Interview

古坂大魔王とリョウガ(超特急)が語るアニソンの魅力。アジアでも大人気音楽番組「アニ☆ステ」の現場とは。

古坂大魔王とリョウガ(超特急)が語るアニソンの魅力。アジアでも大人気音楽番組「アニ☆ステ」の現場とは。

『アニ☆ステ』内の制作現場レポートは驚きの連続

ところで、『アニ☆ステ』は4月から放送が始まっていますが、今の段階で番組の手ごたえはいかがですか?

古坂 先日、たまたまインドネシアに行ってまして。ホテルで“入らないでください”の札を出しておくのを忘れて全裸で寝ていたら、午後2時ぐらいにベッドメイキングのおばさんにガチャッとドアを開けられて。“スミマセン!”、“いえ、大丈夫です”っていうやり取りをしていたら、“アレ、コサカサンデスカ?”って言われて。“『アニ☆ステ』ミテマス”って言われたんですよ。イネドネシアでは「WAKUWAKU JAPAN(ワクワクジャパン)」っていう日本のテレビ番組専用チャンネルがあって。そこで『アニ☆ステ』のCM、1時間に5~6回見たよ。

リョウガ すごいですね、それ!

古坂 すごいよ。最後は飽きたけど(笑)。アジアの方も見ていらっしゃるようなので、ウチらも頑張らないといけないよね。リョウガ君のことも少しずつわかってきたんですけど、彼は真面目で天然で突っ込みなんです。このタイプって面白くて、たまに追い込んでいくと、目がバグったみたいななるんです(笑)。

リョウガ やめてよ、本当にバグっちゃうから(笑)。

古坂 そこからが勝負だから、この人。

そこからが勝負(笑)?

古坂 薄皮一枚はぐと、この人はキョドるので(笑)、そこが最高に楽しくて可愛い部分。8号車(超特急ファンの愛称)からも評判いいんだよ、“もっとリョウガ君を追い込んであげて”って。

リョウガ ちょっと待ってよ!

古坂 超特急でもこんなことされないでしょ?

リョウガ されない。どちらかというと僕が回すほうで。

古坂 だから、可愛くてしょうがない。次は顔にクリームとか急につけてあげたり。

リョウガ ちょっと待って、狙いが分からない(笑)。

リョウガさんの手ごたえは?

リョウガ 今の話みたいに、毎回、古坂さんに助けられていることが多いので。

古坂 もっと言ってあげて。

リョウガ たまに暴走しますけど(笑)。収録が終わって毎回、反省はするんですけど、いろいろ知らなかったことを知ることができたりするので、いい経験をさせてもらっているなと思えて、ただただ幸せですね。録画して見直すんですけど、自分が出ているだけじゃなく、客観的に面白い番組ですね。生ライブもあるし、旬の声優さんも知ることができるし、見どころは多いです。今後もたくさんの方々に愛されるMCになりたいですね。

最初にも出ましたが、制作現場レポートが驚きの連続で。

古坂 あれに関してはほとんど台本がないんですよ。いじってください、ぐらいで。しがらみもなく、これは絶対紹介しないといけないというのもないんですね。

リョウガ その場で気になった話をして、本当に自由にやらせていただいています。

印象に残っている現場というと?

古坂 全部語れるよね。

リョウガ ええ、全部語れます。

古坂 月に一回なんです、収録が。そうすると忘れていることがあるんですけど。

リョウガ 前回、なんだっけ?ってありますよね。

古坂 でも、この番組はすごい覚えている。僕はメディコム・トイさんですね、フィギュアが好きなので。1体作るのに8か月かかるという作業の緻密さ!しかも、あれだけの人数が関わっていて、値段を決めない。出来上がったもので値段を決める。すごい芸術的ですね。そのあたりは印象に残ってますね。

リョウガ 価値観が変わりますね。

古坂 ねえ。フィギュアって芸術品なんだって思いました。僕は仏像が好きなんですけど、戦う仏像が好きなんですよ、金剛力士像とか。

リョウガ 筋肉系の。

古坂 そう。それで奈良に十二神将像を見に行った時、“これって元々は何だったんですか?”って聞いたら、お坊さんに“昔のフィギュアですよ”って言われたんです。お坊さん、フィギュアが好きみたいで(笑)。

リョウガ ああ、原点だ。

古坂 かっこいい物なんだよ。だから、フィギュアは芸術品であり、伝統になっていくと思いますね。

リョウガ 僕はポリゴン・ピクチュアズさんですね。あれは衝撃を受けました。まさか、わずか数秒の映像のために何百枚も何千枚も画像が作られていたり、3DCGもあそこまでデータを駆使してあの世界を作っているというのに感動しました。

最後に、この番組をご覧になっている視聴者の方へメッセージをお願いします。

リョウガ 僕自身がここまでアニメにハマッたその理由が、この番組を通して分かるような内容です。興味がない方も楽しめる番組だと思いますし、好きでいろいろ知っている方にも、こんなことに触れられるんだという新しい刺激をたくさん与えられる番組だと思います。アニメに偏見を持たないで素直にまっすぐ見て、感じたままに興味を突き詰めていただけたらと思うので、一人でも多くの方にご覧になっていただければと思います。

古坂 何度かご覧になればわかると思いますけど、ヲタクも楽しめて、そうじゃない人も楽しめて、どちらも何も文句が言えない番組です。なぜかというと、アーティストと芸人が、お互い興味のあるアニメとかアニソンでただ楽しんでいるだけなので、それに文句の言いようがないと(笑)。僕ら、分析もしてないし、“面白い!すげえ!”って言ってるだけで(笑)。そう意味では両方のステーションになれればいいかなと思います。あと、ネットで検索してもわからないことって実はあるんですよ。たとえばソフビの作り方って、あんなに間近で動画で見られないですから。3DCGはああやって制作しているとか、ネットで見てもわからない。だから、人より一歩でも情報を得たい人は、ぜひこの番組をご覧いただきたいと思いますね。

『アニ☆ステ』番組情報

地上波初のアニソン専門ランキング音楽番組
【番組内容】毎週木曜日22時半~TOKYO MX放送。最新のアニソン音楽情報をお届けするアニソン専門音楽番組「アニ☆ステ」(アニステ)。
番組オリジナルアニソンランキングTOP10や、スタジオライブの他、MCに古坂大魔王とリョウガ(超特急)が出演。
アニソンダンスコーナーではRABが名曲アニソンに合わせてダンスを披露。コーナーも充実した地上波初のアニソン音楽番組!
【放送】
国内放送:TOKYO MX1 木曜 22:30~23:00
※7月2日(日)よりJ:COM TV放送開始
J:COM テレビ 金曜 22:30~23:00 / 日曜23:30~24:00
(札幌・仙台・関東エリア 10ch 関西・福岡・北九州エリア 12ch 下関エリア 111ch、熊本エリア 11ch)
※J:COM対応済の建物にお住いならどなたでも無料で視聴可能。大分エリアではご覧いただけません。
【アニ☆ステ特別版 番組概要】
◆放送:J-COM TV
#1 6月19日~6月22日 21:00~21:30
#2 6月19日~6月22日 21:30~22:00
#3 6月26日~6月29日 21:00~21:30
#4 6月26日~6月29日 21:30~22:00

海外放送:WAKUWAKU JAPAN 放送地域
インドネシア、シンガポール:毎週水曜 24:00~24:30
台湾、ミャンマー:毎週水曜 23:30~24:00
モンゴル:毎週水曜 25:00~25:30
スリランカ:毎週水曜 22:30~23:00

【MC】古坂大魔王 リョウガ
【公式サイト】http://anisong-station.jp/


古坂大魔王おススメ
さユリ
ミカヅキの航海
2017年5月17日発売
「それは小さな光のような」(”ノイタミナ”アニメ「僕だけがいない街」ED)、「平行線」(”ノイタミナ”アニメ&トドラマ「クズの本懐」ED)、「フラレガイガール」(RADWIMPS野田洋次郎)他収録したアルバム
リョウガおススメ
TrySail
adrenaline!!!
TVアニメ「エロマンガ先生」エンディングテーマ。
タイトル通りアドレナリンがどんどん湧き出るようなテンション高く、突き抜けて明るい楽曲。

古坂大魔王

1973年青森県生まれ。1991年 お笑い芸人「底ぬけAIR-LINE」でデビュー。現在は古坂大魔王としてお笑い芸人、そして「ピコ太郎」のプロデューサーとして世界で活躍中!!

リョウガ

今話題沸騰中の史上初!!メインダンサー&バックボーカルグループ、超特急のメインダンサーで活躍中。
【超特急】2011年12月25日に結成、2012年6月10日にCDデビュー。これまでアルバム&シングル合わせた11作品が、オリコンウィークリーチャート連続TOP10入りを果たしている。2015年12月23日、24日には念願の国立代々木第一体育館での単独2Daysライブを開催。国立代々木競技場 第一体育館にて25000人を動員したことは、各局で取り上げられた。2016年12月には、東西アリーナ公演を実施チケットは秒速完売した。4月26日には5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」の発売、5周年記念ツアーの追加公演で6/14に日本武道館での開催も決定している。
超特急オフィシャルサイトhttp://bullettrain.jp/