【80年代名鑑】明菜からYMOまで 80'sからの授かりもの  vol. 30

Column

詞先でも曲先でもなく、“タイトル先”から生まれたREBECCAの名曲

詞先でも曲先でもなく、“タイトル先”から生まれたREBECCAの名曲

REBECCAがポップな音楽性を確立して人気バンドになったのは、メンバーの変遷を経て、キーボードの土橋安騎夫がリーダーとなってからだ。彼にプロデューサーとしての能力があったから、このバンドは大ブレイクを果たしたと言える。では、土橋とはどんな人物なのだろうか。
もともと彼は、読売日響の先生に師事し、本格的にクラシック・ピアノを学んでいた人であり、そのまま行けば、クラシックの世界で名を成していたかもしれない。でも高校1年の時、学園祭を控え、クラスの仲間とバンドを組んだのが、ロックやポップを演奏するキッカケとなった。
その時、コピーしたものの中には、ティン・パン・アレー( 細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆がメンバーだった伝説のバンド)の曲もあったそうだから、このバンド、かなりハイ・レベルだったことが伺える。

大学ではさらに本格化し、ハード・ロックからプログレ、クラフトワークなどのテクノ・ミュージックへも傾倒していくのだった。土橋はそのまま、テクノで名を成していた可能性も充分あった。そしてもともと趣味だった音楽が、パーティーで演奏してギャラをもらうなど、いわゆるセミ・プロ化していくのだった。さらに“コンテスト荒し”として名を馳せるようにもなる。
テクノに興味を持つ、ということは、キーボードをめぐる技術革新にも関心があった彼は、シンセサイザー機能も持つキーボードを、当時高価だったにもかかわらず、先行投資として手に入れたりもした。時代はいわゆるニューウェイヴというかニューロマンティックというか、先端の技術を駆使しつつ、ロックを新たなフェーズへと押し上げようとする流れに突入しており、ヒューマン・リーグやアート・オブ・ノイズなど、これらのバンドがもたらしたムーブメントとも、土橋は精神的なレゾナンスを果たしつつ、夢を膨らませていく。
そしてREBECCAに加入するが、その時点で既に、音楽を客観的にみてプロデュースする資質は備わっていたと思われる。

それまでのREBECCAは、いわゆるロック・バンドの佇まいというか、NOKKOもその一員として全体の輪の一部を成す雰囲気だったが、ここからは彼女の魅力が、より全面に押し出されるようになっていく。とはいえ、無理に押し出しても単に芸能チックになるだけだ。重要なのは曲作りだった。
土橋はまず、NOKKOの頭の中にある素直な想いを、コトバにしてもらおうと考えた。それは自然と、彼女の歌の説得力にもつながっていった。そりゃそうだ。彼女としても、嘘なく歌えたのだから。そしてバンドの佇まい的な大原則としては、メジャ−でポップなものを目指したのである。
でもこう書くと、「何としてでも売れなくちゃ」みたいに受け取る人も出てきそうだが、あくまでロックの範疇でありつつ、しかし当時の音楽シーンにあって、他がやってなかったような新たな感覚を求めたら、結果的にそうなった、ということのようだ。我々はついつい、[マイナーでヒネリが効いた=マニアック]、[メジャーで素直=売れ線]みたいに捉えがちだが、それはあくまで先入観なのだ。
ひとつ特徴的なのは、楽曲作りの際、曲のタイトルを先に決めることが多かったことだ。つまり詞先でも曲先でもない、“タイトル先”。なぜそうしたのだろう。
作品のテーマに関しては、NOKKO主導のものが多かったからだろう。彼女が“こんな感じで…”と提案した際、タイトルさえ決めれば、みんなが辿り着くべき場所がイメージし易く、迷うこともなかったと思われる。世の中には、なんとなくつけられたタイトルも多い。しかしREBECCAの場合、言いたいこと、伝えたいこと、それらを真っ先に収斂させたものが、曲のタイトルだったわけだ。

『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』のなかの「76th Star」について、土橋はこう言っている。まずこの曲の発端は、NOKKOがハレー彗星をテ−マに作ろうと進言したことだったという。土橋はそこからメロディのイメージを膨らませ、曲を書いていった。
そもそもメロディなんてものは面妖なものである。もちろん音楽だから、楽典的なシバリは多々あるが、具体性を持たす過程において、“これじゃハレー彗星っぽくないなぁ”みたいな消去法が働くだけでも、大いに作業を捗らせたことだろう。あの「RASPBERRY DREAM 」も、曲のタイトルが決まったら、すぐサビのメロディが思い浮かんだという。
僕は色々なアーティストに取材してきたが、タイトルを先に決めてる例というのは、あまり知らない。仮タイトルということでは、みんな曲作りの入口あたりで、とりあえずつけてみるようだが…。でもそれが、本当のタイトルとして決定されることはない。

ところで「フレンズ」は、どうだったのだろうか。次回はこの稀代の名曲について、考察していくことにしたい。

文 / 小貫信昭
主な参考文献 『土橋流ロック・バンド免許皆伝』(シンコー・ミュージック刊)

76th Star アルバム『The Best of Dreams another side』より

その他のREBECCAの作品はこちらへ

vol.29
vol.30
vol.31