Interview

UVERworld 映画『銀魂』を彩る渾身の一曲。最近のUVERにはこういう曲が必要だと気づかされた理由

UVERworld 映画『銀魂』を彩る渾身の一曲。最近のUVERにはこういう曲が必要だと気づかされた理由

彼らのありのままが溢れ出して迫るストレートなサウンドと、TAKUYA∞が今いちばん大切にしている想いを綴った歌詞。豪華キャストによる実写化が国内外の原作漫画ファンのみならず多方面で話題沸騰中の映画『銀魂』、その主題歌としてこちらも高い注目を集めているのがUVERworldのニューシングル「DECIDED」だ。映画のために書き下ろされた渾身の今作について、また、カップリング曲「RANGE」「DIS is TEKI」の2曲についてもTAKUYA∞(vocal,programming)と真太郎(drums)の2人にたっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 本間夕子 撮影 / 増田慶


『銀魂』がなかったら、もしかするとここまでストレートなものにはできなかった

表題曲「DECIDED」は世界的な人気漫画の実写化で大きな話題を呼んでいる映画『銀魂』の主題歌ということで。

TAKUYA∞ いやもう、ただならぬプレッシャーをかけられましたよ(笑)。レコード会社の人たちとかも気合いの入り方もすごくて、レーベルの偉い方から「よろしくお願いします」って言われたり。キャストもすごく豪華じゃないですか。映画制作の方たちも「この夏はこれに懸けてます」っておっしゃっていて。いつもとは全然空気が違っていたので僕らもだいぶ気合いが入りましたね。そんなに大きいプロジェクトの主題歌を僕たちに託してくれるんだと思って。

TAKUYA∞(vocal, programming)

それだけ期待されてると実感されましたか。

TAKUYA∞ 普段タイアップのお話をいただくときってだいたい「お任せで」って言ってもらうことが多いんですよ。で、僕らは渾身の一曲をお渡しするんですけど、今回は渾身の3曲を送りましたからね。

3曲はすごい!

TAKUYA∞ 激しい曲とバラードに寄せたものと、その中間と。「DECIDED」は中間の曲だったんですけど、これをクライアントさんが選んでくれたんです。

真太郎 曲を作るにあたって完成前の映像を先に観させてもらったんですよ。僕も原作の漫画は読んだことがあるし、どういう話かもわかってたので実写でどうなるのかなって思いながら興味深く観たんですけど、まだCGも入ってない段階の映像なのに「うわ、あれや!」ってすぐわかるくらいクオリティが高くて。TAKUYA∞くんが言ったとおり、先方もすごく気合いが入ってて、これは頑張っていい曲作らな、って思いましたね。

曲を作るときはまず何をイメージされました?

TAKUYA∞ 世界観は僕がいくつか書きたいと思っているテーマのどれにも当てはまるなと思ったので、とにかくカッコいい曲をイメージして作りましたね。あと、映画自体、ネガティブなものではないから、明るいパワーのあるまっすぐな曲がいいなって。僕らってすぐ曲を難しくこねくり回したがるところがあるんですけど(笑)、それは今回やめにして、せっかく主題歌として『銀魂』ファンも含めたたくさんの人たちに聴いてもらえるチャンスなんだから一回で印象づけられる音や言葉を追求しよう、と。

たしかに、いつになくストレート。

TAKUYA∞ このタイアップがなかったら、もしかするとここまでストレートなものにはできなかったんじゃないかなって気もするんですよ。僕ら、そういう曲を作るのが実はすごく苦手で、こういう機会でもなければ作らなかったと思うんです。でも最近、久しぶりにテレビの音楽番組に出させてもらったり、ツアーでこの曲を歌うようになってからどんどん愛着が湧いてきて……最近のUVERworldにはこういう曲が必要だったんだなって気づかされました。

真太郎(drums)

真太郎さんはいかがですか、この曲が完成してみて。

真太郎 出来上がったときは普通にカッコいいなって感じだったんですよ。僕、タイアップっていうのは相乗効果があってこそのものやと思うんですけど、『銀魂』の試写を観たときに正直、こんなに合ってんねや! って思ってしまって(笑)。

想像以上に良かったんですね。

真太郎 たまにすごくいい映画でも曲が流れた瞬間、「あれ?」って思うものもあるじゃないですか。でも『銀魂』は「DECIDED」が流れることによって映画がより締まるんじゃないかなって思うくらい。こんなことを言うのはおこがましいんですけど、それぐらい合ってるなって。

先ほど「DECIDED」は激しいものとバラードの中間の曲だとおっしゃいましたけど、勢いはすごくあるじゃないですか。ストレートだからこそより疾走感が前面に出ていますし。

TAKUYA∞ アタマの2小節がもうカッコいいですもんね。瞬間瞬間、どこを切り取ってもカッコいい曲でもあるなとは思うんです。サビはもちろんAメロも好きやし、前奏とAメロの間のインターバルも好きやし。間奏の誠果のサックスなんてもっぱら俺らの間ではF1って呼ばれてて(笑)。

真太郎 そうそう(笑)。

誠果(sax, manipulator)

歌詞として歌われていることは普段ライヴのMCでもよくTAKUYA∞さんがおっしゃっていることですよね。それが映画のテーマともリンクしたということでしょうか。

TAKUYA∞ 歌詞については僕がいちばん大事にしていることを書こうと思ったんですよ。世界観を合わせ過ぎないというか、例えば映画の中で重要な言葉が出てきたとしても、そこに寄り添い過ぎないほうが結果的に合うものになる気が僕はするんです。だから、ざっくりと方向性だけ合わせて、僕がいちばん大事にしている歌詞をここに使っていこうって。

“心がいちばん選びたいことを選ぶ”というのが今、最も大事にされていること?

TAKUYA∞ 自分たちにとって現段階の正解はそれかな、と。もう17年、UVERworldをやってますけど、僕はこれが自分にいちばん向いてることだとは思ったことがないし、おそらくメンバーみんな、そうやないかな。オマエはどう? ドラムがいちばん人生で向いてると思ってる?

真太郎 いやいや、天職だとは思ってないですね。楽器の中では向いてると思いますけど、それ以外の部分、例えばこういう取材とか人前に出てしゃべるとかっていうのは、やっぱり疲れてしまうときもあるし。ただ、ほかのことをやってきてないから何が向いてるかもあんまりわからないっていう(笑)。

克哉(guitar)

TAKUYA∞さんは自分に何がいちばん向いてると思います?

TAKUYA∞ ボディビルダーとか(笑)。筋肉がすぐつくから格闘技系に走ったほうが良かったのかもしれない。実際、小中学生のときはずっと格闘技をやってて、わりと結果出してましたし。でも僕は今この職業に就いていていちばん幸せだし、音楽をやってきて良かったって思えているので。自分に向いてる/向いてない、自分ができる/できないに関係なく、“心がやりたいこと”をちゃんと選んできたっていうことがいちばん幸せ。だから自分たちの音楽を聴いてくれる人たちにもそれは伝えておきたいんです。

そういうふうに生きてきて困難はなかったですか。

TAKUYA∞ いやぁ……僕らはホンマにアホやったんでしょうね(笑)。

アホって。

真太郎 いや、たぶんそうやと思いますよ(笑)。

TAKUYA∞ ホンマにアホやから、全然将来の不安とか感じられへん。危機シミュレーション能力が低かったんでしょうね(笑)。だから思い切ってぶつかりましたもん、やりたいことに。もちろん挫折も屈辱も味わいましたけど、どれも栄養になってますしね。

彰(guitar)

真太郎さんなんかはメンバーの中でもわりと冷静に物事を見ていそうですけどね。

真太郎 それでもやっぱり強烈にこれがやりたかったし、その都度、その都度、今しかないって思ってやってきているので。僕はUVERworldをやるために大学辞めて東京に来たわけですけど、そうまでしてもやりたかったんですよ。周りは「卒業してからでもいいんじゃない?」って言うけど、今じゃないとって。

TAKUYA∞ でも俺、デビューする前ぐらいのボロボロのときにオマエがトラックとかの大型二種免許を取り始めたときに「ん?」と思ったで(一同爆笑)。あれは危機シミュレーション能力、高かったんとちゃう? ちゃんと潰しがきくようにせなって。

真太郎 いや、そういうバイトがあったからですよ。結局やらずじまいでしたけど、免許は取りましたね(笑)。