future×feature  vol. 5

Interview

「ZIP!」リポーターとしても活躍する熊谷江里子。映画『パパのお弁当は世界一』でも存在感を発揮!

「ZIP!」リポーターとしても活躍する熊谷江里子。映画『パパのお弁当は世界一』でも存在感を発揮!

日本テレビ系朝の情報番組「ZIP!」の流行ニュースを紹介するコーナー、「BOOMERS」のリポーターと言えば、「あ!」と思うかもしれない。 彼女の名は熊谷江里子。「第1回JUNONプロデュース ガールズコンテスト」で準グランプリを受賞して芸能の仕事を始め、大学進学にともない2016年春に上京。学業と両立させながら女優への道を歩む、期待の19歳だ。 このほど、映画出演2作目となる「パパのお弁当は世界一」が公開されるのを機に、そんな彼女をクローズアップ。映画撮影時のエピソードをはじめ、今後の目標やパーソナルな部分まで幅広く訊いた。 彼女の今の充実ぶりから、今後益々活動の場を広げるに違いない。

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志


家庭の味は幼き日に食べた父のハンバーグと母の唐揚げ

「パパのお弁当は世界一」では、ヒロインを務めた武田玲奈さんのクラスメート・くるみ役を演じました。撮影現場はどのような雰囲気だったんですか?

玲奈ちゃんと級友のシホ役を演じた染野(有来)ちゃんとは事務所が一緒なんですけど、私は上京してきて1年ちょっとだったこともあって、2人よりも演技の経験が浅かったんです。そういうところで不安もあったんですけど、「パパのお弁当は世界一」は学校の教室での友達同士のやりとりが多かったので、現場ではエチュードを重ねて会話の雰囲気をつくっていきました。カッチリとセリフが割り振られたお芝居というよりは、その場の空気やノリを大切にしてワイワイしゃべっていた、と言いますか──。現役の女子高生の人たちもエキストラで参加していたので、高校のころを思い出して懐かしくなりました。
友達同士だからこそ、短い言葉でストレートに言えるので、リアルな日常会話の雰囲気を出せたんじゃないかな、と思っています。

映画「パパのお弁当は世界一」より ©2017「パパのお弁当は世界一」製作委員会

劇中では、武田さんが演じるみどりの持ってくるパパのお弁当の見た目と味がどんどんグレードアップしていきますけど、順番通りに撮影していったんでしょうか?

撮影の順番は結構バラバラでした。「次のお弁当は上手」「次は今イチかも」という感じで。みどりの彼氏のユウジが食べてくれなくて、お弁当を2つ持ってくるシーンでは、「私も食べてあげるよ」といった言葉が自然に出てきて、日常会話っぽいやりとりができたかなって思います。あと、玲奈ちゃんが泣くシーンの芝居でのスイッチの入り方がすごくて! 前のシーンからパッと切り替えて涙を流していたので、さすがだなぁって感心するばかりでしたね。

余談ですが、熊谷家のお弁当は、何が定番でした?

唐揚げです! 「ご飯と唐揚げだけでも全然いいから」って母にお願いしたくらい、大好物なんです。それこそ、「パパのお弁当は世界一」のパパが一番最初につくった、〝茶色ばかりのお弁当〟じゃないですけど(笑)、 唐揚げ5つにおにぎり一つ、という組み合わせが定番でした。唐揚げって、揚げたてのパリッとした食感はもちろんですけど、冷めても美味しいじゃないですか。油がなじんで、シナッとした衣の食感も好きなので、私の中では最強のおかずなんです。

そうなんですね! では映画に掛けまして、お父さんの料理の思い出はありますか?

ちいさなころなんですけど、姉と私につくってくれたハンバーグが、すごく美味しかったことを覚えています。うちの父は昔、料理屋さんで働いていたらしくて、ハンバーグの上にパイナップルが乗っていたんですよ。味もそうなんですけど、そのビジュアルがすごく印象的だったんですよね。幼心にも、すごいなぁと思いました。

何となく想像ですけど、熊谷家の食卓は楽しそうですね。

実家にいたころは、家族そろってご飯を食べるのが当たり前で、季節の食材を一緒に味わったり、冬は鍋を囲んだりというように、食事をとても大切にする家だったなと思います。食事中はテレビの音を消していたので、自然と家族間で会話がはずむんです。ご飯を食べながら話すと、不思議とふだんは言えないことも言えたりするじゃないですか。そういった団らんを思い出すと、やっぱり家族が恋しくもなりますし、あたたかくて幸せな気持ちにもなります。そうやって考えると、家族でご飯を食べることって、すごく大切だなと思います。

ちなみに熊谷さん自身、お料理は……?

基本的に自炊するように心がけています。料理をしていると目の前のことに集中して無心になれるので、気分転換にもなるんですよね。ただ、ひとり暮らしなので、つくる分量が難しいんですよね。なので、多めに料理して保存しながら何日かに分けて食べる、といった感じです。まだネットに載っているレシピに頼っちゃうところがあるので、いつかはパパパッと手際よくつくれるようになりたいです。でも、ハンバーグは結構、味に自信あるんですよ! それからパンも……ときどきですけど、生地からつくって焼いています。やっぱりたくさんつくりすぎて、余っちゃうんですけど(笑)。

vol.4
vol.5
vol.6