Interview

水谷果穂 主演短編映画で主題歌デビュー。女優とシンガー。2つの道を歩き始めた彼女の歌への思い

水谷果穂 主演短編映画で主題歌デビュー。女優とシンガー。2つの道を歩き始めた彼女の歌への思い

NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や映画「先輩と彼女」などに出演してきた女優、水谷果穂が主演短編映画『明日、アリゼの浜辺で』の主題歌「青い涙」でシンガーとしてデビュー。クールで強い意志を持ち、頼り甲斐のある役柄が多いが、彼女の等身大の歌声はどこか柔らかな空気を纏っている。まず、そのギャップに驚かされたが、そもそも、「歌うことは好きだけど、家族以外の人前で歌うことは苦手だった」という彼女がどうして演技と歌という2つの道を歩むことを決意したのか。南国の楽園・ニューカレドニア島で撮影された短編映画とMVも大きな話題となっているが、今回は彼女が、人前で歌うことに意味を見出し、楽しいと感じるようになるまでの道のりに焦点を絞って話を聞いた。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / 森崎純子


小さい頃から歌うことは好きだったのですが、とにかく人前で歌うのが大の苦手で(笑)

今年4月に歌手デビューが発表されましたが、最初に決まった時はどんな心境でしたか?

いきなり『歌手デビューするよ』って言われたわけではなく、前々から歌の練習はしていたんです。歌手活動をするかもしれないっていう予兆があってからの発表だったので、びっくりはしたんですけど、これをお仕事にしていくんだという決意というか、これからやっていくぞっていう覚悟の方が強かったですね。

女優業と並行してやっていく覚悟ができてたんですね。

やはり、最初は戸惑いました。歌が得意だと思っていなかったので、本当に大丈夫かな?っていう不安はあって。もともと、歌の練習を始めた頃は、やっていて損はないというくらいの感覚だったんですね(笑)。自分一人では歌手をやるなんて思いもよらなかったので、私の可能性を広げてくれた方に感謝しています。

全く考えつかなかった?

なかったですね。小さい頃から歌うことは好きだったんですけど、とにかく人前で歌うのが大の苦手で(笑)。カラオケでも友達の前でも歌わないようにしてたくらいなんですよ。3人くらい一緒にマイクを持ってる時じゃないと歌えなくて(笑)。合唱とかも、お恥ずかしい話、なるべく声を小さくしたりしてて(笑)。

あははは。音痴だから周りに迷惑をかけないように口パクにしてる子もいましたけど、それとは違う感じですよね。

なんか、恥ずかしいっていう気持ちが強かったんですよね。小学校で初めて合唱をする時に、パートを振り分けるために歌のテストがあったんですけど、声が出なさすぎて、一人だけ男子のパートに入れられちゃったこともあって(笑)。とにかく、家族以外の人に聞かれないようにしていたくらい、歌には自信がなかったんですね。

でも、小さい頃から歌うことは好きだったんですよね?

家には、物心がつく前から楽しそうに歌ってるビデオがたくさんあって。アイドルごっことか、ディズニーのプリンセスになりきって歌ったりする、ごっこ遊びが好きで、自然といつも家で歌ってるような子だったみたいですね。

いくつくらいから苦手意識を持つようになったんでしょう。

幼稚園の頃はちょっとしたダンス&ヴォーカルスクールのようなものに通っていたので、発表会でミニモニを踊りながら歌った記憶がありますね。でも、その頃から、人前で歌うことが恥ずかしいっていう気持ちがありましたね。幼稚園の学習発表会でもあんまり前に出れなくて、いつも一番後ろで踊ってるような感じだったんです。小学生の頃は大塚愛さんが好きだったので、アルバムを買って、家で歌ってて。中学の時は家入レオさん。その頃も家では大声でガンガン歌ってましたね。親に『近所迷惑だからやめなさい!』って言われるくらい、うおーって叫んでました(笑)。

人前で歌うのが恥ずかしい、歌に自信がないっていう苦手意識はどこかで克服できたんですか?

うーん……今、考えると、高校生の時は、学校の授業で歌うのもあんまり抵抗はなかったなと思います。高校生の時に、ディズニーの曲を放課後にちょっと口ずさんだことがあって。その場にいた誰かがふと、『あ、うまいじゃん』って言ったんですよね。すごく、些細なことですけど、歌うことは元々好きだったから、その一言で、人前で歌うことが恥ずかしくなくなったのかなと思いますね。

『まだまだだな』って言われて。はっきり言ってもらえたことで、お芝居するっていうことに興味が芽生えたんです

中3の時に現事務所のオーディションに合格して、高校生になった年に女優業を始めてますよね。当時、いつか歌いたいなという気持ちは持ってませんでした?

そうですね。歌手になるっていう考えは全然なかったです。ただ、歌の審査があるCMのオーディションが何回か続いて。それで、マネージャーさんと一緒に歌の練習に行ったり、カラオケに行ったりとかするようになって。

女優業も最初は興味がなかったんですよね。おばあさんが応募したオーディションに合格したことがきっかけになってて。

そうですね。それまで演じることを自分が好きだと思ったことはなかったです。でも、事務所のオーディションの最終審査の時に台本をもらってお芝居をして『演技はまだまだだな』って言われてたんです。そこではっきり言ってもらえたことで、お芝居をするということに興味が芽生えたんですよね。

お母さんにも『あとあと考えてみれば、自分が好きだったことがお仕事になったんだね』って言われて

ちなみに、小さいころは何になりたかった?

今、振り返って考えると、自分が夢がない子供だったんだなって思います。
学校で将来の夢を描く時は、なんとなくケーキ屋さんとか、お洋服のデザイナーとか、その場凌ぎの夢を書いていたんですけど(笑)、将来こうなりたいっていう夢は持ったことがなくて。
学校から家に帰ると、必ず母が迎えてくれていたので、お母さんになって、専業主婦として家事をすることが理想で、その糧に仕事について、あまり真剣に考えたことがなかったんですね。
演技のお仕事も、始めてからやってみたいと思うようになったことだったので、あんまり夢がなかったのかなって思ってて。
でも、よくよく考えてみると、小さい頃から“ごっこ遊び”をしながら、歌ったり、誰かになりきって演じてたりすることが、自分の中で、唯一の好きなことだったんですね。
だから、お母さんにも『あとあと考えてみれば、自分が好きだったことがお仕事になったんだね』って言われて。
全部、後付けではあるんですけど、小さい頃は無理だと思って考えすらしなかった好きだったことが、今、こうしてできてるんだなって思ったりします。

レコーディングはお芝居と似てるなと思っていて

確かにつながってますね。女優デビューからは4年目に入ってますが、様々な役柄を演じてきたことは歌手活動にも影響を与えてると思いますか?

歌唱力で言ったら、きっと、たくさんいらっしゃるシンガーさんとか、シンガーソングライターさんに勝てない部分もいっぱいあると思うんですけど、これまででお芝居をやってきたっていうことが、自分の中でちょっと自信を持てる部分だったりするんですね。
ライブはお客さんの反応もあるので、また別なんですけど、レコーディングはお芝居と似てるなと思っています。自分でその世界に浸って、何もないところからゼロから作っていかないといけないところはお芝居と似てるなって思いますし、私にしかできないことがあるなって感じてていて。
お芝居をやってなかったら、歌ってなかったなと思うし、お芝居をやってきたからこそ、今、歌えてるんだなって思います。

私の歌を聴いてちょっと癒されたり、いつの間にか昔を思い出したり、皆さんの気持ちに寄り添えるような歌を唄いたいなって

今年の2月からライブ活動も始めてるんですよね。

本当に楽しいなっていうか、自分が人前で歌っていいんだって思えるようになったのは、やっぱりライブを始めたことが大きかったなって思いますね。今までのお仕事は、目の前にお客さんがいる環境はほとんどなかったんです。いつもカメラの前でのお仕事だったので、自分がやったことに対してすぐに反応が返ってくることが、私はすごく楽しくて。
『果穂ちゃんの歌を聴いて、元気が出た』とか、嬉しい言葉を言ってくださる方もいたので、余計に歌うことが楽しくなってきましたね。

ステージを重ねていく中で、自分らしさを考えたりはしました?

そうですね。いろんなジャンルの方と同じイベントライブに出演させて頂いて、自分ができることは、何か強いメッセージを伝えるというよりは、私の歌を聴いてちょっと癒されたり、いつの間にか昔を思い出したり、皆さんの気持ちに寄り添えるような歌を唄っていくことだなって思うようになりましたね。

ドラマや映画の歌の効果の大きさに気づいたので、どちらも頑張って、自分が出演するドラマや映画で主題歌も歌えるように頑張りたい

では、デビュー曲「青い涙」はどんな気持ちで歌いました?

ライブで歌っていて、私は誰かに向かって歌うことが、一番感情が出るなって感じなので……誰を思い浮かべたのかは忘れちゃったんですけど(笑)、その人のために歌いました。

(笑)自己表現ではなく、人のために歌うっていうことが大事なんですね。

そうですそうです。聞いてくれる人のために歌うことを心がけているし、一番意識してることでもありますね。

歌詞はどう捉えました?

最初にもらった時は、一番は少女の時の思い出で、二番で大人になって、夢に向かって歩んでいこうっていうメッセージが込められていて。
私は自分のことをまだ大人だとは思えてなかったので、大人だから自分で夢を叶えていくんだっていう感覚が自分の中になかったんですね。
だから、共感するというよりは、大人の人から見た歌なのかなっていう印象があったんですけど。ライブには、自分より年齢が上の方がたくさんいて。その人たちのためにこの歌を、キラキラした思いを忘れないでほしいって思いながら歌うようになって。
私ももうすぐ二十歳になるので、大人になっていくということがだんだん理解できるようになってきましたね。

自分はまだ大人になれてないというイメージですか?

インタビューで自分の考えや思いを話すようになったので、急にここ何ヶ月かで大人になった気がしてます(笑)。今までは学校があって友達がいて、家に帰ると家族がいて。お仕事がある時は東京に行く。
それぞれの場所にいる自分が区切られているというか、切り替えがあったんですけど、今は高校を卒業して、東京に住んでいて。家族や友達と連絡は取っているけど、いつのまにか仕事で人と関わることの方が断然多くなって。切り替えがなくなったのが大きいですね。
学生の頃は地元にいて、仕事の時だけ東京にきていたので、東京という場所やお仕事が特別な存在というか、夢の世界のような感覚があったんです。
地元の静岡で友達と遊んでる時が現実のような感じだったのが、今は東京がメインなので、だんだんとここが現実になってきたというか、仕事をしてるっていう自覚が出てきたんです。
それが、大人になっていくっていうことなのかなって感じてます。

これからの現実はどう考えてますか? 女優と歌手という二足のわらじでの活動となるわけですが。

女優としては、1つの作品をやらせてもらうごとに、毎回、改善点というか、もっとこうすればっていう思いもありつつ、学ぶこともたくさんあって。
役のことを考えていると、自分とリンクして、自分のこともたくさん考えることができるので、まだまだいろんな役と出会いたいです。
そして、歌手としては、ドラマや映画の主題歌を任せてもらえるようになりたいです。
歌手活動を始めてから、ドラマや映画の歌の効果の大きさに気づいたので、どちらも頑張って、自分が出演するドラマや映画で主題歌も歌えるように頑張りたいですね。

ライブ情報

水谷果穂ファーストワンマンライブ
~Let’s Get Going~
8月11日(金・祝) shibuya duo MUSIC EXCHANGE
14:15開場 15:00開演

水谷果穂

1997年生まれ。ドラマ「地獄先生ぬ〜べ〜」「とと姉ちゃん」「スニッファー 嗅覚捜査官」など多数出演。
現在、日本テレビ『夢の通り道』にナビゲーターとして出演、2017年1月には2nd写真集「1819」発売、2018年春公開予定の映画「ハニー」に出演が決定するなど活躍中。
7月12日にシンガーとしてデビューが決定。8月11日にはshibuya duoにて初のワンマンライブ「水谷果穂ワンマンライブ〜Let’s Get Going〜」が開催決定。

オフィシャルサイトhttp://kaho-mizutani.com/

関連記事
ジャニーズJr.平野紫耀&平祐奈出演映画『honey』に、スパガ浅川梨奈ほか追加キャスト発表‼

ジャニーズJr.平野紫耀&平祐奈出演映画『honey』に、スパガ浅川梨奈ほか追加キャスト発表‼

2017.07.04