映画『銀魂』  vol. 3

Interview

実写版「銀魂」でスパイスを効かせる2人。 柳楽優弥と吉沢亮が真選組での撮影を振り返る。

実写版「銀魂」でスパイスを効かせる2人。 柳楽優弥と吉沢亮が真選組での撮影を振り返る。

公開前から話題沸騰! 幅広い世代に愛読されている空知英秋原作の人気コミックを実写化した映画「銀魂」への期待値が、日に日に高まっている。その理由の一つに挙げられるのが、豪華すぎるキャスト陣。日本を代表するエンターテイナー・福田雄一監督のもとに集った〝つわもの〟たちが、これでもかとばかりにキャラをさく裂させている。そんな注目作を取りあげる特集の3回目は、原作でも人気の高い真選組の土方十四郎と沖田総悟を演じた、柳楽優弥と吉沢亮が登場。共演の感想や近藤勲局長役の中村勘九郎のエピソードを語ってもらった。

取材・文 / 平田真人 撮影 / ミズカイケイコ


常に笑っている福田監督が静かな時ほど怖いものはない

お2人は初共演ですが、「銀魂」の現場でどのような印象をお互いに抱きましたか?

柳楽優弥 もうね、完全に沖田ですよ。見た目はもちろん、すべてにおいて。

吉沢亮 柳楽さんも完全に土方でした。

柳楽 いやいやいや、思ってないでしょ(笑)。「土方ってもっと背高いよなぁ」とか思ってるでしょ、心の中では。

吉沢 そんなことないっす!

柳楽 真面目な話、(中村)勘九郎さんの近藤勲がトップにいて、副長の土方と一番隊隊長の沖田がいるという…原作での距離感みたいなものが、実際の僕たちも近かったんじゃないのかなって思いましたけどね。

吉沢 本当そうなんですよね。何て言うか、スゴい……(と、言葉に詰まる)。

柳楽 うん、スゴい作品だよね。

吉沢 だって、出てくる人がみんな有名人ばっかりだから、怖いくらいに。

柳楽 全員のこと知ってるもんね。

柳楽優弥

吉沢 その人たちがみんなキャラを意識してお芝居しているという。その中で、柳楽さんはキャラに走るんじゃなくて、ナチュラルな芝居に寄せていて。それでいて、ちゃんと土方になっていたのがスゴいなって思ったんですよね。セリフの間ひとつにしても面白くて、近くで見ていて勉強させてもらいました。

柳楽 そんなふうに見てくれて、ありがとう。土方ってカッコイイ男だし、言っていることが彼なりにバシッとスジが通っているじゃないですか。そういったセリフは言っていて気持ちよかったですね。キャラに違和感がないというか、気持ちいいくらいハッキリした意見だったので、楽しかったです。

原作はもちろんですけど、福田雄一監督の座組ならではの面白さがあると思いますが、その辺りはいかがでしょうか?

吉沢 福田組はずっと現場が賑やかなんですよね。監督と役者の距離感もイイ感じで近いですし、カメラがまわっていない時も福田さんの笑い声がゲラゲラ聞こえてくるという。

柳楽 本当、福田さんはいつでも笑ってるよね、ベース(モニタ前)でね。

吉沢 本番でも笑っていますから(笑)。

柳楽 芝居していても聞こえてくるっていう。

吉沢 だから、逆に笑い声が聞こえないと怖いんですよ。僕はそっちの印象の方が強いかもしれない。福田組の面白さより、怖さの方が記憶に残っていて。福田さんが笑っていないときって、瞬間的に「あ、今の芝居は良くなかったんだな」ってわかるんです。笑っていないけど「はい、オッケ〜」って言われた時の恐怖といったらないですね。

吉沢亮

柳楽 うん、あれは確かに怖いね。いい芝居をしている時は、本番中でも構わず「ワッハッハッ!」って豪快に笑ってるので。たまに芝居に見入っている時があるから、一概に笑っていない時がダメとは言えないんですけど、こっちの芝居が気に入ってない場合もあるので、基本的に笑い声が聞こえたら安心するっていう(笑)。そのあたり、(佐藤)二朗さんとムロ(ツヨシ)さん、そして(安田)顕さんといった先輩方はスゴいですよ。常に福田さんが笑っていますからね。

その福田さんから、「こんなふうに演じてほしい」といった要望はありましたか?

吉沢 いたってシンプルで、「ボーッとしている感じで、淡々とセリフを喋っている方が沖田っぽいかな」といった感じでした。

柳楽 僕には「マヨネーズが好きだ。タバコを常にくわえている。あとは任せた」って(笑)。
ただ、原作を追いかけすぎるよりも柳楽くんがイメージした土方でいいと思うよ、と言ってもらえたので、気は楽でした。

そんな土方と沖田は同じ真選組でありながら、命を狙う/狙われるという関係性でもありますよね。そのやりとりが映画本編でも描かれているので、あのシーンの撮影を振り返っていただければと思います。

吉沢 描写がアニメ的というかマンガっぽいというか……土方を縛るところとかスッ飛ばしているじゃないですか。カメラが切り替わったら、すでに縛られているみたいな感じで。
そのニュアンスを頭に入れながら演じたところはあります。あと、沖田の〝ドS〟キャラぶりが顕著に描かれているのが、映画ではあのシーンくらいしかないんですよね。なので、原作を読んでいない人にも沖田がどういうキャラなのかをしっかり理解してもらうためにも、ていねいに演じたいなと考えていました。
原作における土方と沖田の関係性が一番出ているシーンだったので。ただ、柳楽さんと直接何かを話し合って演じたというわけではなかったんですけど、すごく面白いやりとりになったんじゃないかなと、自分では手応えを感じられた撮影でした。

柳楽 そうなんですよね、沖田と土方に関しては、あのシーンが一番原作とがっつりシンクロしている気がしていて。だから、撮っていて理屈抜きに楽しかったです。

©空知英秋/集英社 ©2017映画「銀魂」製作委員会

撮影の頃合いとしては、どのくらいのタイミングだったのでしょうか?

吉沢 結構、終盤の方でしたね。というか、映画版はあのシーンでクランクアップしたんです。すでに真選組の雰囲気をつかめていたので、そういう意味でもすごく演じやすかった。その後で引き続き、ミツバ篇(dTVで配信されるオリジナルドラマ・ミツバ篇)の撮影に入っていって──。映画版の撮影の最後に、アブナイ敵を前にして土方さんを縛って放置していくっていう、一番ドSな沖田っぽい行動をすることができたので、自分も純粋に楽しかったです。ただ、沖田本人がどういうつもりでああいう行動をしているのかは、あんまり深く理解していないんですけどね(笑)。もちろん、親愛の裏返しでもあるんでしょうけど、味方同士なのに狙う/狙われるっていう特殊な関係性をちゃんと見せることができたので、原作ファンの方にはもちろん、初めて「銀魂」に触れる方にも楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。そして、「ミツバ篇」も沖田や土方さんのキャラを深く掘り下げることができたので、こちらも見ていただけたらうれしいですね。

柳楽 あのシーンを撮り終えた勢いでスピンオフに行けたから、真選組的には盛り上がれた感じがしましたね。近藤さん、土方、沖田の距離感が原作により近いカタチで出せたんじゃないかなと思っています。

©空知英秋/集英社 ©2017映画「銀魂」製作委員会

vol.2
vol.3
vol.4