Interview

『兄こま』片寄涼太インタビュー「土屋太鳳さんに髪を洗ってもらうシーンはドギマギしました」

『兄こま』片寄涼太インタビュー「土屋太鳳さんに髪を洗ってもらうシーンはドギマギしました」

夜神里奈原作による人気コミック『兄に愛されすぎて困ってます』がドラマ&映画で実写化! 不器用で妹想いの〈橘はるか〉を演じたのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルとして活躍する片寄涼太。「俳優としての経験が少ないので不安だった」「ほかの俳優さんとの演技力の差に愕然とした」と、当時の心境を正直に語りながらも、現場で新たな可能性をしっかりと開花させていった彼に、芝居することで生まれた想いをたっぷりと語ってもらった。さらに、女性スタッフによる“推しキャラランキング(『兄こま』キャスト内)”が開催されていたという現場の楽しい雰囲気や、好きな映画の話まで、じっくり聞いた。

取材・文 / 吉田可奈
撮影 / 三橋優美子


撮影現場に入る前は、どんな準備をされていたんですか?

片寄 人気の少女コミックが原作ということもあり、まずはビジュアルを近づけなくちゃいけないと思ったんです。とはいえ、原作の〈はるか〉は、美男子でかなり細めのスタイル。まずは身体を絞ることから始めました。

撮影の1カ月前から、演技の特訓を受けていたとお聞きしました。

片寄 僕は演技の経験が少ないので、まずはお芝居についてちゃんと学ばなくては、と思ったんです。だからこそ、(妹〈橘せとか〉役の)土屋太鳳さんと(〈芹川高嶺〉役の)千葉雄大さんとお会いする前の1カ月間は、監督と密に話し合い、しっかりと〈橘はるか〉像を作っていきました。その甲斐もあって、少し自分の中に自信も芽生えてきていたんです。でも、いざお二人と一緒に台本の読み合わせをする日を迎えたら、僕との実力の差が歴然……! 当たり前ですが、あまりのお二人の演技の上手さに一瞬で打ちのめされました(苦笑)。

その衝撃があったからこそ、よりやる気が出たのではないですか?

片寄 そうですね。その後は、河合(勇人)監督の時間が許す限り、練習に付き合っていただきました。周りのスタッフの方々は、僕の演技を褒めてくださることもあったんですが、他のキャストのみなさんの演技と比べたら“まだまだ”。僕は一歩遅れているからこそ、さらに頑張らなくちゃいけないと思ったんです。

俳優としての自覚がより芽生えたんですね。

片寄 はい。経験がないのは仕方ないとして、今の僕の武器が何なのかをしっかりと考えるようになりました。

その答えは出ましたか?

片寄 僕は演技の初心者だったからこそ、「どうやったら上手く見えるか」とか、「どう演じたらいいのか」という小手先のテクニックや先入観が全くなかったんです。ある意味、それは武器だと思いました。それに、度胸だけはあったので、演じていて違和感があったらすぐに監督に「どうしたらいいですか?」と聞くようにしていたんです。そうやって臆することなく、常にまっさらな状態で役に挑む姿勢はいつも大事にしていました。

作品中には“壁ドン”“顎クイ”などたくさんのキュンキュンするシーンがありましたが、片寄さんが実際に演じてみて、キュンとしたシーンはありましたか?

片寄 お風呂場での“バックハグ”のシーンですね。このシーンは、〈はるか〉が兄としてではなく、男として〈せとか〉を抱きしめる場面だったので、監督もとてもこだわっていらっしゃったんです。ちゃんと、〈はるか〉の〈せとか〉への溢れる想いを表現しなくちゃ意味がないと思ったからこそ、楽しみではありましたが、演じるのが一番難しかったですね。監督もすごく粘ってくださって、何度もやらせていただきました。あと、〈せとか〉に髪の毛を洗ってもらうシーンは、美容院で洗ってもらうのとは違う不思議な感覚で、今までにないものだったのでドギマギしました(笑)。

〈はるか〉は、〈せとか〉のことが大好きなのに、基本的にムスッとしていますよね。

片寄 そうなんですよ(笑)。すごく嫉妬深いですしね。〈はるか〉と僕は、そんな不器用なところが似ていると思います。僕もスマートに見せながらも、感情が顔に出てしまうタイプなんです。なので、GENERATIONSのメンバーには「納得してないな」とか「悔しいだろうな」というのがすぐにバレちゃうみたいです(笑)。

女の子に嫉妬するところも似ていますか?

片寄 似ています(笑)。何があっても「大丈夫、大丈夫」と言いながら、めちゃくちゃイヤな感じの表情になっていると思います。それに、もし〈せとか〉みたいな妹が本当にいて、彼氏を連れてきたら、とりあえず気になると思いますよ。むやみやたらに文句は言いませんが、なにかダメなところを見つけたらチクチク言っちゃうかもしれません(笑)。