Interview

秦 基博が語る、“自分にしか書けない歌”を追い求めて得た確信とさらなる高みに向かう覚悟

秦 基博が語る、“自分にしか書けない歌”を追い求めて得た確信とさらなる高みに向かう覚悟

秦 基博がデビュー10周年を記念して、初めてのオールタイム・ベストをリリース。陰影に富んだ詞と印象的なメロディ、その楽曲の世界を十二分に際立たせる歌声、そうした彼の魅力をたっぷりと楽しめるアイテムだが、そうした彼の音楽の個性がこの10年の間にどういうふうに磨かれてきたのか? 彼自身に振り返ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史


こうやって10年分の楽曲のなかから集めた曲を並べてマスタリングして聴いたときに“全部、自分だな”と思ったんですよね

ここまでの成果や現在の到達点について、ご自身はどう評価しますか。

 自分のスタイルというか、自分がどんな表現をして、聴いてくれる方にどうやって届けようとするのかということについては、この10年の間にしっかり固まって、自分のなかでもきっちり言語化されて、“自分はこういうふうにやる”ということが定まったとは思うんです。そこまでに5年くらいかかったと思うんですけど、それはものを作るということにおいてもそうですし、ライブの表現の仕方についてもそうだと思います。自分なりのやり方でお客さんに楽しんでもらう、同時に自己表現を突き詰めるということについての一定の形、それこそスタイルということだと思いますが、それは構築できたかなという気がしています。

音源の部分での「自分のスタイル」について、解説してみてください。

まずは詞、曲、歌というものの構築の仕方だと思うんですが、それは結局何を歌おうとするのかということだと思うんです。自分はシンガーソングライターなので、どうやっても自己が投影されていくスタイルだと思うんですよ。時期によっては、作品性をどう高めるかという部分にすごく意識が向かっていた時期も確かにあったんですけど、でもどうやっても、どこかしらに自分が表れるんだなということを自覚してからは、むしろ自分が本当にその時に感じていることをいかに言葉にできるか、歌にできるかということが大事なんじゃないかと思うようになりました。それは、自分にしか歌えない歌を歌うことにもなるし、それを突き詰めていくと、その時代に生きている一人の人間を歌うことになるので、そうすると同じ時代を生きて、同じ時代にいろんなことを感じているみなさんにもどこかでつながる何かがあって、それが普遍的な歌、ポップスというものになっていくんじゃないかなって。5年目くらいから、具体的に言うと『Documentary』というアルバムをそういう想いで作り始めて、完成させたことで自分のなかでも明確になったと思います。

『Documentary』を作り始める時点で、すでに秦さんの音楽の支持者は少なからずいたわけですが、それなのに例えば“みんな”と歌っていたのを“僕”と歌うというふうに、ある意味で間口を狭めるのは勇気の要ることではなかったですか。

まず『コントラスト』というデビュー・アルバムを、“持ってるものを全部出そう”と、いわゆる初期衝動的に作ったんですね。それを、「すごくいい」と言ってくれる方もいれば見向きもしないという方もいるという状況を受けて、その次にはやっぱり、より広く、より深く届けられる歌とは何かということを探そうとしたんです。そこで、2枚目の『ALRIGHT』で“みんなは今、何を求めてるのか?”ということをすごく考えたんだと思うんですよ。そうすると、内容が“きっとこういうことを思ってるんだろう”という想像になっていくし、ということはかなり不確かになっていくなと思ったんですよね。ただ、『ALRIGHT』ではそういう悩みも含めて作品にしているんですけど、そういうアルバムを作り上げた次にどうするかと考えたところで、自分のことさえままならないのに他人のなかに何か答えをみつけようとするのはちょっと無理があるんじゃないかなと思ったんです。自分が今、本当に何を考えて何を歌いたいのか?ということを突き詰めていったほうが自分にしか書けない歌になるし、そのほうが聴く人とももっと深い部分でつながり合える曲、しっかり届く歌になるんじゃないかなって。

『ALRIGHT』はより広くより深く届く歌について悩んでいるところもあったということですが、例えば「虹が消えた日」という曲に♪容赦ない太陽/ちっぽけな影をただありのまま映し出す♪というフレーズがあります。多くの場合、太陽は自分をポジティブな気持ちにさせてくれる存在として描かれますが、ここでは逆に自分の小ささをあからさまにすると歌っているわけです。そこには秦 基博スタイルというか、秦 基博的視点がはっきりとありますよね。

それは“いまだったらわかる”という話で(笑)、いつでも当事者である自分はもがきながらも“自分にしか歌えない歌を歌いたい”と思ってやっていたわけですが、こうやって10年分の楽曲のなかから集めた曲を並べてマスタリングして聴いたときに“全部、自分だな”と思ったんですよね。その「虹が消えた日」や「キミ、メグル、ボク」みたいな、もがいていた時期の曲だって、やっぱり自分だなって。それに、“そのときにしか歌えない曲を歌ってきたな”というふうにも思いました。「虹が消えた日」で書こうとしたこともきっとそうで、“虹”というのは消えないで、そこに向かっていくものとして描くのが普通だと思うんですけど、虹が消えた後、そういう幻想が砕けた後に、現実のなかで何ができるかということを歌いたかったし、その“どういう歌を歌いたいか?”ということ自体は変わっていないと思うんですよ。

大事なのは「そこに何があるかを描く」ということだと思うんです

「朝が来る前に」という曲もありますが、何かが終わってしまったり、逆にまだ始まっていなかったり、つまりまだ状況が定まっていないなかで、その定まっていない状況の良いところも良くないところも全部描くというのが秦 基博スタイルだなということを、このベストを聴き通すと感じます。

 物事は多面的だし、ひとつの側面だけ切り取ってもリアリティーがないなと思うんですよ。定まっていない状況を全部描くと曖昧な表現と受け取られるかもしれないけど、それでも大事なのは「そこに何があるかを描く」ということだと思うんです。例えば太陽を描く場合には影を描かなかったら太陽じゃないし、朝を描こうとするんだったら、その前に夜が深まっていったことを描かなきゃいけないのかもしれない。それを描くことで朝の光がどれだけ強いか、それが来る前に行かなきゃいけないんだという気持ちを歌えると思うんです。そういう二律背反をどの程度描くのかということについては、曲によってバランスはいろいろあると思います。それにしても、そういうものを入れていかないと表層的な歌になってしまうと思うんですよね。それに、自分がある物事をとらえて歌にしようと思ったときに、どの部分とどの部分を明暗として描くかということはすごくオリジナリティーに関わることだと思うんです。

「そこに何があるかを描く」ということがポイントという話に関して、「水彩の月」では“君”という人の気持ちのありようの全部を描くのに、直接“君”を描くのではなく“水彩画のような月”との対照のなかで浮き彫りにするという、さらに奥行きのある表現になっています。

情景描写と感情表現を、それぞれどう描いていくかということをずっと考えていて、初期の頃の詞には情景描写が多かったんです。でも、伝えようとすることにどんどん直接的に向かうようになっていったからだと思うんですが、感情表現のほうが増えていったんです。ただ、“気持ちを歌えば、その曲の空気や伝えようとしている世界がちゃんと届くわけでもない”とも思うんです。「水彩の月」について言えば、“水彩の月”という言葉自体があの曲が伝えようとしているニュアンスをすごく含んでいて、夕暮れ時のわずかな時間に見える青白い月の儚さとか、この曲で歌おうとしている言葉では足りない、形になっていないけれど伝わっているものとか、情景なんだけれど伝えようとしているメッセージを表してもいると思うんですよ。そういうふうに、情景描写と感情表現が自分のなかでどんどん入り組んでいって、感情と情景とをどうアウトプットするかというときに、その2つがあまり分けられなくなってきたっていう。情景のなかにも感情を入れて、そうすることで気持ちが見えてくる、みたいなことがあって、それはやっぱり曲を書き続けていくなかで得た感覚だと思います。

秦さんの音楽を形作っている要素のなかで、声の魅力を一番に感じているファンは少なくないと思いますが、秦さん自身はその声の魅力を生かすことを中心に考えて曲を作るということはありますか。

デビューしてしばらくは、声を認めてもらうことが多かったんです。でも、自分はシンガーソングライターなので、やっぱり詞も曲も認めてほしいという気持ちがあって、自分の声で歌わなくても、詞と曲だけでもいいと思ってもらえる曲を書きたいという欲求が強かった時期もありました。でも、それもやっぱり『Documentary』くらいの時期ですけど、歌詞の中にあるものもメロディの中にあるものも声の中にあるものも、全部がつながっていて、ただ最終的なアウトプットは声というか歌なので、「あの声の響きが良かった」「歌のあそこが良かった」と言ってくれてるんだったら、それは同時に詞曲の力も認めてもらえてるんだなと受け取れるようになったし、むしろ「どれかひとつでも褒めてもらえたら儲けもの」(笑)くらいの感覚になってきました。

1 2 >