyo Soul Driveというジャズ、ソウル、ファンク系のイベントなんです。30分くらい全員でセッションするんですけど、そのときに自分の命が燃えている感じがしっかりあって。その後、初めて自分の曲をバンドセッションしたのが3年くらい前かな。そういうのってタイミングだから「この波は逃しちゃいけない」と思って、SUPER FLYERSとして活動できる体制にしたんですよ。メンバーの年齢も近いし、聴いているものも似ているから、伝えるのもラクなんですよね。「80’sのこのあたり」とか「そこまでやるとプリンスっぽくなりすぎる」とか。

オーセンティックなソウル、ファンクを軸にした生音のグルーヴは、偶然か必然か、いまの世界的なトレンドとも重なってますよね。

それはね、必然です。いまのトレンドを作ってる人たち、たとえばアンダーソン・パークやケンドリック・ラマー、J・コールにしても、ほとんどが同世代なんですよ。ドレイクやブルーノ・マーズもそう。音楽的に共通しているところは多いし、彼らが聴いていなくて、俺が聴いている音楽はたぶんJ-POPくらいですからね。

確かにそうかも。

自分の場合はファレル・ウィリアムスがきっかけで、彼がインタビューなどで挙げているミュージシャンの音楽を聴きながら、どんどん遡っていったんです。そこでファンク、ソウル、ジャズなどを聴くことでDNAを構築してきたんですけど、ガラパゴスにならないで、やりたい音楽をやったら今の感じになると思うんです。ダンスミュージックに傾倒したらw-inds.の新しいアルバム(「INVISIBLE」)みたいな感じになるだろうし。もちろん「日本のリスナーに届けるには、どうしたらいいか?」ということも考えますけどね。ポップネスを意識するというか。

「ここを超えたら受け入れられるはず」というボーダーラインがあるんですよね、自分のなかに

歌詞に関してはどうですか? 特にシングルの歌詞の場合、わかりやすさを意識することもある?

3年くらい前はそういう意識もありましたけど、少しずつ変わってきてますね。最初は日記みたいな歌詞しか書けなかったんだけど、それがコラムになって、小説になって。そうすると世の中に届きやすくなってきたんですよ。そこに辿り着くまでは大変でしたけどね。もう思い出したくもないけど、100回以上リテイクして、死にそうになりながら書いてたので。いまはしっかりした下地ができているし、「ここを超えたら受け入れられるはず」というボーダーラインがあるんですよね、自分のなかに。言葉のハードルを下げなくてもしっかり伝わるというか。そういう歌詞は日本のポップスシーン全体に増えていると思います。RADWIMPSの「前前前世」なんて、まず「その言葉、よく思いついたね!」って(笑)。「ひとりじゃない」とか「夢は叶う」とかではなくて、いい歌詞はいっぱいありますよ。

「Silly Game」のリリックはきわめて現代的なトピックを扱っていますが、全体を通して聴くとしっかり物語になっていますよね。

1番のリリックについては、出家した女優さんのことに関して感じたことがもとになってますね。同調圧力、息苦しさみたいなものって、芸能界だけじゃなくて、上司と部下、クラスの班のなかにもあるだろうし。しかもいまはSNSのおかげで24時間つながっていられるし、ひとりの時間がまったくないじゃないですか。自分の声を聞いてあげられないのって、じつはすごく危険だと思うんですよ。「昔は良かった」という人にはなりたくないけど、若いときに自分の声をいっぱい聞けたことは幸せだったと思うし。それができない現在の若い人たちは、どうやって発散するんだろう?とは思いますね。

1 2 >