ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海  vol. 1

Interview

ミュージカル『テニスの王子様』に〈立海〉登場!〈仁王〉役 後藤大&〈柳生〉役 大隅勇太が本作の初取材

ミュージカル『テニスの王子様』に〈立海〉登場!〈仁王〉役 後藤大&〈柳生〉役 大隅勇太が本作の初取材

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海がいよいよ7月14日より開幕する。注目は、今回から登場する王者〈立海〉。〈幸村精市〉〈真田弦一郎〉を筆頭に人気キャラクターが勢揃いなだけに、どんな演技を見せてくれるのかファンの期待も日に日に高まっている。
そこで今回は、立海から“コート上の詐欺師(ペテン師)”こと〈仁王雅治〉役の後藤 大と、“紳士(ジェントルマン)”こと〈柳生比呂士〉役の大隅勇太が登場。「“テニミュ”に関する取材はこれが初めて」と目を輝かせる2人の初々しいトークをお届け!

取材・文 / 横川良明 撮影 / 冨田望


記事の最後には後藤 大さん・大隅勇太さんの撮りおろしチェキのプレゼント応募情報を掲載しています!

帰り道にひとりで「プリッ」って言ってます(笑)

まず本作に出演が決まったときのことからお話しいただけますか。

大隅勇太 役づくりを始めてから、自分は〈柳生〉だなと感じることが増えましたね。知れば知るほど似ているところが多いんですよ、勝ちにこだわる姿勢とか。

後藤 大 勇太は、芯の揺るがないところが〈柳生〉そっくり。勇太を見ていると、稽古中もちゃんといろいろ考えていて、すごく芯がしっかりしているなと思います。〈柳生〉も決して〈仁王〉に言われるがままにイリュージョンをしているのではなくて、何かしら自分の考えがあってやっている。そういうところはよく似ているよね。

大隅 そこで言うと、大もめちゃくちゃ〈仁王〉感はあると思う。僕の勝手なイメージなんですけど、〈仁王〉はちょっと人とズレているところがあって、そこが大と似ている。良くも悪くもちょっとズレてるのが、2人の味だなって。

後藤 大(仁王雅治 役)

もしや仁王の「プリッ」というフレーズは後藤さんも口癖になっていますか?

後藤 言いますね。駅から家まで自転車に乗って帰るんですけど、その間、ずっと「プリッ」って言ってるんですよ。そしたら一度、後ろから追い抜かされた人に変な目で見られました(笑)。

大隅 え!? ひとりで「プリッ」って言ってるの?(笑)

後藤 練習というか、できればいろんな喜怒哀楽の「プリッ」を自然に出せるようになりたいなと思って。わりと形から役に入るタイプで、〈仁王〉が左利きなので、オーディションのときから食事もドライヤーも全部左手を使ったりしていました。だから今はもうゴハンは右手のほうが不自然なんですよ。唯一、左手で食べられないのは納豆くらい(笑)。スベるから、かきこむのが難しくて……。

大隅 僕も形から入るタイプで、役が決まって真っ先にまず眼鏡を買いました。稽古中も本番用の眼鏡をかけています。

大隅勇太(柳生比呂士 役)

大隅さんも日頃から「アデュー」って言ったりします?

大隅 いや、しないです(笑)。

後藤 危険ですよね、普段からそんなの言う人がいたら(笑)。

大隅 どちらかと言うと、役づくりで気をつけているのは言葉遣いより姿勢ですね。普段からつい前のめりになっちゃう癖があるので、意識してピンと背筋を伸ばして立つようにしています。

テニスの試合をしているときの大はすごくカッコいいです

立海メンバーの雰囲気はどんな感じですか?

後藤 立海のいいところは、何でも言い合えるところ。ダンスにしても歌にしても演技にしても、わからないことや気づかないところは必ず誰かが教えてくれる。みんなで高め合える空気感が自然とできていて、すごくいい仲間だなと思います。

大隅 初対面のときからめちゃくちゃ仲良かったよね? みんなでゴハンに行ったり、稽古以外のときでも集まったり。みんなといると必ず面白いことが起きるんです。

後藤 部長の(立石)俊樹くんが天然だから(笑)。

大隅 変わってるよね。大と俊樹が変わり者。あと、(前田)隆太朗はすごく人なつっこい!

後藤 前世で友達だったんじゃないかくらいの勢いでくるからね。全然距離を感じさせないのはすごいと思う(笑)。

そう言えば、SNSでテニスに行った写真をアップしていましたよね。実際にテニスがうまいのはこの中で誰でしょう?

大隅 実戦でいちばんうまいのは大です。試合中の大がすごくカッコよくてビックリしました。

後藤 学生時代に軟式(テニス)をやっていて。今のところこの中で1回も負けたことはないです。

大隅 稽古中のフォームをいちばんカッコよく見せられるのは(田鶴)翔吾かな。

後藤 翔吾は硬式をやってたみたいで。軟式と硬式ってフォームもラケットもボールも全然違うから。だから僕はイチから勉強し直しているところです。ただ、試合に関しては、副部長(田鶴のこと)に負けたことはないので、自分が副部長の座を狙いに行きます!

大隅 それは違うだろ(笑)。

対する青学(せいがく)メンバーの印象は?

後藤 初めて顔を合わせたあと、みんなでピザパーティをしたんですけど、従兄弟みたいな感覚というか。お兄さんポジションの人と、かわいいポジションの人、いろいろですけど、みんなすごく話しやすかったですね。

大隅 近寄りがたい雰囲気が全然なくて。みんなかわいい人ばっかりだなあと思いました。稽古に関してはすごく引っ張ってもらっています。ラリーの稽古にしても、ラケットの使い方とかスピード感とかやっぱり青学(せいがく)メンバーのほうがよくわかっているので、それを見ながら僕たちが勉強しているという感じです。

対戦相手のゴールデンペア〈大石秀一郎・菊丸英二〉はどうですか?

後藤 〈菊丸〉役の聖ちゃん(永田聖一朗)は、ずっと笑顔で、ちょっと天然で、まさに青学(せいがく)の中でのかわいいポジション。〈大石〉役の(松村)優くんはやさしくてしっかり者。頼れるお兄さんという感じがします。

大隅 今はまだ僕たちと〈大石・菊丸〉ペアで、個々で詰めていっているという段階で。あともう少ししたら一緒に稽古をする時間も増えてくると思うので、4人でしっかり試合の空気感を出していきたいなと思っています。

vol.1
vol.2