Interview

Sonar Pocket イメージを打ち破る新作。トロピカルハウスにトライの意図とモチベーションを訊く

Sonar Pocket イメージを打ち破る新作。トロピカルハウスにトライの意図とモチベーションを訊く

昨年10月に大病を患い生死の境をさまよったko-daiの経験を元にして生まれた前作「一生一瞬」。そこから始まったSonar Pocketの第2章はここに来てさらなる広がりを見せ始めた。今回リリースされるニューシングル「段々男女物語」は、近年じわじわと盛り上がりを見せているEDMのワンジャンル、トロピカルハウスにトライした革新的な1曲。海外でも活躍するトラックメイカー、Ryosuke“Dr.R”Sakaiとともに創り上げられたエッジーなサウンドはこれまでのSonar Pocketのイメージを打ち破り、シーンに大きな衝撃を与えることになるはずだ。5年ぶりとなる日本武道館公演2デイズを含む待望の全国ツアー「Sonar Pocket JAPAN TOUR 2017~Reload~」のスタートを目前に控えたメンバー3人に、この意欲作についてじっくりと話を聞いた。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 森崎純子


世界の音を熟知している人と一緒に制作をすれば、きっとSonar Pocketとして新しいものが生まれるだろうなと(ko-dai)

新曲「段々男女物語」はSonar Pocketにとって新機軸を打ち出す革新的なナンバーになりましたね。

ko-dai これをリリースできることに対して、すごくワクワクした気持ちでいっぱいですね。肩の力を抜いた脱力系とも言えるこういうタイプの曲は今までの僕らにはなかったので、ライブではみんなをどう乗せていこうかなっていう課題もあるんですけど。

matty どう見せていくかをしっかり考えないとね。それも楽しみでしかない感じ。

リリースに先行してミュージックビデオが公開されていましたが、楽曲に対してはいろんな反応があったんじゃないですか?

ko-dai 「今までと違ってかっこいい!」っていう反応が多いっすね。

matty 普段はリリースしてもあんまり反応がない友達から、今回はメールが来たりしましたよ。「いいね!」って。

eyeron 普段、Sonar Pocketを聴かないような人が反応してくれてるのは嬉しいよね。知り合いのDJから「クラブで流したい」って連絡が来たりもしたし。

トロピカルハウスを基調としたサウンドはクラブでも機能しそうですよね。

eyeron うん。普通に現場でも流せるような楽曲なんだなってあらためて思った。サウンド的にはかなりエッジの高いものになりましたからね。

そもそもこの曲はどういった流れで生まれたんですか?

ko-dai 最近の僕らはいろんなトラックメイカーと一緒にスタジオに入って曲作りをすることが多くて。その中で、今回の曲をやってくれたRyosuke“Dr.R”Sakaiさんとも出会ったんです。Sakaiさんは海外でも活躍しているトラックメイカーなので、世界の音を熟知している人と一緒に制作をすれば、きっとSonar Pocketとして新しいものが生まれるだろうなと。そういう狙いで作業を始めたところ、3~4時間くらいでこの曲ができちゃったっていう感じなんですよね。

matty かなり速かったよね。今までのSonar Pocketらしさを盛り込みつつも、明らかに新しいサウンド感を持つ曲ができた。これをリリースしたら確実にシーンに対して一石投じることができるんじゃないかなって思いましたね。

ko-dai エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」がチャートを席巻してるってことは、トロピカルサウンドが日本でも受けるってことですから。しかも日本のアーティストではまだ手を出している人があまりいなかったので。だったらSonar Pocketがこの曲できっちり提示したいなと。

グループに対しての固定観念をぶち壊すというSonar Pocket第2章のテーマにふさわしい曲と言えますよね。

matty そうですね。Sakaiさんとコライト(共作)することでいい化学変化が生まれるであろうことは予想してましたけど、想像以上の仕上がりになりましたから。

eyeron  僕らはもちろん、Sakaiさんにとってもおもしろい作業だったと思うんですよ。お互いの違った持ち味をぶつけ合うことで確実に新しい発見につながっていったから。第2章の挑戦としてこういった遊び心のある楽曲が生まれたことはアーティストとしての深みにもつながるだろうし、それによって今まで作ってきた楽曲たちの良さもより引き立つような気がしますね。

海を感じさせるトラックでもあるのでサーファーと波との出会いを軸にしつつ(ko-dai)

サウンドと相まって夏を感じさせてくれるリリックはどんなイメージで綴っていったんでしょう?

ko-dai 根底にあるのは“一期一会”というテーマですね。海を感じさせるトラックでもあるのでサーファーと波との出会いを軸にしつつ、ツアーで会うみんなとの一期一会、あとはこの夏もたくさん生まれるであろう恋愛の一期一会を絡めて書いていきました。普段の僕らはわりとメッセージ性の強い歌詞を書くことが多いんですけど、今回はリラックスした雰囲気でBGMとしても楽しんでもらえるようにしようっていうことは意識しましたね。

eyeron 僕らは実際にサーフィンをやっているわけではないけど、今回の曲は言葉の響きが大事になると思ったので、いろんなサーフ用語を盛り込んで書いたんですよ。それがうまくハマったと思いますね。知らない単語もあるとは思うんだけど、その意味を調べながら聴いてもらえればより深みを感じながら世界観を楽しんでもらえるんじゃないかな。

matty トロピカルハウスはサーフミュージックからの流れを汲んでいたりもしますからね。そういう意味ではサーフ用語が入ってくるのはすごく自然な感じもある。いい歌詞だと思います。

デビューから9年間活動してきましたけど、まだまだ本人すら気づいていない自分たちの良さがあるんだなって(matty)

その歌詞を伝える歌もまた今回はいつもとは違った表情を感じさせてくれますよね。ko-daiさんもeyeronさんもかなり低めのトーンで歌っています。

ko-dai 僕は今までもわりと低いトーンで歌うことはあったんですけど、eyeronは高音のイメージが強いですからね。かなり新しさはあると思う。

うん、すごく大人っぽい雰囲気。

eyeron 色気のある歌になりましたよね。歌録りもSakaiさんのスタジオでやったんですけど、いつもとは違う環境がすごくいい作用を生んだような気がしていて。結果、変なフィルターをかけることなく自然な歌声を出すことができたんだと思います。

matty 今回は2人ともより素の声が出てるよね。今までの曲の場合、必要のない声の低い部分は最初からシステム上でカットしてレコーディングすることが多くて。僕らもそれが当たり前だと思っていたんです。でも今回、Sakaiさんに「なんでそこを生かさないの?」って言われて目からうろこが落ちたというか。僕らは今まで、元々持っている良い部分さえも削ってしまっていたところがあったんだなって気づくことができたんですよね。

自分たちで正解だと思っていたことを、他のクリエイターと作業することで違った視点で見直すことができたと。

matty そうそう。そういう発見ができるっていうことこそが、いろんな人たちと共作する大きな意味なんですよね。デビューから9年間活動してきましたけど、まだまだ本人すら気づいていない自分たちの良さがあるんだなってことをあらためて感じることができたので、今回の経験はほんとに有意義だったなって思います。

ko-dai いつも以上に楽しく歌えた部分があったしね。プリプロで歌ったもののほうがグルーブが良ければ、そっちを残したりした部分もあったし。

eyeron うん。ノリとグルーブを大事にしたレコーディングはほんとに楽しかった。

matty 細部まで練りに練って録っていくやり方の良さももちろんあるんだけど、今回はそれとは違ったやり方のパターンで新たな色味が出せたと思います。今まで以上に生きた歌になってるんじゃないかな。

女性の声が入っているのもいい雰囲気ですよね。曲にすごくマッチしていて。

ko-dai “男女物語”ですからね、女性の声も入れようと。アレ、実はスタッフの声なんですよ。

eyeron その場で出たアイデアを生かすために、その場にいたスタッフに「コーラスやっちゃおう!」って(笑)。

そのあたりもいいノリですね。

ko-dai そうっすね。わざわざ日を改めてプロのコーラスさんにやってもらうよりも、その場のノリを大事にした感じで。そういう自由な発想こそが音を楽しむってことですからね。曲自体、かっちり作りこむタイプじゃなかったですし。だからほんと、この曲は肩の力を抜いて心地良く楽しんでほしいっすね。

1 2 >