Interview

「お姉さんにいろいろ教えてもらえてうれしいなぁ」 花江夏樹が凜々しい女性たちに“燃え”る、アニメ『Fate/Apocrypha』とは?

「お姉さんにいろいろ教えてもらえてうれしいなぁ」 花江夏樹が凜々しい女性たちに“燃え”る、アニメ『Fate/Apocrypha』とは?

7月1日(土)より順次放送開始されるテレビアニメ『Fate/Apocrypha(フェイト/アポクリファ)』。今や世界中で熱狂的な支持を集める「Fate」シリーズの最新作だ。今回はそのオンエアに先駆け、主人公・ジークを演じる声優・花江夏樹にインタビューを敢行。本作の見どころから、収録現場の様子などを熱く語ってもらった。

インタビュー取材・文 / 山下達也(ジアスワークス)


ジークの無機質な感じを出すために、
最初は死んだ目をしてマイクの前に立ってました(笑)

『Fate/Apocrypha』は、「プリズマ☆イリヤ」シリーズ(ジュリアン役)、『Fate/Grand Order(FGO)』(風魔小太郎役)に続く、花江さんにとって3作品目の「Fate」となります。まずは、その意気込みをお聞かせください。

「Fate」シリーズは長く続いている作品であるにも関わらず、ファンの熱量が上がり続けているという凄まじい作品。今回、『Fate/Apocrypha』で主人公・ジークを演じさせていただくことになり、大きな喜びと、同じくらい大きなプレッシャーを感じています。これは、今まで以上に気合いを入れて臨まねばならないな、と。

花江さんが演じる本作の主人公・ジークとはどういったキャラクター?

主人公・ジーク(CV:花江夏樹)

ジークは、今回の聖杯大戦のための魔力供給用として生み出されたホムンクルスの少年。ただ利用されて死んでいくという運命に抗って、自分が本当にするべきこと、やりたいこと、やらねばならないことを探しながら、成長していくキャラクターです。

ジークを演じるにあたって監督からはどんな要望がありましたか?

まず最初に「登場時点のジークには感情がほとんど芽生えていないので、淡々と演じてください」と言われたのですが、これが難しかったです。だんだんと感情が芽生えていく様子を演じていかねばならないのですが、その塩梅をなかなかつかめず、「気持ちを入れ過ぎです」とリテイクになってしまったり……。ここまで淡々としたキャラクターをやるのは初めてだったので苦戦しました。

『アルドノア・ゼロ』の界塚伊奈帆や、『四月は君の嘘』の有馬公生など、大人しいながらも芯のあるキャラクターを演じてきた花江さんにとっても難易度の高い役なんですね。

序盤のジークの無機質な感じを出すために、最初は死んだ目をしてマイクの前に立ってました(笑)。ただ、その後は迷いながら、戸惑いながらも、いろいろなサーヴァント(英霊)と出会っていくことによって、少しずつ意志を持つようになっていきます。その成長していく姿を感じてもらえたらうれしいですね。

作品全体の見どころは?

やはり重厚なストーリーでしょう。台本を初めて読んだ時は難しい言葉も多く、わからない点もいくつかあったのですが、アフレコを進めていくうちに『Fate/Apocrypha』の世界観にぐいぐいと引き込まれていきました。一応、ジークはこの物語の主人公ということになっているのですが、赤の陣営、黒の陣営、それぞれのキャラクターにも深いドラマがあるんです。マスター(魔術師)とサーヴァントの関係性も丁寧に描写されていて、どちらの陣営に肩入れすれば良いのか悩んでしまうほどなんですよ。

黒のランサー(CV:置鮎龍太郎)

年上の頼れる男勝りな女性が好きです(笑)
そういう感情が出ちゃっているかも? 

そんな花江さんのお気に入りのキャラクターは誰ですか?

やっぱりルーラーがかわいい! 坂本真綾さんの声もハマっています。ジークと距離の近いキャラクターということで絡みも多いので、今後、2人の関係性がどうなっていくのかが気になります。ほかには黒のバーサーカーもお気に入り。最初は「唸ったり叫んだりしているだけじゃん!」なんて思っていたのですが、なぜそうなってしまったのかがわかると切なくなってしまって……。彼女には幸せになってほしいなぁ。

ルーラー(CV:坂本真綾)

黒のバーサーカー(CV:野中 藍)

逆に、「コイツは許せん!」というような憎らしいキャラクターはいますか?

憎らしいというのとはちょっと違いますが、赤のアサシンにはゾクゾクしますね。真堂 圭さんの冷たい蛇のような演技に男性としてグッと来てしまいます。ルーラーや黒のバーサーカーもそうなのですが、『Fate/Apocrypha』は、凜々しい女性キャラクターが多いのも魅力ですね。沢城みゆきさん演じる赤のセイバーや、早見沙織さん演じる赤のアーチャー……皆さん、強くて格好いいんですよ。

赤のセイバー(CV:沢城みゆき)

赤のアサシン(CV:真堂 圭)

赤のアーチャー(CV:早見沙織)

花江さんは、強い女性がお好きなんですね(笑)。

そうですね、わりと年上の頼れる男勝りな女性が好きです(笑)。ルーラーと話しているシーンでは、そういう感情が出ちゃっているかも? お姉さんにいろいろ教えてもらえてうれしいなぁ、って思いながら演じています。