Interview

BAND-MAID 乙女心の切ないバラードと疾走するハードナンバーで、バンドの幅を魅せた新作について訊く

BAND-MAID  乙女心の切ないバラードと疾走するハードナンバーで、バンドの幅を魅せた新作について訊く

BAND-MAIDがメジャー第2弾シングル「Daydreaming / Choose me」をリリースした。切なさの滲むメロディが際立つバラード「Daydreaming」と、疾走するハードなロックナンバー「Choose me」という対照的な2曲を並べた本作は、彼女たちが持つ音楽性の幅を明確に感じさせてくれる仕上がりだ。今夏にはSUMMER SONIC 2017をはじめ、様々な夏フェスに参加も決まり、9月からは海外公演を含むツアーもスタート。バンドとしてのさらなる飛躍を企むメンバー5人に、新作についての話をじっくりと聞いた。

取材・文 / もりひでゆき ライブ写真 / Tamai Shingo


乙女心のせつなさや弱さを感じさせつつ、内に秘めた思いの強さを表現した歌詞に(小鳩)

小鳩ミク (Gt,Vo.)

今回のダブルAサイドシングル、1曲目の「Daydreaming」はBAND-MAIDとしては珍しいバラードになっていますね。

小鳩ミク(G,Vo) 昨年、ワールドツアーを含めてたくさんのお給仕(ライブ)をやらせていただいた中で、ボーカルの彩ちゃん(彩姫)から「バラードをやりたい」っていうアイデアが出てきたんですっぽ。

彩姫(Vo) ワンマンをたくさん経験していくと、セットリストの中にちょっとトーンを落としたい時間を設けることも必要だなって思うようになって。だからお給仕でやることに重きを置いて、「バラードが欲しいんだよね」って言ったんですよね。

小鳩 で、そこから彩姫先生の難しい注文がきたっぽね(笑)。

KANAMI(G) そう。最初にアコースティックな雰囲気でいろんなパターンを作ってみたんですけどそれがどれも違ったみたいで、「試しにピアノで作ってみてよ」って言われたんです。で、実際ピアノで作ってみたらそのメロディは気に入ってくれたみたいなんですけど。

彩姫 うん。ピアノのメロはめっちゃ好きな感じだったんで、「このまま進めてください」って言いました。

KANAMI いや! さらに要望があったんですよ。「ちょっと今風のトロピカルハウスっぽくして」とか「宇多田ヒカルさんの曲をロックバラードアレンジした感じで」とか。難しくないですか、この要望(笑)?

確かに難しそう(笑)。

KANAMI そこから自分なりに言われたジャンルを研究しつつ、アレンジのパターンをいくつも考えて何度もやり取りしていく中で、結果的にこういう曲になりました(笑)。

テンポの速い勢いのある曲が得意分野なので、バラードはかなり挑戦的な感じではありましたね(AKANE)

AKANE (Dr.)

紆余曲折あってたどり着いたのは、BAND-MAIDらしさのある熱量の高いバラードでしたね。

KANAMI はい。これがBAND-MAIDというジャンルのバラードになるんじゃないかなって……思いたいです、けっこう苦労したんで(笑)。具体的なアレンジに関しては私が各パートのベーシックな部分を作りつつも、各自の弾きやすいように、叩きやすいようにフレーズを作ってもらった感じでしたね。

MISA(B) うん。私もBAND-MAIDとしてバラードをやりたい気持ちがあったんで、デモをもらった段階でフレーズはすぐ思い浮かびました。メロディの良さと歌を引き立てるように繊細さを意識しつつ、後ろノリで弾きましたね。私は元々後ろノリで演奏しがちなんで(笑)、自分らしさを出しやすい曲だったと思います。

AKANE(Dr) 私はテンポの速い勢いのある曲が得意分野なので、バラードはかなり挑戦的な感じではありましたね。後ろノリのベースに合わせつつ、私も繊細なパターンをタイトに、シビアに入れていきました。とは言え、イントロやサビではわーっと盛り上げるためにシンバルをけっこう使ったりもしてますけど。

バラードとは言え、しっとりする感じではなく感情がほとばしる雰囲気がありますもんね。歌詞は小鳩さんと彩姫さんの共作になっています。

小鳩 はい。今回は乙女心のせつなさや弱さを感じさせつつ、内に秘めた思いの強さを表現した歌詞にしましたっぽ。メロディがすごくいいので、そこにしっかり乗るように書くことを意識しましたっぽね。彩ちゃんのロングトーンが伸びやかに響く言葉選びをしなきゃなって。ただ、最初に書いた歌詞は英語をけっこう使っていたので、彩ちゃんに「英語が多い!」って言われて。フレーズの語尾とかに関してもかなり赤ペン先生のように注文が入ったっぽね(笑)。

彩姫 そうね。語尾を伸ばしやすいようにとか、細かいところまで歌いやすく変えてもらいました。なのでレコーディングでは自分の好きなように歌わせてもらえた感じですね。言葉の中にある意味を感じながら、どこに強弱をつけるかみたいな部分はいろいろ相談しながらでしたけど。

小鳩 歌録りはすごく速くて順調だったっぽね。

彩姫 うん。曲作りの段階からいろいろ要望を聞いてもらっていたので自分としてはすごく思い入れも深くて。だから曲にも楽しく乗れて、とても好きな曲になりました。

白昼夢感がかなりヤバくて。演ってるうちらもすごくアガりましたね(彩姫)

彩姫 (Vo.)

ライブではすでに披露されているそうですが、反応はいかがですか?

小鳩 すごく盛り上がりますっぽね。みなさん、新曲ということで期待してご帰宅(ライブに参加)してくださっているので、「キター!」みたいな感じはありますっぽ。

彩姫 こないだのツアーファイナル(6月15日@恵比寿リキッドルーム)では雰囲気のある照明の中、スモークを炊いて、レーザーをわーっと使ってもらえたので、その白昼夢感がかなりヤバくて。演ってるうちらもすごくアガりましたね。

小鳩 タイトルの「Daydreaming」は“白昼夢”っていう意味なので、「まさに!」っていう感じでしたっぽ。演奏してて浮遊してるみたいな感じになりましたっぽ。

ワンマンライブのセットリストにバラードが入ることでの効果はどうでしたか? そこがこの曲を作った狙いだったわけですけど。

彩姫 歌ってて「これこれ!」ってなった(笑)。狙い通りのいい時間が作れたので、この曲を作れて良かったなってあらためて思いましたね。

MISA 演奏しててもグッと入り込んじゃいますね。

KANAMI うん。思わずニヤけちゃう。苦労したかいがあったなって(笑)。

任されて嬉しかった(笑)。曲調的にフレーズのイメージはすぐ膨らみましたね(MISA)

MISA (Ba.)

もう一方の「Choose me」はBAND-MAIDらしい疾走感のあるロックチューン。ダブルAサイドシングルとしていい対比が見えていますね。

小鳩 そうですっぽね。BAND-MAID自体のコンセプトがギャップなので、今回のシングルではこの2曲で音楽性のギャップも感じてもらえたらいいなって考えましたっぽ。

KANAMI 彩ちゃんから「シングルにはBAND-MAIDっぽい曲も入れたい」っていう要望があったもんね。ただ、「Daydreaming」の制作に時間がかかってしまったので、こっちはメロディとギターバッキング、構成ができた段階でMISAとAKANEに渡して、アレンジは全部お任せしたんです。

MISA 任されて嬉しかった(笑)。曲調的にフレーズのイメージはすぐ膨らみましたね。各自で考えたものを持ち寄って、AKANEと一緒にスタジオに入ったりもしました。

AKANE うん。やりやすかったよね。これはもうBAND-MAIDのありのままでいいというか。得意分野でもありますから。こっちも「Daydreaming」と同様にメロディが良かったので、それを生かすフレーズをどんどん作っていった感じでした。

KANAMI その後に楽器チームでスタジオに入ったんですけど、2人がもうしっかり全体的なアレンジを固めてくれていたので、制作時間をすごく短縮することができて。あ、こういうやり方もいいなって思いました。