Report

銀河級アイドルが魅惑のステージ!ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』開幕レポート

銀河級アイドルが魅惑のステージ!ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』開幕レポート

惑星アイドル「CHaCK-UP」の弟分として誕生した準惑星アイドル「アンプラネット」。そのチャーミングなキャラクターで地球を席巻する彼らが、いよいよ舞台初主演を果たす。それが、6月8日(木)から東京・紀伊國屋ホールにて開幕のミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』だ。
準惑星アイドルとは? ミュージカライブとは? 謎が謎呼ぶ魅惑のステージを徹底解剖。「アンプラネット」を愛するビジュー(ファン)のみなさんも、まだ「アンプラネット」を知らないあなたも、宇宙スケールに広がる「アンプラネット」の魅力をぜひ知ってほしい。 

便利屋ポミィに別人格が憑依! 謎の宝石の秘密とは…?

本作の舞台は、天才音楽プロデューサー・リッキー(鳥羽潤)が主催する銀河アイドル選手権。デビューを夢見るアイドルの卵たちが、宇宙から集まっている。その舞台裏に現れたのが、闇の便利屋ポミィ。どうやら何者からか依頼を受け、ある宝石を届けに来たよう。ところが、ちょっとした出来心で、その宝石を身につけた途端、意識が遠のき、気づくと身体に別の人格が宿っていた…。そんなポミィを中心に、エリィ、セシィ、マーニィらが加わり、銀河アイドル選手権が思わぬ方向へ展開していく。

中央:リッキー(鳥羽潤)

詳細なストーリーは見てのお楽しみとして、本作の魅力を語る上で、やはりいちばんにふれておきたいのが、キャラかぶり一切なし! 十人十色のキャラクターの個性だろう。

ファニーフェイスのポミィは、劇場全体を和ませる癒し系スマイル全開。しかも今回は別人格が宿るということで、その表情も二人分楽しめる。裏街道を行く便利屋ながら、かつてはスターを夢見るダンサーだったポミィ。その裏腹な気持ちを歌う歌唱パートは、しっとりとしたメロディに乗せてポミィの伸びやかな歌声がすっと胸に広がっていく。

ポミィ

一方、ポミィの別人格ポムリアは強気なワガママキャラ。エリィらの忠告にまるで耳を貸さないじゃじゃ馬っぷりで周囲を振り回す。だが、ポムリアのクリームのようなスマイルと相まって、憎めないどころか、むしろキュート。仕草や立ち居振る舞いも、ポミィ本人とはまるで別人。ガーリッシュな一面をたっぷりと見せ、ビジューの心を掴む。

左:ポミィ 右:ヴィー

なりゆきからポミィとタッグを組み、銀河アイドル選手権に出場することになった掃除屋ヴィーとのコンビネーションも微笑ましい。序盤は闇の男らしいクールな顔を見せる一方、銀河アイドル選手権にエントリーするや否やアイドル精神に目覚めていくヴィーの一挙手一投足がプリティの嵐。みんなが話をしている傍らで、一生懸命可愛い仕草の練習をしているヴィーがとんでもなくラブリーなので、うっかり見逃さないよう要注意だ。

ローザ

ルカルカ

さらに、銀河アイドル選手権には、デビューを夢見て孤軍奮闘するローザ(加藤真央)や、最強アイドル・ルカルカらも参戦。才能という大きな壁の前で苦悩するローザの成長は、本作の大きな見どころのひとつ。躍動感溢れるパフォーマンスと共に、そのパワフルな演技で物語の核を担った。対戦相手が思わず戦意喪失するほどの存在感を誇るルカルカも本作のキーパーソンのひとり。王道アイドル的なピコピコサウンドに乗せて、パフォーマンスを披露するや、観客の視線をさらっていく。

これが「アンプラネット」だ! キラキラ全開の銀河級アイドルたち

そして、我らがエリィ、セシィ、マーニィの奮闘も、キュンキュンポイント満載だ。赤、青、黄色のキャラクターカラー通り、色とりどりの魅力を放っている。

マーニィ

まず黄色担当のマーニィは、そのつぶらな瞳と大きい唇が愛らしい。くるくると変わる豊かな表情にぴったりのお茶目なキャラクターだが、一本気なエリィとは反対で、心配性な一面も。猪突猛進に突き進むエリィとは事あるごとに意見が食い違い、言い争う。案外、この中で最も常識人なのが、マーニィなのかもしれない。

ダンスシーンでは、元気いっぱいに腕を伸ばし、身体を大きく使ったパフォーマンスが印象的。マーニィが踊っているのを見ると、こちらもついワクワクしてしまう。チャームポイントの無邪気な笑顔も、ダンスシーンでは一段と際立っている。マーニィが踊ると、周りの彩度がほんの少し上がる。黄色担当らしい、周囲を照らすようなダンスについつい惹きつけられてしまうビジューも多いことだろう。

セシィ

青色担当のセシィは、この中でいちばんの大人キャラ。彼の曇りのない黒い瞳で射抜かれると、瞬間、言葉を失ってしまう。意志の強そうな太い眉に、厚い唇が実にセクシー。エリィとマーニィがワチャワチャと騒ぐ中、セシィは終始冷静沈着。肉感的な唇からセシィの落ち着いた声が紡がれると、うっとり聞き惚れてしまう。

長身を活かしたパフォーマンスも絵になる。指先まで神経が行き届いたダンスは色気ダダ漏れ。クールでどこかデンジャラスな大人の男に弱い女子たちがセシィを知ったら、完全にロックオン。あとはもう逃げることのできない深みがあなたを待ち受けている。

エリィ

さらに、赤色担当のエリィは、少年漫画の主人公のような熱血漢。ちょっぴりいかめしい口調も思わず愛でたくなるポイントだ。友情に厚いエリィは、銀河アイドル選手権が進むにつれ、徐々に葛藤を覚えるように。自分たちのミッションと板挟みとなり、ひとり自己嫌悪に陥るエリィを見ていると、我が子を見守る気持ちで応援したくなる。

王子様のような端正なヴィジュアルは、まさに正統派アイドルという冠がぴったり。潤んだようにきらめく瞳に、ぷっくりした頬。時に明るく、時に切なく、表情を変えながら、ビートに乗るエリィにはスポットライトがよく似合う。飛び散る汗も、エリィにかかればまばゆいジュエリー。ステージの上でキラキラと輝くエリィは、まるで音符を星屑に変え、客席に振り舞いているようだった。

日替わりゲストも登場! 興奮K点超えのライブステージ!

ミュージカライブと銘打つ通り、胸躍る楽曲のオンパレード。第1部のミュージカルパートが終わると、第2部はライブパート。ここではうちわやサイリウムを使って、思う存分、パフォーマンスを楽しんでほしい(ただし、うちわ等を使う場合は、後ろのお客さんの視界を遮らないよう、胸元の位置でキープするよう注意したい)。

ミュージカルパートで用いられた楽曲がフルで楽しめるのはもちろんのこと、意外な組み合わせによるステージングもライブパートならではの醍醐味。さらに日替わりゲストも登場し、ライブを盛り上げる。本日は、アンプラネットたち同様アイドルステージ出身の「三日月」の赤河祐が登場! 御曹司らしいメタリックシルバーのジャケットを羽織り、80年代男性アイドル歌謡を彷彿とさせるゴージャスなメロディに乗って、“先輩”の貫禄を示した。

ライブでは、客席降りもたっぷり。ポミィらが、至近距離でパフォーマンスを披露する。何と言っても嬉しいのが、一人ひとりがコミュニケーションをとるように、しっかりとビジューを見つめてくれるところ! その爽やか度300%の笑顔で見つめられたら、自我も崩壊する勢い。ボルテージは、驚異のK点超えだ。ビジューとの時間を楽しむように手を振るポミィらの姿を、しっかり瞼の裏側にスクリーンショットしておこう。

久しぶりに地球に降り立った「アンプラネット」のメンバーたち。その破壊力は、まさに銀河級と呼んでも差し支えはない。きっとこのステージを経て、大量のビジューが生まれることだろう。次の来星を待つ前に、今すぐこの奇跡の瞬間に立ち会うべし。劇場を出る頃には、最強すぎる「アンプラネット」の面々にノックダウンされているはずだ。

ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』は6月18日(日)まで東京・紀伊國屋ホールにて上演。日替わりゲストも三浦宏規を筆頭に豪華な顔ぶれ。さあ、あなたはどの回に参戦する?

取材・文・撮影 / 横川良明


開幕にあたり、脚本・演出を手掛けた亀田真二郎(東京パチプロデュース)と、冥王星人☆ポミィ、そして、「アンプラネット」調査倶楽部の赤澤遼太郎より、コメントが到着!

脚本・演出 : 亀田真二郎(東京パチプロデュース)

準惑星アイドル・アンプラネットを主演に迎えてお贈りする今回のミュージカライブ。
アンプラネット達のストーリーを素敵な歌とダンスにのせて、コミカルにエネルギッシュにお届けします。
ミュージカルとライブが融合した、観客巻き込み型の新感覚ステージ!!
全てのお客様を幸せにする、まるでアミューズメントパークのような空間をぜひ体感してみてください!

冥王星人☆ポミィ

冥王星人☆ポミィです!
僕は舞台に出演するのが2 回目なんだけど、今回もだーい好きな歌を沢山歌わせて貰うよ!
気合い入っちゃうな~。
今回びっくりする事も沢山あると思うし、前回のCHaCK-UP のミュージカルを観てくれた方にとっては懐かしく思うことがあるかもね!
そしてミュージカライブって新しいジャンルに挑戦するんだけど、ビジューのみんなも物語の登場人物の1 人になるよ! きっと忘れられない体験が出来ると思うよ!
ステージで待ってるね♡

アンプラネット調査倶楽部 : 赤澤遼太郎

一目見た時から僕の心を掴んで離さない、準惑星アイドルグループアンプラネットの宇宙初のミュージカライブが本日から開幕いたしました!!!
僕もアンプラネット調査倶楽部の一員として稽古場に潜入調査をさせていただき、準惑星人である彼らがこの1ヶ月間、ビジューの皆様の笑顔のために稽古してきた姿を見てきました!!
我々、地球人とは一風変わった彼らの織りなす物語を、ぜひ劇場で一緒に体感しましょう!!
最後にエリィ君!客席を盛り上げるのは任せておいて!!!
一人でも多くの人に紅ビジューになってもらえるよう頑張ります!!

ミュージカライブ 『アンプラネット—ボクの名は—』​

2017年6月8日(木)~2017年6月18日(日)
紀伊國屋ホール
チケット料金:6,000円

脚本・演出:亀田真二郎(東京パチプロデュース)
作詞:三ツ矢雄二/うえのけいこ
音楽:大石憲一郎
振付:Q-TARO 他

出演: 福島海太(ポミィ) 赤澤遼太郎(エリィ) 井阪郁巳(セシィ) 松田将希 (マーニィ)/HERO 星乃勇太(ヴィー)/加藤真央 永松文太 花塚廉太郎 Ibu/尾関 陸/鳥羽 潤
日替わりゲスト:三浦宏規 劉 高志 Kimeru 三ツ矢雄二 
※出演日程はオフィシャルサイトをご確認ください。

オフィシャルサイトhttp://www.nelke.co.jp/stage/UN_PLANET_2017/

この記事の写真一覧