Interview

『忍びの国』鈴木亮平が大野智との決闘シーンを語る。「スイッチが入る瞬間の怖い顔に血の気が引きました」

『忍びの国』鈴木亮平が大野智との決闘シーンを語る。「スイッチが入る瞬間の怖い顔に血の気が引きました」

最強の織田軍vs伊賀の忍び軍の戦いを描く戦国エンターテイメント『忍びの国』。『のぼうの城』などの時代劇小説の旗手、和田竜による同名原作を大野智主演で実写化した本作は、戦国時代を舞台に、激しいアクションだけでなく深い人間ドラマを描き、老若男女問わず楽しめる作品に仕上がっている。この映画で鈴木亮平は、伊賀の忍びでありながらも故郷の考えに疑念を持ち、ついには反旗を翻す〈下山平兵衛〉役を熱演。「毎日マッサージをしても、翌日は身体がバキバキだった」というほど過酷だった撮影エピソードから、〈無門〉役の大野との迫真のアクション秘話まで、たっぷり話してもらった。

取材・文 / 吉田可奈
撮影 / 三橋優美子


最初に本作の脚本を読んだときの印象を教えてください。

鈴木 これまでの忍者を題材にした作品は、すべてがカッコよく描かれていたんです。でも、主役である〈無門〉(大野智)は、言葉を選ばずに言えば“人でなし”。そう描かれていること自体、すごく面白いですよね。さらに、様々な策略が張り巡らされていて、観ているうちに「これも術だったのか!」と思うような展開が何度も訪れるんです。そして〈無門〉がいろいろな目に遭い、人間的に変わっていく姿が面白く描かれていて、これぞエンターテイメント作品だと思いました。

鈴木さんが演じる〈下山平兵衛〉は、その“術”にことごとくハマっていましたよね。

鈴木 恥ずかしながら、そうなんです(笑)。〈平兵衛〉はとってもピュアなんですよ。彼はシンプルな頭の構造をしているからこそ、現代の僕らから見ると、すごく共感しやすい人だと思うんです。

たしかに、忍びの国・伊賀で育ちながらも、人の命を軽んじる忍びの考え方は普通の人間の思考回路ではでないということに一早く気づくのが、〈平兵衛〉ですね。

鈴木 はい。〈平兵衛〉は外の国に戦いに出ていたからこそ、侍をよく見ているんです。だからこそ、自分が忍びであることにコンプレックスを感じていたんですよね。とはいえ、弟〈次郎兵衛〉(満島真之介)が放っておけないからこそ、忍びで居続けたんだと思うんです。〈平兵衛〉は伊賀に反旗を翻しますが、そこで侍たちに、「伊賀を根絶やしにしてくれ」と頼むこと自体、すごく極端ですし、それこそ忍びならではの考え方だと思うんです。結局、〈平兵衛〉は、忍びから抜け出せてはいなかったんです。

でも、その気持ちをバネにした強さは魅力だと思いました。

鈴木 そうですね。〈平兵衛〉は〈無門〉に負けないくらいの強さを持っているんです。他の忍びとは違い、唯一、〈無門〉と対等に戦える人だったので、戦闘シーンはすごくワクワクしました。

そのシーンの撮影は3日間もかかったとお聞きしました。

鈴木 大変でした……。本番までの2カ月間、アクションの稽古をしていたんですけど、最初にこのアクションの流れを見させていただいたときに、思わず「できるか、こんなもん!」って言っちゃったんですよ(笑)。それを偶然、中村(義洋)監督が見ていて、「できないの?」って聞かれて……。急いで「頑張ります!」と言い直しました(笑)。

あはは(笑)。すごく過酷だったんですね。

鈴木 過酷でしたね。毎日ハードすぎるほどのアクション撮影の連続だったので、夜は必ず全身をアイシングして、マッサージをしてもらっていても、次の日は身体がバキバキになって上手く動かないほどだったんです。それに、対決する〈無門〉は、正直な話、国民的アイドル、嵐さんのリーダーなんですよ!? これは何があっても絶対にケガをさせてはいけないと思って、よりプレッシャーがかかっていました(笑)。

たしかにすごいプレッシャーですね……。

鈴木 そうなんです。絶対に当ててはいけないと思ったからこそ、振りをしっかりたたき込んで撮影に臨みました。でも、ほぼ完璧に振りをやっても、監督から「段取り通りのものはいらない」と言われて、OKが出なかったんです。それは、段取りがあったうえで、そこから崩れた危うい魂のやり取りを見たいということ。これはもう思い切り攻めようと決めて、覚えた振りのタイミングをずらしながら挑みました。でも、そうすると当たっちゃうんです。

それだけ迫真のアクションシーンが観られるということですね。

鈴木 そうですね。ぜひ注目して観ていただけると嬉しいです。