『ゼルダBotW』をもっと楽しむチョイ足し遊び  vol. 4

Report

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』クリアしても終わらない魅力ベスト10

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』クリアしても終わらない魅力ベスト10

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下、『ゼルダBotW』)をまだプレイしていない人に薦める際、推すべきポイントとはなんでしょうか。いざ考えてみると、なかなかにチョイスが難しいもの。本作の場合、ある人がそれほど気に留めなかった要素が、別の人にとっては本作最大の魅力にもなり得ます。人それぞれに感じかたが変わるほど多くの魅力が詰まっている本作、ひとつの切り口だけではどうしても語りきれない部分が出てきてしまうもの。そこで今回は切り口を変え、担当ライターの独断と偏見によるランキングのカウントダウン形式で本作の魅力を紹介。ランキング上位はさらに個人的な切り口を広げ、ウツシエ撮影を中心とした筆者のプレイ記録とともにお送りします。いちプレイヤーとしての偏った切り口を通すことで、“何を楽しむか”だけでなく、“どう楽しむか”という点にもスポットを当て、『ゼルダBotW』の尽きない魅力とさらなる遊びかたを模索していきます。

文 / 大工廻朝薫


10位:どこまでも広がる世界

最初に語るべきは、やはりその広いフィールドでしょう。美麗なグラフィックで描かれたハイラルの大地を自由に駆ける冒険の旅こそ、このゲームの真髄とも言える部分です。あの場所に行ってみたいと思わせる個性的な地形の数々、その場所に実際に訪れることができる感動、そこで待ち受けるさまざまな試練。すべてが旅に彩りを与えてくれます。ひたすら歩き続け、「これ以上先には進めません」の文字が出るまでマップの隅々を踏破したくなるような、冒険の魅力に満ちた世界となっています。

9位:パラセールを使った空の旅

広大な世界をストレスなく自由に旅するために欠かせないのが、パラセールによる空中移動です。山頂やシーカータワーなどの高所から一直線に目的地を目指せるため、移動時間が大幅に短縮可能です。また大勢の敵が集まる砦を空中から強襲したり、巨大な迷路に上空から侵入してショートカットしたりと攻略にも役立ち、ただの移動手段にとどまらない使い勝手のよさがあります。ただ便利なだけでなく、いつがんばりゲージ(≒スタミナ)がなくなって落ちてしまうか、ヒヤヒヤしながら谷を渡るのもまたひとつの楽しみ。移動手段のひとつにとどまらない、新たなプレイ体験を秘めています。

8位:あらゆる場所に立ち入り可能

あまりに自然で気づきにくい部分ですが、『ゼルダBotW』の世界設定を支える要素のひとつに、建物が内部まで作り込まれている点があります。わかりやすい例が、建物のドア。本作には開閉できないドアはほとんど存在せず、さまざまな建物に立ち入ることができます。建物の中では装備品やルピーが入手できたり、料理のレシピやアイテムの使いかたが書かれた本を読めたりと、さまざまなアイテムや情報を得ることができます。さらに、夜には住人が帰ってきてベッドで寝ているなど、人々の生活が垣間見える要素も。

民家に入ってのアイテム収集・情報収集はRPGの伝統ですが、本作ではそれをオープンワールドの中で、非常に自然な形で楽しむことができます。これもまた、ハイラルでの体験をより輝かせてくれる、本作の魅力の一部なのです。

7位:巨大な魔物との戦い

まだ見ぬ地を巡る冒険の旅では、魔物たちとのバトルは欠かせません。なかでも手に汗握るのが、ハイラル各地に潜む巨大な魔物たちとの戦いです。一つ目巨人のヒノックス、生息地によって姿を変えるイワロック、砂漠の砂の中から攻撃してくるモルドラジークなど、個性的な面々が世界の各地で勇者の挑戦を待ち受けています。中でも圧倒的な強さを誇る最強の敵・白銀ライネルは、作中最強クラスを誇る“獣神装備”をドロップします。強さを求める勇者なら、避けては通れない相手です。

なお、最強格の装備に見合った敵と戦おうと考えた場合、戦う相手はまた白銀ライネルになります。白銀ライネルを倒して獣神装備を手に入れ、その最強装備でまた白銀ライネルを狩り……、という終わりの見えないループに突入していくことになるのですが、強さを極めるにはそれもまた避けては通れません。世界中に存在する白銀ライネルをすべて討伐するその時まで、鍛錬を重ねましょう。

6位:多彩な食材で作る料理

本作の攻略に欠かせない要素のひとつが料理です。料理は体力を回復させるだけでなく、素材の組み合わせ次第で攻撃力や防御力をアップしたり、気温変化に対する耐性を付与したりと、さまざまな効果を発生させます。ですが攻略に役立つ実用的なレシピだけでなく、シチューやパエリアのような手の込んだ料理を作ることができるレシピが存在するのも料理の面白いところ。アップルパイのレシピを見つけたら、今度は素材の一部を置き換えることでエッグタルトやフィッシュパイを作ってみたりと、料理の幅を広げることも可能です。ひと通りの料理は食べ尽くしたと思っていても、時には思わぬ組み合わせでまだ見ぬ新しい料理ができることも。一気にやり込むよりも、攻略に必要な料理を作るついでに新レシピを試してみる程度の感覚で、ライトに長く楽しんでいきたい要素です。

vol.3
vol.4