Interview

原田知世が時をかけて愛され続ける代表曲をセルフカバー。新鮮な気持ちで再会できた名曲を唄う。

原田知世が時をかけて愛され続ける代表曲をセルフカバー。新鮮な気持ちで再会できた名曲を唄う。

オリジナルを超えるカバーソングというのはなかなか出会えないものだが、伊藤ゴローのプロデュースで代表曲をセルフリメイクしたアルバム『音楽と私』をリリースする原田知世は例外。
本作は、全編流しっぱなしにしておくと気持ちが澄んでくるようなサウンドメイクが抜群で、聴き込めば聴き込んだ分だけ感情の陰影に触れてくる構成や深みも秀逸。彼女のナチュラルで着飾っていない歌声を中心に、優しくも凛とした強さを湛えた<原田知世の音楽>の世界が最良の形で表現されている。初主演映画の主題歌として歌った「時をかける少女」から34年。オリジナルバージョンに強い思い入れや、個人的な思い出がある人に対しても、“今、現在”の原田知世が歌う「時をかける少女」が一番いいと断言できる作品となっている。

取材・文 / 永堀アツオ 撮影 / キセキミチコ/KISEKI inck


最初で最後というくらいの気持ちで、大事に作りました。

デビュー35周年を迎えた心境から聞かせてください。

デビューした時には、こんなに長くお仕事を続けてこられるなんて正直思ってもいませんでした。女優だけでなく、音楽をやってきたこと、その2つをやってこられたからこそ、この35周年を迎えることができたんじゃないかなと今は思います。

原田さんの活動において、女優と音楽は、ずっと切り離せないものでしたか?

デビューしてすぐの頃は、女優の仕事がメインで、映画の主題歌を唄わせていただくという印象が強かったですが、中盤くらいから今に繋がる音作りが始まりました。今ではどちらも自分の大切な一部であり、どちらと言えない、両方あって初めて自分だなと思います。

表現の方法としては、違いを感じてました?

そうですね。映画やドラマは、役をいただいて、役を通じてその作品に携わっていくものですが、音楽は等身大の自分が反映されているものだと思います。

そこには抵抗はありませんでした? 例えば作詞をすることで自分自身をさらけ出す度合いは高くなると思うんですけど。

詞は言葉を選びながら作っているので、オブラートに包んでいる部分も多々ありますから、そこまでではないです。ただ、詞を作る時に自分が普段感じてきたことをテーマとして探すので、その都度、一度立ち止まって自分と対話するという作業をするのは、とてもいいことだと思います。

では、今回、35周年のアニバーサリーイヤーにセルフカバー・アルバムを出そうと思ったのはどんな理由からでした?

ずっと応援してくださっているファンの方にお返しをする1年にしたいと思っていて。そんな中で、アルバムを作るのであれば、これまでのキャリアの代表曲を選んで、それを今の声で、今のチームで作ることが、ファンの方への一番のプレゼントかなと思いました。
セルフカバーは過去にも1曲単位ではやったことはありますが、アルバムとして作ったのは今回、初めて。ですから、最初で最後というくらいの気持ちで、悔いのないように大事に作りました。結果、曲たちが、それぞれ生まれた時代とか世界観は違うのに、1枚のアルバムとして心地よく聴けるものに、オリジナル・アルバムのように最終的に仕上がったことが何よりも嬉しいですね。カバーなのに、今初めて歌ったかのように、そんなふうにもう一度新鮮な気持ちで再会できたことをすごく嬉しく思っています。

10年前、デビュー25周年記念に製作した『music&me』の時とは、何か心境の違いはありましたか?

10年前は、その前の数年は女優の仕事に力を入れてやっていたので、音楽活動はちょっと空白があったので、久しぶりという感覚だったんですね。でも、25周年からの10年は、とてもいいバランスで両方の仕事をやってこられて。アルバムも4枚リリースしましたが、歌うことがより自然になりました。伊藤ゴローさんを始め、いいチームが出来たことによって、生活の一部というか、あまり気負わずに音作りができるようになったのはすごく大きな変化だと思います。

「時をかける少女」は皆さんの心のどこかに残っている曲なんだなと思いました

ここ10年間の音楽との距離を詳しくお伺いする前に、過去から振り返っても良いですか。原田さんにとって、80年代はどんな時代でした? 

音楽を通して振り返ると、映画の作品や主演した役のイメージでいろんな作家の方が本当に素晴らしい曲を書いてくださって、すごく幸せな10代だったなと思いますね。10代後半の4年間は、とても濃厚で長く感じました。今、4年前っていうと、つい昨日みたいですけど(笑)。

本作には80年代の曲が5曲、収録されてます。「時をかける少女」はどんなものにしたいと考えてました?

この曲は25周年の『music & me』でもゴローさんのギターをバックに歌いました。

ボサノヴァバージョンになってました。それまではあまり「時をかける少女」は歌ってなかったですよね。

そうですね。あれから久しぶりにまた歌うようになりましたが、ライブでもあの曲を唄うとファンの皆さんがすごく喜んでくださるんですよね。それだけ皆さんの心のどこかに残っている曲なんだなと思いましたし、あれから10年、大事にまた歌ってきました。今回、セルフカバー・アルバムを制作するにあたり、この曲は外せないけれど、さて、アレンジどうしようって……。

あのボサノヴァバージョンもファンには好評だったんですよね。

オリジナルを知らなくて、あれが好きって言ってくださる方もいたので、ゴローさんのアレンジの力はやっぱりすごいなって感じていました。今回はオリジナルの世界観を踏襲しつつ違うのを作ろうということになり、ゴローさんは本当に大変だったと思いますけど、結果、見事に今の音として生まれ変わりました。

レコーディングではどんなアプローチで歌いました? 当時は役柄としてっていう気持ちが強かったかと思うんですけど。

また、新しい曲をいただいて歌うような気持ちで録音に臨みました。今回、全ての曲が歌入れもあっという間に終わりましたが、想像していたよりも自然にフィットしたと思いますね。

〈地下鉄のザジ〉の場合はどうでした? 原曲はテクノ歌謡になってました。

この曲は、当時の子供だった自分の声とメロディーと歌詞が、ぴったり合っていて、どうやって今の音にするかは、ゴローさんも私も最初は想像できなかったのですが、意外とスムーズに、自然に歌えました。

先ほど、「音楽が生活の一部になってる」っておしゃってましたけど、本当に“自然に”歌えてるんですね。

そうですね。それは、自分の声を音としてとらえていて。響きが気持ちいいかどうかとか、そういうところで歌っている曲が多いからかもしれません。

何度も言われてると思うんですけど、本当に歌声が透明なままなんですよね。女優や歌手としてのキャリアも、人生の経験も積んでるはずなのに、年齢を重ねれば重ねるほど、ピュアになっていってる印象があります。

ありがとうございます。自分としては、できるだけどんどんシンプルになっていくほうがいいんだろうと思っています。声の響きをよりクリアに、よりいい形に聴いてもらうためのマイク選びはもちろんですが、素直に歌うことを心がけているかもしれません。あまりクセをつけずに、楽に歌うよう心がけています。