Report

歌い、踊り、撃ち、斬る!“逆2.5次元”「錆色のアーマ」誕生を目撃せよ。佐藤大樹&増田俊樹 開幕会見&公演レポート

歌い、踊り、撃ち、斬る!“逆2.5次元”「錆色のアーマ」誕生を目撃せよ。佐藤大樹&増田俊樹 開幕会見&公演レポート

アニメ、漫画、ゲームなどを原作にした“2.5次元舞台”が近年数多く上演されているが、6月8日にAiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕した舞台「錆色のアーマ」はこの舞台版を皮切りに、今後アニメなどの様々なメディアミックス展開を図っていく“逆2.5次元プロジェクト”の記念すべき始まりの舞台だ。初日公演を前に「錆色のアーマ」でW主演を務める佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)と増田俊樹が囲み取材に登壇し、ゲネプロ公演が行われた。

左:孫一(佐藤大樹) 右:織田信長(増田俊樹)

逆2.5次元プロジェクトの始まりを高らかに告げた舞台版「錆色のアーマ」は、近年数多く上演されている2.5次元舞台とは異なり、アニメ、漫画、ゲームなどの“原作”を持たない舞台だ。つまり、原案やストーリー展開はもちろんのこと、この舞台に関するすべてがゼロからのスタートとなり、舞台上で紡いでいくこの物語こそが「錆色のアーマ」の“原作”となる。「錆色のアーマ」という完全オリジナルの物語の中で、演出家・元吉庸泰と共にキャストたちが考察と実践を繰り返しながら作り上げた個々の役柄、台詞まわし、キャストたちが身につけた衣装や個性的な形状をした武器・アーマの実像を、観客たちはこの舞台で初めて目撃することになる。

この物語は、アーマを携え、戦乱の世に名乗りを上げようとする傭兵集団・雑賀衆(さいかしゅう)を率いる孫一(佐藤大樹)と、彼らの兵力を手中におさめ、天下取りを目指す織田信長(増田俊樹)との出会いから始まる。
そこに信長に仕える明智光秀(栩原楽人)の企み、顕如(輝馬)や数珠坊(市瀬秀和)らの一向宗の怪しい思惑、仕掛けられた罠、孫一と信長が抱えた過去の悲しい出来事、個々が抱いている心の闇、人間関係のもつれが物語の中で縦横無尽に絡み合い、「敵は本能寺にあり!」という明智光秀が発したあの有名な史実上の言葉を機に、織田信長暗殺計画の地・本能寺へと集約されていく……。

そう、「錆色のアーマ」はオリジナルのストーリーでありながらも、そこに織田信長、明智光秀、雑賀衆といった“史実上”に存在した人物たちが登場し、誰もが知っているであろう戦国史を盛り込むことで、観る者が戦乱の世に展開されたストーリーを身近に感じられる舞台になっていた。しかし、この物語の中で描かれる織田信長暗殺計画は、私たちが知るあの”本能寺の変”の結末と同じなのだろうか? 果たして大どんでん返しがあるのだろうか? 舞台版「錆色のアーマ」は、劇場に足を運ばなければ体感することのできないことが詰め込まれた舞台だといえる。

雑賀衆が手にする特殊な形状をしたアーマの個々の能力と必殺技の数々、難易度の高い組み手が盛り込まれた殺陣、立ち回りのスピード感、舞台を所狭しと駆け回る演者たちの熱量の高さ、雑賀衆とアンサンブルらによるダンス、細やかな心情の変化が刻まれた歌、映像とのリンクなど、様々な要素が組み込まれた舞台が、約1ヶ月間という限られた稽古期間で構築されたものとは思えないほどの完成度の高さに驚かされ、各シーンの見どころの多さに一瞬たりとも目を離すことができなかった。

個性豊かな雑賀衆を率いる孫一を演じた佐藤大樹は、4年ぶりの舞台となる今作が初主演だが、情に厚くて仲間思い、喜怒哀楽を素直に出す孫一は、佐藤大樹のもともとの性格と十分に重なり合うキャラクターだと思えたし、彼が得意とするダンスや殺陣のキレのよさは、さすがEXILEパフォーマーだけあって、佐藤の身体能力の高さが十分に発揮されていた。特に孫一のアーマは刀と銃が一体型となっているので、その二刀流を使い分けた殺陣はかなり見ごたえがあったし、初挑戦となった歌やRAPでは彼の新たな魅力を知ることができた。

約5年ぶりの舞台となる今作で、戦国武将・織田信長を演じた増田は、戦国時代に実在した人物を威厳のあるたたずまい、凛とした表情や鋭い眼差し、堂々とした歩き方、台詞の言い回しなどで、増田にしか演じることができない「錆色のアーマ」の織田信長像を作り上げていた。

左:輝馬(顕如) 右:栩原楽人(明智光秀)

織田信長を陥れる謎多き顕如を演じた輝馬の圧倒的な存在感と聞き応えのある歌にも、ぜひ注目してほしい。400年以上も生きている不老不死の顕如は、両性具有の妖怪のようにも見える怪しくも美しい風貌とファンタジックな要素を合わせ持つキャラクターだが、輝馬は顕如の闇をあらわにした演技を見せつけ、彼もまた「錆色のアーマ」のキーパーソンの一人である顕如を緻密に構築し、彼にしかできない顕如像を作り上げていた。
栩原楽人が演じた明智光秀は少年のような顔立ちと人懐っこさを持っているが、信長に心頭する一方で、光秀が心の奥底に隠し持っていた野心の欠片が物語が進むにつれ次第に大きくなってく様を、栩原はシーンが移り変わるごとに繊細に演じきっていた。

左:鶴首(荒木健太朗) 右:蛍火(永田崇人)

雑賀衆のメンバーも個性派揃いだ。雑賀衆の最年長で、長尺のアーマを持つ鶴首(荒木健太朗)、小柄な体で二丁拳銃のアーマを操る蛍火(永田崇人)、雑賀衆のエリートで、怨念を操り撃つアーマを持つ不如帰(崎山つばさ)、自分の身体各部にアーマを仕込んでいる黒氷(平井裕一郎)、短刀のようなアーマをしなやかに操り、人を惑わす美少年・アゲハ(神里優希)、破壊力絶大の大筒アーマを豪快にぶっ放す木偶(章平)と、彼らそれぞれの個性が物語の各所各所でしっかりと描かれていて、それぞれが抱えた思いや個々の生き方のどこかしらに、観る者は共感を覚えてしまうだろう。

左:不如帰(崎山つばさ) 右:アゲハ(神里優希)

このように個性豊かなキャラクターが揃っている物語だからこそ、今後の“逆2.5次元プロジェクト”の展開において、この「錆色のアーマ」がアニメ化されるとすれば、個々のキャラクターをより深く知ることができるストーリー展開が生まれるかもしれないと期待できた。
キャストたちは自分たちが原作になるんだという意識を常に持ち、自分に与えられたキャラクターをより自分のものにするために「錆色のアーマ」に立ち向かっている。そんな彼らの姿はとても凛々しく、たのもしかった。

左:木偶(章平) 右:黒氷(平井裕一郎)

キャラクターそれぞれが心に秘めた思い。仲間との絆。裏切り。葛藤。対立など、登場人物たちの命をかけた熱い生き様が刻まれた「錆色のアーマ」を、芝居、歌、ダンス、殺陣と見どころが満載の「錆色のアーマ」を、そして前代未聞の逆2.5次元プロジェクトの始まりとなる劇場版「錆色のアーマ」をぜひ劇場で体感してほしいと思った。

舞台『錆色のアーマ』は6月18日までAiiA2.5Theater Tokyoで上演され、その後、大阪公演が6月22日~25日に森ノ宮ピロティホールにて上演される。

とにかく笑顔を忘れず、喜怒哀楽を意識(佐藤)
信長がどんな思いで生きてきたんだろうと独自に役作り(増田)

佐藤大樹

自分は今日(初日)を迎えることを非常に楽しみにしていました。ここまで本当に最高のスタッフ、キャストのみなさんと力を合わせてゼロから作ってきた舞台なので、早くお客様に観てほしいという気持ちでいっぱいです。歌に挑戦するのは初めてだったので最初は不安もありましたけど、周りのみなさんの支えもあり、自分もたくさん練習したので、不安要素は消えました。(個人的には)織田信長(増田)と顕如(輝馬)の二人の歌が好きです。声もいいし、歌もうまくて存在感もあって華もある。自分も負けてられないなって思いました。雑賀衆が歌いながら踊るシーンは、振り付けをいただいたときから稽古の前後にみんなでチーム感を意識して踊っていました。
「錆色のアーマ」はこの舞台が原作となるので、自分に置き換えて演じていいよと、元吉さんがおっしゃってくれたので、もし自分が歴史上にいたら、こんな孫一になっているだろうということを意識して役作りをしました。自分が暗くなると舞台全体が暗くなってしまうので、とにかく笑顔を忘れず、喜怒哀楽を意識して演じています。(衣装やアーマについては)男の子の本能として、こういう武器を持つとテンションがすごく上がります。雑賀衆はそれぞれテーマカラーがあり衣装に現れています。ヤタガラスの紋もそれぞれ違うところについており、アーマにも個性があるので細かな部分も見ていただきたいです。

増田俊樹

頼れる仲間たちと1ヶ月間稽古に励んできて、本当に素晴らしい舞台ができているという自負があります。一個人としては、久しぶりに立つ舞台ということで、いったい舞台の上で何が起こるんだろう、と。舞台の上には魔物が住んでいるとよく言われますけど、いいことがたくさん起こることを望んでいます。座長(佐藤)がしっかり前を向いて歩いているので、僕もその背中を見ながら、歯向かいながら(笑)、共に歩きたいと思います。織田信長は史実上にいる人物なので、信長自身がどんな思いをもって生きてきたんだろうというところを、「錆色のアーマ」というオリジナルストーリーの中で自分はどこまでいけるかというところに着目して、独自に役作りをしました。
(衣装やアーマについては)稽古中、僕の武器はなにかな~と楽しみにしていたら、剥き身の刀を渡されて(笑)。でも、自分が稽古で作ってきた織田信長という人物像に対して、鞘に納まらない剥き身の刀というのは、僕の中で腑に落ちる部分がありましたし、オリジナルの刀を作っていただけて嬉しかったです。これを持つ意味、これを持って戦う意味というのをあらためて考えさせてくれる衣装ですし、小道具にも魂がこもっているので身が引き締まりました。
雑賀衆はチーム感がホントに良くて。個ではなく、グループで作る存在感は雑賀がいちばん持っていると思いますね。演出の元吉さんが、ホントに大変なものを作っちゃってごめん! とおっしゃるくらい、殺陣とダンスと歌がランダムな入り乱れ方をするので、すべてが見どころだと思います。

取材・文 / 松浦靖恵 撮影 / 竹下力

「錆色のアーマ」

【東京公演】
2017年6月8日(木)〜18日(日)
AiiA 2.5 Theater Tokyo
8,500円(全席指定・税込)
【大阪公演】
2017年6月22日(木)〜25日(日)
森ノ宮ピロティホール
8,500円(全席指定・税込)

【原案】「錆色のアーマ」プロジェクト
【脚本】なるせゆうせい
【演出】元吉庸泰
【キャスト】孫一:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS) 織田信長:増田俊樹 鶴首:荒木健太朗 蛍火:永田崇人 黒氷:平田裕一郎 木偶:章平 アゲハ:神里優希 不知帰:崎山つばさ 
明智光秀:栩原楽人 数珠坊:市瀬秀和 顕如:輝馬  他
【主催】ネルケプランニング

オフィシャルサイトhttp://www.nelke.co.jp/stage/rusted_armors/

この記事の画像一覧